イラつくブロガーが多いのは気のせいではなかった

怒りの男性

以前の記事にも書いたがブログをはじめようと思い参考にブログを読んでいたらイラついて気分が悪くなってしまった。これは稼いでいるブロガーに対する劣等感や嫉妬心が原因で自分に問題があると思っていたがそれだけではないようだ。ネットで調べてみるとブログやブロガーに対してイラついている人は少なくなかった。

これからブログを始める人への注意事項

ブログやブロガーに対して的を得た批判的な記事を見つけたので筆者もブロガーに対する意見を述べたい。ブログの入門書には、批判的な内容は書くなと記されているが、自分の気持ちを整理するためになぜブログやブロガーにイラつくのかまとめてみた。

ブロガーを批判しているサイト

怒り

辛辣かつ品の無い内容であるがとても共感できる内容が多かった。お行儀の良いサイトでは書けない本音が見れた。特定のブロガーに対して批判的な意見はよく見かけるがブロガー全般に対しての批判的な意見がここまでストレートにかいているものは珍しい。

自分が思っていたこととほぼ同じ内容で少し驚いた。心の中のモヤモヤが形になっていてすっきりした。良くも悪くもサラリーマンを長年やっていると協調性のないブロガーにイラつかされる。

自称?
専業ブロガー とか プロブロガー とか
名乗ってる人のブログね。
それで、いろいろ読んでたんだけど
なんでかわからんが
無性にイラっとしてくるんだわ!
なんか
一言で言うと
気持ち悪い奴が多い!

引用:専業ブロガーで生きていく、とか言ってる奴ら キモい

ブログをやる前に不思議に思っていたことがあった。何か調べ物をすると最後に「転職サイトをおすすめされる」こと。今になって思えば儲かる転職サイトのアフィリエイトを無理やりこじつけているだけだった。ここまで品のない連中が多いと悲しくなる。

今の社会はヤバイ!
気がつかない奴はヤバイ!
みたいな
なんやえらい熱く語ってんな、このブログ
と思ったら、
いきなり最後にアフゥリエイト貼り付けてあって
そこに誘導したいだけみたいなブログ
なんかすげー馬鹿にされた気分なるの俺だけ?

引用:ブロガーは馬鹿。ブログ読んでていきなりアフォァリエイト始まったら死ねよと思う

ブログやアフィリエイトは初期投資が少なく稼ぎやすいためどうしても銭ゲバのクズが集まりやすい。他で失敗した連中がたどり着くのもここ。まさにブログは掃き溜めのような場所だ。そんな人間が多いんだからムカつくのも当たり前である。

なんか、ブログって
人間性出るよね。
人間性腐ってたり根性曲がってる奴のブログは
やっぱり読んでてムカついてくるもん。
~中略~
まあ、俺も含めて
ブロガーなんてクズだらけだってこったな。

引用:ブログ読んでてイラついてくる心理

ある程度の会社規模であればコンプライアンスが厳しいため外部に資料を出すものは何重ものチェックが必須となる。個人の場合はそんなチェックなどないため信頼できるものが非常に少ない。そもそも上位サイトのほとんどがパクリ記事なので信頼もクソもない。

フリーランスとか
プロブロガー とか
専業ブロガー とか
ランサーズとかのクラウドソーシングで仕事請けるとかなんか
要は、組織に所属しない奴が
どうも信用できんねん

引用:ブログとかで飯食ってるって輩が気に食わん理由

イラつくブロガーとは

ブログを始めてからアフィリエイトや広告の仕組みを知ったがこんなにモラルのない連中が多いことに本当に驚いた。お金のために手段を択ばないクズがなんでこんなに多いのだろうか?

イラつくポイント
  • 内容と矛盾している転職サイトのアフィリエイト
  • 価値のないサービスをすすめる
  • タイトルや内容がどれも同じブログ
  • 無駄に長くて本当に欲しい情報にたどり着けない
  • お金を稼ぐことに必死
  • 自慢話が多い
  • プライドが高く盛ってくる
  • 自身を正当化する

内容と矛盾している転職サイトのアフィリエイト

ブログを始める前に不自然に思っていたのがサイトの最後でおすすめされる転職サイト。なんで無理やり転職サイトをおすすめしてくるのか意味が分からなかった。ブログを始めて知ったのだが転職サイトは無料登録で敷居が低く単価が高い人気のアフィリエイトだった。何でもいいからとりあえず儲かりそうなアフィリエイトを突っ込んできている。お金儲けが嫌とかいうより転職サイトのアフィリエイトがでてくると小バカにされているような気がして非常に腹が立ってくる。

この事実を知ってから転職サイトをおすすめするサイトを信用していない。記事を書いている人がベテランの元転職エージェントなら納得するが、転職経験や会社員経験の少ないブロガーが転職サイトをおすすめしている。ほんとバカにされているとしか思えない。転職サイトをすすめるブロガーのほとんどがクズであると思って間違いない。転職サイトをおすすめするのが転職のエキスパートではなく会社員や転職で失敗したブロガーなのだからほんとうに笑えない。

転職サイトの裏事情を見て青汁のテレビ広告を思い出した。はじめものすごく良いドキュメンタリーなのだが最後にみんなが青汁飲みだす衝撃的な展開。出演者たちが突然青汁を飲みだしたときは目を疑った。人を馬鹿にしたようなこんな広告をして企業イメージとか大丈夫なのか心配になってしまう。もちろん筆者はこの広告を見てから青汁のイメージが非常に悪くなった。

悪質な例の代表はDeNAで「死にたい」から転職サイトへ誘導していた。心が壊れてどうにもならなくなった人からアフィリエイト収入を得ようとしていた。大企業がこんなことをするなんて本当に信じられない。ブログを始めてDeNAのキュレーション問題を知った時は悲しくて泣きそうになった。これで企業イメージがかなり落ちたんじゃないだろうか?

記事では、「死にたい、消えたいと思ってしまう深層心理」として、「承認欲求が強い」「責任感が強い・真面目」「一貫性がない」などをあげており、24日までは、転職サイトの自己分析サービスのアフィリエイト広告を掲載していた。
引用:「死にたい」検索トップの「welq」の記事、DeNAが広告削除 「不適切」指摘受け – ITmedia NEWS

Point

会社員や転職経験の少ない人に転職サイトをおすすめされるとバカにされいるようでイラつく。

筆者の経験では若い人は転職サイトを利用するのもありだが中堅には難しいと思っている。ある程度年齢がいったら人脈とコネを使わないと中途でホワイト企業に入社するのは困難。筆者の周りでは派遣で人脈や信頼を作り転職に成功した人が多くいた。エンジニアの転職事情については以下を参照してください。

ビルの窓転職サイトでキャリアアップはできない~うざいアフィリエイトはもういい~
ブログを書くときの注意事項
  • 知識の無い分野で無理やりアフィリエイトしない。
  • 記事の最後に無理やりアフィリエイトに誘導しない。
  • 価値のないアフィリエイトをおすすめしない。

知識のない分野だとそのサービスに価値があるかすら判断できない。儲かると言う理由だけで転職の特化サイトなどを作る人はユーザーの本当の価値など考えていないのだろう。

価値のないサービスをすすめる

転職サイトのアフィリエイトに続いて不信感があるのが「車一括査定サイト」。転職サイトの場合は実力があって運が良ければ転職に成功する可能性が多少なりあるが、車一括査定サイトはそうはいかない。中間マージンを取られる構造になっており利用者が損をする可能性が高い。更に悪質な業者も登録されており到底ユーザーにとって価値のあるサイトとは思えない。転職サイトと同じく車一括査定サイトをすすめるブロガーには十分注意してほしい。

筆者は車一括査定サイトを体験後して色々調べたがどう考えてもユーザーに価値があるサイトとは思えなかった。車一括査定サイトの闇については以下の記事を参考にしていただきたい。

車一括査定体験談~おすすめしない理由と高価買取の秘訣~
Point

お金儲けのために価値無いのサイトを進めるアフィリエイターにイラつく。

アフィリエイターのイメージが悪いのはこういったお金儲けのために人を欺く卑怯な多くのサイトが多いため。価値のあるサイトも中にはあると思うが心無いサイトがあまりにも多すぎて悲しくなってくる。

ブログを書くときの注意事項
  • ユーザーにとって価値のないサービスや商品を紹介しない。
  • 知識の無い商品やサービスをおすすめしない。

商品やサービスありきでサイトを作るのも良いがちゃんと専門家としてユーザーに価値を提供できるようなものを紹介してもらいたい。

タイトルや内容がどれも同じブログ

ブログのほとんどがタイトルや内容がパターン化され似たような記事が多い。上位サイトはお互いの内容をパクリあっているためほとんど同じ内容の記事があふれかえっている。検索上位に出てくるパクリ記事を見ているとオリジナリティがなく嫌な気分になってくる。上位記事に価値のないものが溢れかえりユーザーの価値が損なわれている。

ブログを始めて知ったのだが上位記事の目次パクリがSEOの基本であった。自分の気づかない観点を補完する程度ならいいががっつりと目次をパクって記事を量産しているサイトが多くあり腹が立つ。似たような記事が増えてもユーザーに何の得もない。同じ内容が多いとかえって混乱する。パクらないで上位記事のをヒントに自分なりの切り口でユーザーに価値のある情報を提供してもらいたい。

Point

上位サイトの目次や内容をパクったサイトが多すぎてイラつく。

記事パクリの究極と言えばDeNAのキュレーションサイト。ここまでモラルを欠いた悪質なサイトが野放しになっていたとか恐ろしい話だ。真面目に頑張っているサイトは非常に悔しい思いをしたんじゃないだろうか。もともとDeNAは好きではなかったが筆者はこの事件をきっかけに死ぬほど嫌いになった。大企業がこんなモラルを欠いたことをするなんてありえない。個人ブロガー以上のクズである。

「自分の意見を述べて『こういう多数の意見がある+それに対して自分はどう感じるか、自分の経験ではどうだったか』といった形にするとオリジナルコンテンツ化しやすい」。「中見出しごとに複数サイトを参考にして複数意見を寄せ集めれば、どこを参考にしたかすぐ分かる状態ではなくなり、独自性の高い記事になる」。

引用:DeNAリライトマニュアルの巧妙すぎる手法 | 「WELQ問題」の本質とは何か | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

ブログを書くときの注意事項
  • 似たような記事がたくさんある場合は作らない。
  • 上位記事の目次や内容は参考程度にして自分の切り口でオリジナリティのある記事を作る。
  • 上位記事をパクるのではなくユーザーに必要な情方を補完する。

Googleはこのようなパクリサイトの順位をなんとか下げてくれないだろうか?

無駄に長くて本当に欲しい情報にたどり着けない

読み物ならいいが調べ物しているときにブログを見ていると答えが長すぎる。ブログを始めて知ったが上位記事の目次パクリに続くSEOの基本が記事のボリュームを上げることであった。早く答えを知りたいのにどうでもいいネットで拾った情報をてんこ盛りにしているサイトが多くほんとうにイラつく。

筆者も熱が入って記事のボリュームが増えてしまうことがあるがSEO対策で無理やり記事ボリュームを上げているサイトが多すぎる。Googleは文字数関係ないと言っているが記事ボリュームアップと目次パクリはSEOとしてだれもがやっている。ほんと痒い所に手が届く記事がいいんだけどなんとかならないのだろうか。

Point

無駄に情報量が多くて本当に必要な情報にたどり付けなくなるのでイラつく。

ユーザーをイラつかせる記事ボリューム戦争。「おすすめ漫画20選」20でも多いくらいだが奴らはやる「おすすめ漫画120選」ここまでくるともうおすすめとは言えない。「おすすめドラマ100選」とか見るとバカにされてるんじゃないかと思うわけです。自分が本当に好きな漫画とかなら5個くらいが限界でしょ。100個のドラマや漫画に思い入れがあるととても思えない。検索上位にあげるために数を増やすアホがなんでこんなに多いのか。あぁほんとイラつくわ。

ブログを書くときの注意事項
  • ボリュームを上げるために思い入れの無い作品を紹介しない。
  • おすすめ何選するなら他のサイトと切り口を変えて少ないボリュームで勝負する。
  • ユーザビリティを考えずにバカみたいに記事ボリュームを増やさない。

お金を稼ぐことに必死

お金を稼ぐことは悪くはないがそれがモラルを欠いた内容だと話は別。ブロガーだけでなく利益目的のためにモラルがない法人もたくさんあると思うがブロガーやアフィリエイターのモラルの無さは異常。情弱から金をむしり取ろうと必死に襲い掛かってくる。鬼畜かテラフォーマーといったところ。

転職サイト、車一括査定、情報商材のアフィリエイトが貼ってあると「あ~こいつもかぁ」と思ってしまう。あと、無料メール登録から高額情報商材をおすすめとか。ユーザーに価値を与えないサイトは長く続かないと思うんだがそんなに儲かるなら自分もやってみようか・・・なんて感じで増えてくんだろう。

転職サイトや車一括査定サイトも悪質であるが高額の情報商材は群を抜いて悪質。お金儲けの情報商材を一度かってみればわかると思うが高いお金を出したとしても内容は「ネットで落ちているレベル」と大して変わらないものがほとんどである。もしくは一般人が絶対に真似できないような内容であり情報自体が実質無価値。99%の情報商材が価格に見合った価値が無いと思っていい。

「楽して稼げる」なら他人に教えないで自分でやっている。悪質情報商材販売者は楽して稼げなかったから「楽して稼げる」方法を高値で売りつけて楽しようとしている。騙された人が騙された方法で新しい人をだます。負の無限ループ。『闇金ウシジマくん』フリーエージェントくん編はほとんどノンフィクションだった。

Point

会社員もお金を稼ぐことに必死だがモラルのないアフィリエイターやブロガーが多すぎてイラつく。

専業ブロガーの場合先の保証などないので稼げるときに稼いでおきたいという気持ちもわからなくはない。だからと言ってモラルを欠いた方法で稼ぐのは納得いかない。騙される方が悪いと言えばそうだが釈然としない。

ブログを書くときの注意事項
  • モラルをもって行動する。
  • 儲けよりユーザーの価値を優先する。
  • 知識の無い人をだますようなことをしない。

自慢話が多い

過去の栄光やブログのPVなどを自慢しているブログを見てしまうとイラつく。セルフブランディングしたいのもわかるが見ていて気分が悪くなる。さらっと気づかない程度に自慢話を挟んでくれればいいが、プロフィールで長々と俺はこんなにもすごいんだとアピールしていると大丈夫か心配になってしまう。

本当にできる人は鼻につく自慢話はしない。必要な時にさりげなく話すだろう。自分を認めてほしいという欲求が強いひとほど鼻につく自慢話が多い。自分にひどく自信がないために無理に自慢話を繰り出し空回りしているように思える。

Point

承認欲求が強く空気の読めないブロガーの自慢話にイラつく。

会社でも「売り上げNo.1」とか言ってアピールすることもある。自慢話がいけないと言っているわけではない。自慢話が多いとどうしても上から目線に思えてしまう。読み手と目線を合わせるような心遣いをしてほいい。

ブログを書くときの注意事項
  • 長々と自慢話を書かない。
  • 必要な時にありのままの情報を提供する。
  • 読み手に目線を合わせる。

プライドが高く盛ってくる

逆に言うとダメな自分をさらけ出している人は好感が持てる。プライドが高いのか上から目線のブログが目に余る。自分に絶対の自信を持つのはいいが思い込みが強く他人の気分を害しているのにまったく気づく気配がない。無理にかっこつけているところが滑稽にみえてしまう。自分の写真をおしゃれに撮ってさもイケてるだろと言わんばかりのアピールとか見ていて恥ずかしくなる。

Point

無駄にカッコつけているブロガーにイラつく。

おしゃれな写真で盛るのもいいが内容が伴っていない。なんでここまで「おれおれアピール」ができるのか不思議。会社でこんなヤツいたら周りから浮いてまともに仕事できてない。

ブログを書くときの注意事項
  • 余計なプライドは捨てる。
  • 必要以上に自分を飾らない。
  • 他人から必要以上によく思われたいという気持ちを捨てる。

自身を正当化する

自分の意見がすべて正しいと思い込んでいるタイプ。社会人でもこの手のタイプは厄介。自分の意見をごり押ししてくる記事をみると気分が悪くなってくる。経験の高い人はある程度中庸に物事をとらえているが若くて勢いのあるバカチンはやるぞ。

Point

自身を正当化するブロガーにイラつく。

個人の意見を発信するならいいが他が間違っていると決めつけるようなブログは見ていてイラつく。

ブログを書くときの注意事項
  • 立場が違えば意見も違うことを理解する。
  • 常に答えがひとつではないことを意識する。
  • いろんな意見や立場があることを考えて発言する。

好きなブロガーのタイプ

ほとんどのブロガーがクズだと思うが中には自分が好きになれるブロガーもいた。

好きなブロガーの特徴
  • 文才がありとにかく面白い
  • 読者と同じ目線で信念を持っている
  • 粛々と情報を発信している

ある程度年齢のいった人生経験のある人のブログの方が好感を持って読める。サラリーマン生活がながかったせいなのかもしれないが、社会人のブログの方が好きな傾向がある。

まとめ

戦い

長々とブロガーやアフィリエイターへの不満を書き綴ってきたがポイントは以下の3点だと思う。

なぜブロガーにイラつくのか?
  • 社畜がしがらみのない専業ブロガーに嫉妬している
  • 組織中心の会社員は個人中心のブロガーが気にくわない
  • 専業ブロガーはモラルを欠いたクズが多い

社畜がしがらみのない専業ブロガーに嫉妬している

小銭を稼いでいる専業ブロガーにイラついているのはほとんどが「社畜」のみなさんではないだろうか?筆者もサラリーマン生活が長いのでサラリーマンより収入のあるブロガーがヘラヘラしているとぶっ飛ばしたくなってくる。自分が充実していたら詐欺まがいのブロガーやアフィリエイターにそんなに腹は立たないハズ。彼らは会社員にくらべ楽して稼いでいるのが鼻について許せないのだ。

会社員は会社の方針、事業部方針、上司の命令と色々なものに縛られている。組織力を使って金を稼ぐので会社の方針を理解して行動するのが正しいサラリーマンの姿である。個人事業と比べると自分の裁量でできることがあまりにも少ない。人間関係もあるが自分がやりたいと思うことができないストレスは大きい。

起業で成功した人などにも同じように嫉妬するだろう。ただブロガーに嫉妬ではなくあこがれてしまった場合注意が必要。あやしい情報商材を買わされお金を失ってからブログで稼げないことに気づく。簡単にブログで稼げるとか言ってくる悪徳商法には十分注意したい。楽して稼げるとか100%無い。楽して稼げるなら他人に教えないで自分でやるわ。

そんなに羨ましいならお前もやれよ。と思うが日々のストレスでボロボロになった社畜にそんなパワーは残っていない。上司の愚痴を言いながら一生を終えるのだ。嫉妬する社畜もブロガーもどっちもクズということ。会社員として充実している人はブロガーにイラついたりしないんだろうな。イラついている自分もクズなのかもしれない。

組織中心の会社員は個人中心のブロガーが気にくわない

組織中心でチームで働いている会社員から見ると「おれおれアピール」してくるブロガーは死ぬほどうざい。会社員であっても自己アピールは必要。昇給の面談や社長や取締役との飲み会があればさりげなく自分を売り込む必要がある。ブロガーの自己アピールは度が過ぎるものが多い。「俺ってこんなにすごいんだぜ!!」とか会社でやったらまともに相手してもらえない。変顔でアピールしているブロガーを見るとほんと八つ裂きにしたくなる。こんな生意気な部下がいたら速攻で上司がつぶしに来るぞ。

会社員で生き残るためには実力を蓄えながら腰を低くして円滑にコミュニケーションをとる必要がある。ただし個人事業でやるアフィリエイトにはそんなのまったく必要ない。稼ぐ能力さえあれば腰が高かろうが生意気だろうが関係ない。会社員としてダメでも稼ぐセンスさえあればどうとでもなってしまう。ここで落とし穴なのが稼げさえすれば何をやってもいいという発想。会社と違い止める人がいないのでモラルのないことも平気でやるようになってしまう。よってこの環境がモラルを欠いたブロガーを量産している。

しかし企業は仕事のできる生意気なバカをもっと活用した方がいい。上手くコントロールできれば大きな成果を上げてくれるからだ。協調性がないや生意気と言う理由だけで排除する企業もクズ。エッジの効いたバカの居場所を会社に作らないとモラルのないパワーのあるブロガーやアフィリエイターが世に出回ってしまう。パワーのある協調性のないバカを会社はもっと受け入れるべきだ。太鼓持ちより実力のある人間を評価する社会になってほしい。

専業ブロガーはモラルを欠いたクズが多い

以前どこかのサイトでブログは「敗者復活戦」と言っていた。その時にブロガーやアフィリエイターを表す最適な言葉だと納得したのを覚えている。会社員としてダメだった人、転職で失敗した人、自営業で失敗した人、起業家としてダメだった人などが最後に行きつくのが「アフィリエイトやブログ」である。初期投資も少なく低リスクで始められることからどうにもならなくなってここに行きつく。言ってしまうと「掃き溜め」みたいな場所である。

会社で使い物にならない人が何とかしようと始めるのが元手の要らないアフィリエイトやブログ。ここにたどり着く人はブラック企業でひどい目にあったり株式投資や為替で資産を失ったりした人も多いだろう。彼らは「稼ぐためなら何でもやる」。ブラック企業で心が壊れてモラルなんてものが吹っ飛んでいる。自分さえよければいい。ユーザーに価値の無いサービスであっても儲けるためなら死ぬ気でおすすめする。

壊れた彼らはお金のためになんだってしてくる。詐欺まがいの情報商材がいい例だろう。「簡単に稼げます無料メール登録どうぞ!!」後になって価値のない高額情報商材を押し付けてくる。手段を択ばないお金のために何でもヤルまさにクズだ。

なんでこの界隈はモラルが低いのか疑問だったが最近納得した。ブログやアフィリエイトは元手無しで始められるので敗者の受け皿になっている。そこは銭ゲバのクズどもが集まる掃き溜めなのだ。

間違ってこの敗者復活戦で勝ってしまったヤツが相当達が悪い。過去の自分を帳消しにするかのように会社員を批判して売り上げの自慢話を繰り返し怪しい情報商材を売り込んでくる。もしくは転職サイトに引き込んでくる。元敗者は手段を択ばず情報弱者からお金を搾取する。

なんでブログ界隈がこんな状況かといったら「会社員以外を認めない」といった日本の社会に問題がある。産休したり親の介護しようと思ったら平気でクビになる。一度コースから外れると二度と戻れない。レールから外れた人を受け入れてくれるのは真っ黒な企業のみ。自己責任と言ってしまえばそれまでだが会社員以外を認めず排除する日本の文化がモラルを欠くブロガーを量産する温床になっている。

転職サイト、一括査定サイト、情報商材は個人的に認めないが、敗者復活戦で勝利したブロガーやアフィリエイターはもう少し認められてもいいはずである。実力があり会社員よりはるかに優秀なブロガーはたくさんいる。

 

長々とブロガーに対する不満を述べてきたがお金を稼ぐのが悪いと言っているわけではない。モラルをもってユーザーに価値を提供してくれれば文句はない。明らかにユーザーに不利な車一括査定サイトをおすすめしたり、専門家でもないのに転職サイトをおすすめしたり、価値のない情報商材を高額で売ったり、DeNAのように姑息に記事をパクったりするのには本当にイラつく。

イラつかない素晴らしいブロガーもたくさんいるが、イラつくブロガーが多いのは気のせいではなかった。

5 COMMENTS

name

言いたいことは何となく分かるが長過ぎる。読んでる途中にこの記事の骨子を見失う。

返信する
ふない

name様

コメントありがとうございます。

本サイトの内容でご迷惑をおかけし申し訳ありません。
何度か手直しした記事なのですがまとめ切れていませんでした。
本記事はもやもやした気持ちをそのまま吐き出してしまった感じです。
ご指摘の内容を真摯に受け止め今後の改善に役立てたいと思います。

改善に向けた良いきっかけになりそうです。
ご指摘ありがとうございました。

返信する
ゆきお

すごく分かります。
好き放題書き散らしておいて反論されると上から目線であやそうとしてきたり、痛いとこを突いてやるとだんまり決め込んで人のコメントを削除したり。
この手の人間は検索に引っ掛かりそうな言葉であえて煽ってる来る記事を書くのが本当に邪魔で厄介なんです。

返信する
ふない

ゆきお様

コメントありがとうございます。
私はDeNAのWELQ騒動がネット業界の縮図だと思っています。
稼げるので検索上位を取るために手段を択ばない人たちが多く悲しいです。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です