イラつくブロガーが多いのは気のせいではなかった

怒りの男性

以前の記事にも書いたがブログをはじめようと思いブログを読んでいたらイラついて気分が悪くなってしまった。これは劣等感や嫉妬心が原因で自分に問題があると思っていたがそうではないようだ。ブログやブロガーに対してイラついている人は一定数いる。ブログやブロガーに対して批判的な記事を確認しながらなぜブロガーが避難されるのか考えてみる。ブログの入門書には、批判的な内容は書くなと記されているが、自分の気持ちを整理するためにイラつくブログやブロガーについてその内容をまとめた。

うなだれる男性人気ブログは自慢話が多くて気分が悪くなる~ブログ初心者は他人を気にせず記事を書き続けることが大事~

ブロガーへの批判

怒り

ブログやブロガーに対して批判的な気持ちは私だけではなかった。

ブロガーを批判しているサイト

辛辣かつ品の無い内容であるがとても共感できる内容が多かった。お行儀の良いサイトでは書けない本音が見れた。特定のブロガーに対して批判的な意見はよく見かけるがブロガー全般に対しての批判的な意見がここまでストレートにかいているものは珍しい。

参考 専業ブロガーで生きていく、とか言ってる奴ら キモい社畜最高フゥゥぅ〜❣エロ座衛門 っっ ‼︎ のっっ⁉︎ world is mine ‼︎

自称?
専業ブロガー とか プロブロガー とか
名乗ってる人のブログね。
それで、いろいろ読んでたんだけど
なんでかわからんが
無性にイラっとしてくるんだわ!
なんか
一言で言うと
気持ち悪い奴が多い!

~中略~

そういう人達のブログって
なんか無性にイラつく。
ブログのタイトルが
【〜っていう話】
【〜である たった一つの理由】
【〜が〜過ぎた件】
とか。
なんかしらんけど
パターン化されてたり
イラつくわ〜〜❣

~中略~

なんか、只々記事を増やしたいがために
意味わからん持論を無理くり展開してる奴とか

~中略~

自分が社会に出たくないために
どうにかこうにか
楽して金稼ぐことだけを
必死に模索してるみたいな
きもいんだよなんか。。。

引用:専業ブロガーで生きていく、とか言ってる奴ら キモい

自分が思っていたこととほぼ同じ内容で少し驚いた。心のかなのモヤモヤが形になっていてすっきりしたくらい。良くも悪くもサラリーマン長年やっているとこういう思考になってしまうのだろう。

イラつくポイント
  • 専業ブロガーやプロブロガーと名乗るやつが無性にイラつく
  • ブログのタイトルがパターン化されている
  • お金を稼ぐことに必死

専業ブロガーやプロブロガーと名乗るやつが無性にイラつく

これはサラリーマンからみた場合に限定されるかもしれない。会社員は組織のために働いているが、ブロガーは個人を推してくる。会社員で個人を執拗に推してくるタイプは嫌われる。専業ブロガーは会社員にない特性を持っている。悪く言えば会社では浮いて使い物にならないタイプの人間である。会社員が専業ブロガーに対して抱く不満はそこにある。自分さえ良ければ他はどうでもいい専業ブロガーは会社員にとっては許せない存在にみえてしまう。会社員では自分の裁量で自由にできることは少ないので自由に活動している専業ブローガーを見て嫉妬している部分もある。お互い住む世界が違うので相容れることはないだろう。

ブログのタイトルがパターン化されている

タイトルもそうであるが内容やタイトルがパターン化され似たような記事が多い。ブログのノウハウ本を真似てか似たようなサイトが多くオリジナリテイがないので見ていて嫌な気分になる。必要があってgoogleで検索して似たような個人ブログが検索上位にわんさかでてくると、熾烈な検索順位争いを想像してしまう。検索順位をあげるために無理やりボリュームを上げているようなサイトも多くあり。欲しい情報がなかなか見つからずイライラしてしまう。これも専業ブロガーが検索上位を争って戦った結果だと思うとイラついてくる。所詮機械仕掛けなのでgoogleが本当に価値のあるサイトを上位にすることは難しいだろう。

お金を稼ぐことに必死

お金を稼ぐことは悪いことではないが必死になっているとイラつくというより嫌悪を感じる。ブログの場合はクリック報酬かアフィリエイト報酬。行ってしまえば情弱を食い物にしていることになる。弱者から搾取しようとする意気込みにイラついてしまう。ただし、会社員もやっていることに変わりはない。組織か個人かの違いでやっていることには大差ない。ただし、情弱を洗脳して高額の情報商材を巧みに買わせ荒稼ぎしているアフィリエイターにはなんとかして天罰を与えたい。

ブログやブロガーに対して思っていたイラつく感情は確かなものだった。社会人生活が長い人のブログなどはイラつくことは少ないがほとんどの専業ブロガーが嫌いだとわかった。人を嫌うことを悪いことと思いこの感情をこころの奥底にしまっておいたがぶっちゃけて言おうと思う。筆者は専業ブロガーとなのる人たちのほとんどが無性にイラつくし嫌いだ。組織中心の会社では出る杭は打たれる。そんな中で長年生きてきたので出る杭を打ちたくなる。顔出しして自慢話している人気ブロガーも出る杭なのだ。

今の社会はヤバイ!
気がつかない奴はヤバイ!
みたいな
なんやえらい熱く語ってんな、このブログ
と思ったら、
いきなり最後にアフゥリエイト貼り付けてあって
そこに誘導したいだけみたいなブログ
なんかすげー馬鹿にされた気分なるの俺だけ?
会社員はダメだ
通勤で消耗してる奴はダメだ
今はブログで生きていける、
フリーランスの時代だ
みたいなかんじで会社員disりだしたと思ったら
最後は一転‼大逆転ホームラン!
転職サイト!転職サイト!転職サイト貼りまくりみたいな。
どっちなんだよ
会社員ダメなんじゃねーのかよ
転職したらまた会社員じゃねーかよ
いや、いいんだけどさ
転職サイトのアフゥリエイト記事書きたいなら
それでいいけど
会社員のことdisったら転職サイトと矛盾してんじゃねーか
楽して金稼ぐことだけを
必死に模索してるみたいな
きもいんだよなんか。。。
~中略~
つうか
なんでブロガーって
どいつもこいつも同じことばっか言ってるの?
通勤で消耗( ´∀`)
満員電車で消耗( ´∀`)
飲み会で消耗( ´∀`)
日曜日の夕方に憂鬱´∀`)
いかん、眠くなってきた
あえて支離滅裂を謳歌したいこのエントリー
だからつまり
ほとんどのブロガーは不要だよ
つまんねーもん
どいつもこいつも
自分らしく生きたい!とか言いながら
周りの目ばっか気にしてるだけ

引用:ブロガーは馬鹿。ブログ読んでていきなりアフォァリエイト始まったら死ねよと思う

ブログを始めて気づいたのがアフィリエイトの仕組み。無理やりアフィリエイトにもっていくサイトが気持ち悪く思えてきた。

イラつくポイント
  • 内容と矛盾している転職サイトのアフィリエイト
  • 同じことばっか言ってるブロガー
  • 周りの目ばっか気にしてる

内容と矛盾している転職サイトのアフィリエイト

前々から不自然と思っていたサイトの最後に出てくる転職サイトのリンク。テレビで良い話のドキュメンタリーと思ったら最後に青汁みたいな。関係ない記事にこじつけて転職サイトとかを出すパターンのサイトにイラつく。潔く記事が気に入ったらアフィリエイト踏んでねとお願いしてみたらどうだろうか。

同じことばっか言ってるブロガー

よくあるのが若手で勢いのあるブロガーの会社員批判。そもそも個人で稼ぐ人と組織で働く人は考え方が違うので批判してもしかたない。お互いの立場があるのでどちらも正しい。ただし、自分の立場だけが正解だと思い込み相手を批判するのがナンセンス。腐った会社組織と稚拙なブロガーの両方に突っ込みどころがあるので批判するにしてももう少し考えたほうがいい。

周りの目ばっか気にしてる

他人の目を気にしているせいか自慢話が多いのもイラッとする。承認欲求が強いのか過去の功績をプロフィールに入れて大々的にアピールしているとイラつく。PVアップに躍起になっているブログとか気分が悪くなる。

無理やりのアフィリエイトはかなり人を不快にさせる。自分もアフィリエイトやることがあれば十分注意したい。

なんか、ブログって
人間性出るよね。
人間性腐ってたり根性曲がってる奴のブログは
やっぱり読んでてムカついてくるもん。
~中略~
あとあれ。
ラッパーなるとか画家なるとか言ってる奴とか。
そーいう奴らって、
やっぱわざと炎上狙いで
ムカつかさせるように書いてんのかね
それとも天然で書いてて、
ああなっちゃうんだろうか
~中略~
なんか、
自分に自信がないんだろーね。
コンプレックスなんだろう。
だから、
そんなことをわざわざブログで大々的に書いちゃうんだろうね。
~中略~
あと、何故かちょくちょくプチ自慢はさんでくるブログとか。
さりげなく。
ときにあざやかに。
はさんでくるプチ自慢。
うざいわー
~中略~
まあ、俺も含めて
ブロガーなんてクズだらけだってこったな。

引用:ブログ読んでてイラついてくる心理

イラつくポイント
  • 炎上狙いの記事を天然で書いている
  • 記事にプチ自慢をはさんでくる

炎上狙いの記事を天然で書いている

一定数いる空気の読めない人種。筆者も若干空気が読めないが、記事の内容によっては批判を受けることは想像できる。偏った知識で稚拙な文章で他人を批判とか自爆狙いかと思ってしまう。

記事にプチ自慢をはさんでくる

記事にもあったがコンプレックスが強いんだろう。会社員でないことによる劣等感を払拭し承認欲求を満たすために自慢話をしてしまう。しかしこれは日本の社会や文化にも問題がある。会社勤め以外は全部「ダメ」といった固定観念。会社、組織の一部として働くことが美徳と教育されている。個人での成功を認めない日本の社会が専業ブロガーに劣等感を抱かせている原因ではないか。

フリーランスとか
プロブロガー とか
専業ブロガー とか
ランサーズとかのクラウドソーシングで仕事請けるとか
なんか
要は、組織に所属しない奴が
どうも信用できんねん
気に食わんねん
なんやろ、
なんか現実社会で生きられん奴が
自分を精一杯、必死に正当化しとるみたいな
~中略~
俺は他の凡人とは違う、
みたいなわけわからんプライド持ってんちゃう?
~中略~
一人でちまちまパソコンいじっとって
ブログやらクラウドソーシングやらやっとっても
なんも成長せんやろ

引用:ブログとかで飯食ってるって輩が気に食わん理由

イラつくポイント
  • 現実社会で生きられない人が自分を精一杯正当化している
  • 変なプライドを持っている

現実社会で生きられない人が自分を精一杯正当化している

なぜか自分のやっていることが正しいと主張することに躍起になっているブログが多い。専業ブロガーという現状が最高であるかのような話をしていることに疑問だった。収入はあっても社会から認められていない気持ちが強くあるためだろう。人生のレールから外れた不安からなのか。

変なプライドを持っている

現実社会で生き残れないから専業ブロガーやっていると思われるのがいやなんだろう。会社員として役に立たないというよりも、会社員という働き方がそりに合わないだけなのだ。無理に自分を正当化しようとせずやるなら自信をもってやってもらいたい。

まとめ

戦い

自分がなぜブロガーにイラつくのかもう一度考えをまとめた。

嫌いなブロガーの特徴

なぜ検索上位にでてくるブロガーのサイトを見ていると腹立たしいのか?どうしてこうも高い確率でイラついてしまうのか?嫌いなブロガーの特徴をまとめてみた。

嫌いなブロガーの特徴
  1. 自慢話が多い
  2. プライドが高い
  3. 自身を正当化する
  4. オリジナリティがない
  5. お金に執着している

1. 自慢話が多い

過去の栄光やブログのPVなどを自慢しているブログを見てしまうとイラつく。セルフブランディングしたいのもわかるが見ていて気分が悪くなる。さらっと気づかない程度に自慢話を挟んでくれればいいが、プロフィールで長々と俺はこんなにもすごいんだとアピールしているとこの人大丈夫かと思うくらいだ。本当にできる人は鼻につく自慢話はしない。必要な時にさりげなく話すだろう。自分を認めてほしいという欲求が強いひとほど鼻につく自慢話が多い。自分にひどく自信がないために無理に自慢話を繰り出し空回りしている。

イラつかせないために

長々と自慢話を書かないで必要な時にありのままの情報を提供する。

2. プライドが高い

逆に言うとダメな自分をさらけ出している人は好感が持てる。プライドが高いのかなぜか上から目線のブログは目に余る。自分に絶対の自信を持つのはいいが思い込みが強く他人の気分を害しているのにまったく気づく気配がない。無理にかっこつけているところが滑稽にみえてしまう。自分の写真をおしゃれに撮ってさもイケてるだろと言わんばかりのアピールとか見ていて恥ずかしくなる。

イラつかせないために

自分を偽らずにありのままでいく。

3. 自身を正当化する

自分の意見がすべて正しいと思い込んでいるタイプ。社会人でもこの手のタイプは厄介だ。自分の意見をごり押ししてくる記事をみると気分が悪くなってくる。経験の高い人はある程度中庸に物事をとらえている。

イラつかせないために

いろんな意見や立場があることを考えて発言する。

4. オリジナリティがない

ブログのノウハウが浸透してきて記事のオリジナリティがなくなってきている。対象が同じなら似てくるのもしかたないが内容や構成まで似通ったものが多くなるとイラついてくる。

イラつかせないために

記事にオリジナリィテをプラスする。

5. お金に執着している

一概に悪いとは言えないがお金をあまりにも気にしすぎているサイトは気分がよくない。アフィリエイトもできるだけさりげなくやってもらえるといいのだが。この先ブログの収益化を考えたときにいろいろ悩みそうだ。

イラつかせないために

お金のにおいをあまりださない。

特に上から目線で持論を展開してくるやつが一番嫌だな。

嫌いなパターン

嫌いなパターンはまとめると2つある。

  • 成功者への嫉妬
  • 上から目線で生意気

成功者への嫉妬

人気ブロガーに対してはこの気持ちが大きい。脱サラして成功したケースなどうらやましい限りである。毎日通勤や上司のストレスで悩むサラリーマンからみたら嫉妬の対象でしかない。

上から目線で生意気

たいして会社員経験もしてないのに批判したりする若いやつとか普通にイラつく。言い換えたら若さに対する嫉妬かもしれない。

イラつくブログなら見なきゃいいという話だが検索に引っかかってくるんだからしかたない。結局のところ生意気な奴はイラつくし腰の低い常識のあるやつはむかつかない。ただそれだけのことだった。ブログはその人を映す鏡のようなもので、自分が嫌いな奴が書いたブログは嫌いなんだと思う。現実社会となんら変わりない話だった。

好きなブロガー

好きなブロガーのタイプをみっつあげる。

好きなブロガーの特徴
  • 文才がありとにかく面白い
  • 読者と同じ目線で信念を持っている
  • 粛々と情報を発信している

ある程度年齢のいった人生経験のある人のブログの方が好感を持って読める。サラリーマン生活がながかったせいなのかもしれないが、社会人のブログの方が好きな傾向がある。自分にまねできることはあるか?文才は一朝一夕で身につかないのでひとまずあきらめる。強い信念もないので、たぶん自分ができるのは粛々と情報発信するだけだ。

これから自分は

PVや収入を気にすると嫌いなブログになりそうなので今は気にせずつづける。あとカッコつけて背伸びとかしない。今はモチベーションを落とさずひたすら続けるだけ。とにかく続けること。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です