無料画像のライセンスについて~商用利用可能、著作権表記不要、改変自由なパブリックドメインとCC0ライセンス~

無料画像のライセンスについて

無料画像のライセンスについて説明する。ブログやホームページ作成で欠かせない無料画像だが著作権などの権利の侵害により損害賠償が発生する可能性がある。利用するにはライセンスの内容や法律上の権利(著作権、肖像権など)を確認し理解することが前提となる。大規模プロジェクトなどのリスクが高い場合には専門家や弁護士に相談し法的に問題がないか確認することが望ましい。本文を読む前に無料画像を使うときに知っておきたい権利について以下の記事を参照すること。

無料画像を使うときに知っておきたい権利無料画像を使うときに知っておきたい権利~著作権、著作人格権、肖像権、商標権、ベルヌ条約~

無料画像のライセンスは大きく分けて3つのタイプに分かれる。著作権などの権利が発生していないもしくは消滅した状態をパブリックドメインという。ライセンスではなく状態を示す言葉。CC0ライセンスは著作権などの権利を可能な限り放棄したライセンスである。サイト独自のライセンスでは提供する画像の利用範囲などを細かく規定している。

ライセンスの種類
  • パブリックドメイン
  • CC0ライセンス
  • 独自ライセンス

ライセンス確認のポイント

メモを取る男性

無料画像サイトではライセンスで以下の5つを確認しておきたい。特に禁止事項は著作権侵害になる可能性があるため必ず確認。アダルトサイトの利用や無加工で販売する行為は禁止事項になっているケースが多い。モデルリリースは取得が前提となっているサイトや画像ごとに明示しているサイトがある。

確認するポイント
  • 商用利用
  • 著作権表記
  • 改変
  • モデルリリース
  • 禁止事項

無料画像サイトの種類

ノートパソコンで作業する女性

大きく分けるとアップロードされる画像が管理されているサイトと登録ユーザーが自由にアップロードできるサイトの2に分かれる。

無料画像サイトの種類
  • アップロードする画像が管理されているサイト
  • 画像が自由にアップロードできるサイト

アップロードする画像が管理されているサイト

例に挙げると「ぱくたそ」は誰もがアップロードできるわけでなく運営が精査した上で公開している。

ぱくたそで公開している写真素材は、「登録カメラマン」から提供していただいているものです。誰でもアップロードして公開できる仕組みではありません。また、写真ポートフォリオの横断やAPIによる自動取得したものを掲載する類ではなく、カメラマンから提供があった写真を、1枚ごと運営が精査した上で公開しています。

引用:ぱくたそのこだわりと信念について | ぱくたそフリー写真素材

画像が自由にアップロードできるサイト

Pixabayでは誰でも画像をアップロードすることができる。規約で著作権や商標権を侵害した画像のアップロードを禁止している。

Uploading Images
You may upload Images and/or Videos to the Website, and Pixabay will screen these contents to see if they are suitable for distribution. Pixabay does not accept any adult oriented contents.

By uploading Images or Videos to the Website, your works are released under Creative Commons CC0 free to use for almost any purpose, both commercial and non-commcercial.

引用:サービス規約

自由にアップロードした画像の問題

著作権を侵害した画像がアップロードされてそれを利用した場合利用者が責任を問われる。CC0の無料画像サイトからダウンロードしたとしても著作権を侵害する可能性がある。特にユーザーが画像を自由に投稿できるサイトは運営が画像を管理するサイトに比べリスクが高く注が必要である。

もし、画像やイラストのダウンロードサイトからダウンロードしたフリー素材などが著作権を侵害していた場合、その素材を使用していたホームページやWebサイトの運営者が著作権侵害の責任を問われることになります。

引用:ホームページ制作で素材サイトのフリー素材を使う際の著作権上の注意点|咲くやこの花法律事務所

過失で権利を侵害した場合に備え以下のダウンロード時の情報を残しておきたい。

利用時に記録しておきたい項目
  • ダウンロードしたサイトのURL
  • ダウンロードした時のスナップショット
  • ダウンロードした日付

ライセンスの種類

打ち合わせする二人の手

無料画像のライセンスについて説明する。

ライセンスの種類
  • パブリックドメイン
  • CC0ライセンス
  • 独自ライセンス

上記の三つは無料画像を使う上で理解した置きたいもの。CC0ライセンスは著作権を限りなく放棄しているが完全に自由に使えるわけではないことに注意したい。独自ライセンスの場合も規約に肖像権や商標などの注意事項が無くても違反した場合利用者の責任になるため規約を確認をするのは当然のことで、基本的な法律を遵守するように心がけたい。

パブリックドメイン

書店

パブリックドメインとは著作権(知的財産権)発生していない状態のことである。公開された画像がパブリックドメインの場合商用利用可能で著作権表示の必要がない。ただし、所有権や人格権を侵害する場合は例外としている。そのため著作者や被写体に対する誹謗中傷(人の心を傷つける行為)は人格権の侵害となる。人格権を例外としていることから著作人格権の一種である同一性保持権も例外となり著作者の意に反する改変は権利の侵害となる。パプリックドメインの画像に改変を加える場合は同一性保持権を侵害する可能性がある。

パブリックドメイン(public domain)とは、著作物や発明などの知的創作物について、知的財産権が発生していない状態または消滅した状態のことをいう。日本語訳として公有という語が使われることがある。

パブリックドメインに帰した知的創作物については、その知的財産権を行使しうる者が存在しないことになるため、知的財産権の侵害を根拠として利用の差止めや損害賠償請求などを求められることはないことになる。その結果、知的創作物を誰でも自由に利用できると説かれることが多い。しかし、知的財産権を侵害しなくても、利用が所有権や人格権などの侵害を伴う場合は、その限りにおいて自由に利用できるわけではない。また、ある種の知的財産権が消滅したとしても、別の知的財産権が消滅しているとは限らない場合もある(著作物を商標として利用している者がいる場合、量産可能な美術工芸品のように著作権と意匠権によって重畳的に保護される場合など)。また、各法域により法の内容が異なるため、一つの法域で権利が消滅しても、別の法域で権利が消滅しているとは限らない。したがって、特定の知的創作物がパブリックドメインであると言われる場合は、どの法域でどのような権利が不発生あるいは消滅したのかを、具体的に検討する必要がある。

引用:パブリックドメイン – Wikipedia

CC0ライセンス

メモを取る男性

CC0ライセンスとはクリエイティブ・コモンズが定義する著作権を可能な限り放棄したライセンスのことである。

クリエイティブ・コモンズ・ライセンスとは

クリエイティブ・コモンズ・ライセンスとはクリエイティブ・コモンズが定義する著作権のライセンスである。著作物にクリエイティブ・コモンズ・ライセンスが定義されている場合一番自由度が高い場合でも著作権表示が必要となる。ここではCC0ライセンスを中心に説明するためクリエイティブ・コモンズ・ライセンスの詳細については割愛する。

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス(英語: Creative Commons license、略称: CC license)とは、クリエイティブ・コモンズが定義する著作権のある著作物の配布を許可するパブリック・ライセンス(英語版)の一つである。

クリエイティブ・コモンズ・ライセンスおよびパブリック・ドメイン・ツールが使用されるのは作者が自作品を他者に共有、使用、二次創作の権利を付与する場合である。ライセンスとツールは作者の求める誓約を柔軟(例として自作品を非商用のみでの使用許可を選ぶことが出来る)に提供し、いくつかの頒布条件の異なるライセンスを提供している。

引用:クリエイティブ・コモンズ・ライセンス – Wikipedia

CC0ライセンスとは

クリエイティブ・コモンズが定義する著作権のライセンスである。CC0とは著作権やその他の権利を可能な限り放棄したライセンスである。パブリックドメイン同様に商用利用可能で著作権表示の必要がない。パブリックドメインの場合地域の法制度ごとに違いがあるが、CC0ではこの問題の解決方法として著作権と関連する権利を徹底的に放棄している。パブリックドメインで例外であった著作人格権を可能な限り放棄したライセンスである。

CC0 とは、科学者や教育関係者、アーティスト、その他の著作権保護コンテンツの作者・所有者が、著作権による利益を放棄し、作品を完全にパブリック・ドメインに置くことを可能にするものです。CC0によって、他の人たちは、著作権による制限を受けないで、自由に、作品に機能を追加し、拡張し、再利用することができるようになります。

CC ライセンスが、権利所有者に著作権を残しながら、再利用の許可を選択できるものであったのに対して、CC0は別の新たな選択肢を提供します。作品の作者に自動的に付与されてきた著作権やその他の占有権を放棄するという選択肢です。他のCCライセンスと異なり、「いかなる権利も保有しない」という選択肢を与えるものです。

引用:CC0について ― “いかなる権利も保有しない” | クリエイティブ・コモンズ・ジャパン

CC0ライセンスについて以下の5つのポイントで内容を確認する。

確認するポイント
  • 商用利用
  • 著作権表記
  • 改変
  • モデルリリース
  • 禁止事項
商用利用

著作権財産権が放棄されているため商用での利用が可能となる。

著作権やそれに関連する法律では、作者の意図にかかわらず、作品・データベースの著作権が自動的に保護されるようになっています。CC0は、これらの権利を望まない人が法的に可能な限りの権利を放棄できるための方法を提供します。作品の制作者や所有者が作品に対してCC0を適用すれば、法的な意味において、その作品は彼らのものではなくなります。その作品は、方法・目的にかかわらず、誰もがどんな形であっても使用できる状態になります。商用利用も可能です。 ただし、他の権利が残ってる場合や、作品の利用法による制約が発生することもあります。CC0は、「いかなる権利も保有しない」選択肢だと考えてください。

引用:FAQ よくある質問と回答 | クリエイティブ・コモンズ・ジャパン

著作権表記

CC0ライセンスであればクレジットを表示する必要はない。

あなたの作品を商用利用することも可能です。あなたのクレジットを表示するかしないかの選択も利用者の判断にゆだねられています。あなたのクレジットを表示するかしないかの選択も利用者の判断にゆだねられています。ただし、作品にあなたの商標がついている場合には、利用方法についてコントロールすることができます。CC0では、商標権の放棄は行われません。

引用:FAQ よくある質問と回答 | クリエイティブ・コモンズ・ジャパン

改変

CC0ライセンスであれは自由に改変することができる。

CreativeCommonsライセンスと異な り、CC0にはどんな制約もありません。パブリック・ドメインにある作品と同じように、帰属を明示しなくとも、誰でも自由に利用したり改変することができ ます。

引用:FAQ よくある質問と回答 | クリエイティブ・コモンズ・ジャパン

人格権などの権利を許諾範囲内で主張しないことに同意することが前提となっている。改変を許可するCC0ライセンスに著作者が合意することで改変を可能としている。

同一性保持の権利のような著作者人格権は、本パブリック・ライセンスのもとではライセンスされません。パブリシティ権、プライバシー権、および/または他の類似した人格権も同様です。ただし、可能なかぎり、許諾者は、あなたがライセンスされた権利を行使するために必要とされる範囲内で、また、その範囲内でのみ、許諾者の保持する、いかなるそのような権利を放棄し、および/または主張しないことに同意します。

引用:クリエイティブ・コモンズ (Creative Commons) — 表示-継承 4.0 国際 — CC BY 4.0

モデルリリース

CC0で著作権を放棄していても人物が特定できる写真は被写体の許諾が必要となる。CC0の無料画像サイトであってもエディトリアルとマーク(Editorial Use Only)のついた画像は被写体のモデルリリースを取得していないため商用で利用できない。

場合によりけりです。たとえば、CC0では商標権の放棄はできませんので、許諾者が保有している商標を使用したい場合には、先に許諾を得ておく必要がありま す。また、個人の写真などが含まれている場合には、肖像権など他の人が保有している権利について、許諾を得る必要があります。

引用:CC0 FAQ | クリエイティブ・コモンズ・ジャパン

第三者の権利である肖像権を侵害した場合利用者の責任となる。問題が起きた場合利用者の責任となるので注意したい。

たとえCC0を利用して著作権所有を保証しないとしても, 作品を配布する際にその作品に第三者の権利が含まれている場合にはその責任を負う必要があることに注意してください。

引用:CC0 FAQ | クリエイティブ・コモンズ・ジャパン

禁止事項

名誉又は声望を害する利用は禁止されている。

CCライセンスでは、著作者及び実演家の名誉又は声望を害するような改変による二次的著作物の創作を認めていません(CCライセンスの利用者がND(改変禁止)条件をつけている場合には、名誉又は声望を害するかどうかを問わず一切の改変による二次的著作物の創作が認められません)。したがって、自分の作品を好ましくない方法で利用された場合、作品の創作者の方は、著作者人格権に基づいて、訴えを提起することができることがあります。

引用:FAQ よくある質問と回答 | クリエイティブ・コモンズ・ジャパン

CC0で著作権を放棄していても写真に商標権を持つロゴやキャラクターが認識可能な状態で映り込んでいた場合権利の侵害となる。商標権は放棄の対象にならないため商標が映り込んだ写真は利用できない。

CC0は、いかなる場合であっても、いかなる者の有する特許権または商標権にも影響はなく、またその作品や作品がどのように利用されるかに関して第三者が保有している可能性のある権利(パブリシティ権やプライバシー権 などを含む。)への影響はありません。

引用:Creative Commons — CC0 1.0 全世界

CC0ライセンスとパブリックドメイン

パブリックドメインでは著作権を放棄しているが著作者人格権対象外としている。CC0では著作者人格権を主張しないことを同意することを前提としている。パブリックドメインの改変は同一性保持権の侵害になる可能性がある。CC0では著作者人格権を主張しないため改変が可能となる。

CC0ライセンスとパブリックドメインの違い
  • パブリックドメインでは著作者人格権を放棄していない。
  • CC0ライセンスでは許諾範囲内で許諾者が著作者人格権を主張しないことに合意している。

CC0ライセンスのまとめ

CC0ライセンスであれば一般的なブログやWebサイトであれば問題なく利用できると考えてよい。著作者が著作人格権を許諾範囲に限り主張しなことを同意しているため改変も可能である。ただし、名誉又は声望を害する改変は禁止されている。肖像権や商標権を侵害していた場合利用者の責任となるためモデルリリースや商標を確認してから利用すること。

CC0ライセンスのポイント
  • 著作権とその他の権利を可能な限り放棄したライセンス。
  • 著作人格権を許諾範囲に限り主張しなことを同意しているため改変も可能である。
  • 商標権や肖像権などの第三者の権利はCC0であっても放棄されない。
  • CC0ライセンスの画像が権利を侵害していた場合利用者の責任となる。
  • 著作権放棄でも名誉又は声望を害する利用は禁止。

サイト独自のライセンス

休憩

海外サイトではCC0ライセンスで公開されていることが多いが日本のサイトでは独自の利用規約を設けているところがほとんどである。独自の利用規約ではCC0と異なり著作権(財産権)を放棄していない。利用規約を確認する場合は冒頭でも説明した以下の5つのポイントを確認するとわかりやすい。日本の大手無料画像サイト「ぱくそた」ではサイト独自の利用規約を決め運用している。以降はぱくたその利用規約を例に説明する。

ぱくたその利用規約

ここの利用規約は非常にわかりやすくかつ詳細まで記載されており秀逸なサイトである。利用規約が網羅的かつ詳細に書かれているためぱくたその利用規約を基準に他サイトの規約を確認すると理解しやすい。以下の5つのポントに合わせ説明する。

確認するポイント
  • 商用利用
  • 著作権表記
  • 改変
  • モデルリリース
  • 禁止事項
商用利用

商用利用の場合に条件が付く場合がある。ぱくたその場合は写真をそのまま販売する行為を禁止しているが常識の範囲である。商用の場合のみライセンスの表示が必要といったとても使いにくい規約のサイトもある。規約が無条件で商用利用可能としているかをポイントとして確認したい。ぱくたそでは写真の価値をそのまま利用する二次利用であっても条件付きで可能としている。一般に二次利用はみとめられることは少ない。

商用利用いただけます。(※ 写真をそのままの状態で販売する行為を除く)

引用:ぱくたそのご利用規約・ガイド | ぱくたそフリー素材

著作権表記

基本的にはクレジットの表記は不要。写真が商品の価値をきめるような物に使う場合はクレジットが必要。ブログやWebサイトであれば、著作権表記なしで問題なく利用できる。

基本的に写真ごとのクレジット表記やご利用報告の義務はありません。

引用:ぱくたそのご利用規約・ガイド | ぱくたそフリー素材

改変

加工、合成、変更しての利用が可能。同一性保持権が気になるところであるが改変について明記してあるため安心して利用できる。

加工、合成、変形または変換してご利用できます(人物写真の表情に対する加工やトレースも可能です)。

引用:ぱくたそのご利用規約・ガイド | ぱくたそフリー素材

モデルリリース

ぱくたそでは画像ごとにモデルリリースの表記がある。サイトによってはモデルリリースについて明記していない場合があるため注意したい。

ぱくたそが提供する人物の写真素材は、被写体である人物から肖像権使用の許諾を得て撮影したもの(以下、モデルリリース)と、そうでないものがあります。

引用:ぱくたそのご利用規約・ガイド | ぱくたそフリー素材

禁止事項

ぱくたそでは禁止事項についてわかりやすく説明している。禁止事項を詳しく説明しているためボリュームはあるが一般的なブログやWebサイトで常識的に利用する場合は問題ない。商標権、肖像家を侵害する行為は禁止されている。

以下の用途などを禁止しています。

  • 著作・商標権等の知的財産権、財産権、プライバシー権、パブリシティ権、又は肖像権などの権利を侵害する利用、若しくは権利を侵害するおそれのある利用を禁止しています。
  • ネットワーク又はシステム等に過度な負荷をかける行為、運営を妨害するおそれのある利用
  • 写真素材を他のストックフォトサービスに提供する利用
  • 公序良俗に反する利用
  • 反社会的な利用
  • ぱくたその写真を直接リンクする利用(必ずダウンロードして利用してください)
  • 犯罪等法律に抵触するおそれがある利用
  • アダルト/風俗/性的描写/宗教/麻薬/ストライキ/デモ/反発団体/ドラッグ/ナイトサービス/出会い系サービス(婚活/マッチング/出合い系情報/インターネット異性紹介事業届出業者/その他、出会い系サービスと運営者が判断する場合)などの利用(いずれも利用方法によっては制限のみのケースがあります)

~以下略~

引用:ぱくたそのご利用規約・ガイド | ぱくたそフリー素材

独自ライセンスまとめ

たとえ規約に従っていても権利を侵害した場合は利用者の責任となる。利用規約を守るのは前提だが、明記がない場合であっても商標権や肖像権を侵害しないように注意する。

独自ライセンスのポイント
  • 独自ライセンスでは著作権を放棄していない場合が多く著作財産権の範囲についても規約がある。
  • ライセンスに改変可能とあれば著作人格権を主張しなことを同意しているため改変も可能である。
  • 基本的に商標権や肖像権などの第三者の権利を侵害することは禁止される。
  • 基本的に画像が権利を侵害した場合は利用者の責任となる。
  • モデルリリースについての記述がないサイトが多いため注意が必要。

まとめ

ノートパソコンで作業

CC0ライセンスであれば著作人格権を侵害しない範囲で自由に画像を使うことができる。独自ライセンスの場合は利用規約に沿って画像を使うことができる。どちらのライセンスも人物が特定できる写真の場合はモデルリリースの取得が必要となる。ライセンスに関係なく登録商標が映り込んだ写真は基本的に商用利用できないと考えた方がいい。権利を侵害した画像が違法にアップロードされている可能性もあり過って利用者が権利を侵害してしまう可能性がある。ライセンスは更新されるため最新版を確認すること。特に禁止事項については注意したい。

無料画像サイト利用時に知っておきたいこと
  • CC0ライセンスは著作人格権を侵害しない範囲で自由に使える。
  • 独自ライセンスは規約に沿って使用する。
  • 人物が特定できる場合はモデルリリースが必須である。
  • 登録商標が映り込んだ写真は使用しない。
  • 違法に無料画像がアップロードされている可能性がある。
  • 権利を侵害した場合利用者の責任となる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です