熱海土石流災害の報道問題~NHKやテレビでは太陽光発電施設(メガソーラー)について触れない放送法無視の異常事態~

Twitterなどで熱海土石流と太陽光発電施設について話題になっていたのでテレビを見たら太陽光発電施設について触れない。ヘリの画像で災害現場で太陽光発電施設がチラリと映るのだが話題に上がらない。ネットの盛り上がりと打って変わってテレビでは太陽光発電施設報道なし。あまりにも不自然すぎて驚いた。太陽光発電施設が原因とは言わないがテレビでほとんど報道しないのが非常に問題だと思う。

注意事項

本記事はNHKおよび大手メディアの報道に対する問題を提起していますが間違いを保証するものではありません。本記事で提起する問題については客観的な事実(エビデンス)を元にご自身で判断してください。

大手メディアの報道(ネット)

ネットでは太陽光発電施設についての記事もちらほら。

業者側は根拠なしと反論

地図で太陽光発電施設の位置を見ると関係ないとは言い切れないと思うが・・・。

静岡県熱海市内の伊豆山地区で起った大規模な土石流について、崩落の起点近くに大規模な太陽光発電施設(メガソーラー)を作ったのが原因ではないかと、ネット上で憶測が流れている。開発で保水力が落ち、崩落につながったのではとの見方が、国会議員らからも出ている。これに対し、施設を作った業者側は、「水の流れが違い、根拠がないと思う」などと反論している。

引用:熱海土石流「メガソーラー犯人説」は本当か ネットで憶測も…業者側は反論「根拠ないと思う」(J-CASTニュース) – Yahoo!ニュース

経済産業相は太陽光発電施設についても調査

ネットでは太陽光発電施設についてチラッと記事になっている。

梶山弘志経済産業相は6日の閣議後記者会見で、静岡県熱海市伊豆山地区の大規模土石流の起点付近に大規模太陽光発電所(メガソーラー)が設置されていることについて「まだ断定していないが、場合によっては、(太陽光発電所の)工事によってどういった地形や地層、水脈の変化があったかを含めて調査していくことになる」と述べた。

引用:熱海土石流起点付近に太陽光発電所 経産相「水脈など調査も」

テレビの報道

ヘリからの映像で太陽光発電施設がチラリと映るが「太陽光発電施設」について触れない。メガソラーが直接の原因とまでは言わないが話題に上がらないのが怖い。

NHK

いくつかの番組を確認したが太陽光発電施設について触れない。

2021/7/8:追記

2021年7月7日のニュースウォッチ9を確認。盛り土が原因として報道し、太陽光発電施設(メガソーラー)については一切報道なし。

民放各社

民放も筆者が確認した限り太陽光発電施設についての報道はない。

2021/7/8:追記

2021年7月7日の報道ステーション、ニース23を確認。盛り土が原因として報道し、太陽光発電施設(メガソーラー)については一切報道なし。難波副知事の会見は切り抜きで太陽光発電施設についてはカットされている。

放送法

太陽光発電施設について報道しないのは放送法的にも問題な気がする。

放送法第4条 †
(国内放送等の放送番組の編集等)
第四条  放送事業者は、国内放送及び内外放送(以下「国内放送等」という。)の放送番組の編集に当たつては、次の各号の定めるところによらなければならない。
一  公安及び善良な風俗を害しないこと。
二  政治的に公平であること。
三  報道は事実をまげないですること。
四  意見が対立している問題については、できるだけ多くの角度から論点を明らかにすること。

引用:放送法第4条 – dskwiki

テレビ漬けの高齢者

ネットを見ない世代は「太陽光発電施設」についてまったく知らない。

テレビ脳

引退して毎日ボーっとテレビを見ている高齢の父に熱海の太陽光発電施設について聞いてみた。

ふない「土石流のニュースずっとやってるね。」

「ひどい災害だね。」

ふない「これ知ってる?」

グーグルマップで太陽光発電施設の場所を航空写真で見せる。

「何これ?工事してるのか?」

ふない「土石流の近くで太陽光発電施設が建設されてたらしいよ。」

「盛り土が原因だから太陽光発電施設関係ないだろっ!!」

ふない「テレビで太陽光発電施設について報道してないでしょ。」

「ん・・・」

太陽光発電施設について話したら機嫌が悪くなった。自分の信じているテレビと矛盾を感じたからだろうか。

太陽光発電施設への反対要望

タイミングよく30日に太陽光発電施設への反対要望が出されていた。この報道も熱海土石流災害以降聞くことは無かった。太陽光発電施設と災害につては以前から指摘されており、ここにきて反対要望について報道しないのは、あまりにも不自然である。

函南町で民間が計画している「メガソーラー」をめぐり、反対する住民らは工事を始めないよう事業者に申し入れることを県に要望しました。
函南町の軽井沢地区では、東京の事業者が約65ヘクタールの大規模太陽光発電所、メガソ−ラーの建設を計画し、静岡県はおととし法律に基づく開発許可を出しましたが、一部の住民が災害リスクが高まるなどとして計画に反対しています。

引用:函南町 「メガソーラー」めぐり反対住民らが県に要望|NHK 静岡県のニュース

難波副知事の会見

2021年7月7日に土砂災害についての難波副知事の記者会見があった。

太陽光発電施設と土砂災害の関係

2:24くらいから。

記者「太陽光と土砂崩れの関係は?」

難波「おそらくあまり影響はないと思う。」

これは太陽光発電所から水は土砂崩れの場所と逆に流れたとの説明。なので逆側で土砂災害の危険性ありいずれ何かしらの対応が必要かもしれないとのこと。この話を聞くと土砂崩れと反対側の斜面も危険な気がしてくる。位置的に太陽光発電施設の関連はだれもが気になるところであるが会見ではあまり触れられていなかった。報道規制がはいっているのだろうか。

Point

記者会見では土砂災害と太陽光発電施設との関係について質疑があったがほとんど報道されていない。

関係ないならないとどうどうと報道すればいいのになんでしないの?

太陽光発電施設の土砂不法投棄

2:28:00から。

難波「土砂の不法投棄ではないのかと思いますけども、これも違反行為ですのでこれは何らなの処置をしないといけないと思います。」

難波「直ちに危険ではないので今の段階でやることはない。」

土砂崩れの場所から反対側の部分で太陽光発電施設に土砂の不法投棄があると解説。直ちに危険ではないので今は対応しないとのこと。土砂災害のすぐ近くに太陽光発電施設の土砂の不法投棄があると会見でハッキリと言っているがこれが報道されるのだろうか?

Point

難波静岡県副知事は土砂災害現場の近くにある太陽光発電施設の現場に土砂の不法投棄があると発言している。

災害現場のすぐ近くで土砂の不法投棄とか世論としては確実にアウトである。なんで報道しないの?

4日時点でのコメント

4日の段階では「開発の影響あり」であった。しかし、太陽光発電所に角度があり土砂災害現場に水は流れにくいことを理由に7日の会見では「開発の影響ない」にかわっている。これは調査した結果意見が変わったのかそれとも何かしらの圧力があったのだろうか。正直腑に落ちない。

静岡県の難波喬司副知事は4日、熱海市の土石流の被災現場を視察後、土石流の発生と逢初(あいぞめ)川上流部の山林開発との関係について「開発の影響は正直に言ってあると思う。現場で見ているので、原因はかなり分かってきている」と述べた。

引用:熱海の土石流「山林開発の影響あると思う」 現場を見た静岡副知事 | 毎日新聞

メガソーラー土石流解説

本格的に深堀している人たちがすごすぎる。

メガソーラーの所有者

所有者の犯罪歴など闇が深すぎて怖い。この動画の内容は市民も知りたいはずだが大手メディアでは報道されていない。

ここで気になることがある。難波副知事の会見でのひとこま。

難波「この土地の所有者については明言しない、登記簿を調べればすぐにわかること。」

これは副知事のメッセージだったのではないだろうか。私たちは所有者について発言できないのでだれか代わりに登記簿を調べて報道して欲しい。がこの言葉に隠れていたのでは。

土石流犯罪

もう、闇が・・・。深堀すればするほど怖くて目をそむけたくなる。

県は「盛土は適正」と、あきらかに麦島会長に「そんたく」「擁護」している。なぜなら静岡県内で麦島会長らのZENグループが多数の不動産開発を行っているためである。川勝知事、熱海市長は癒着している。死んだ熱海市民、家を失い避難所で暮らす500名の人たちは「泣き寝入り」するのか?この巨大な汚職事件をぜひ、みんなで声をあげて追及すべきである。これは人災である。

引用:熱海伊豆山の土石流は犯罪事件「現場に産廃埋めている証拠写真」 – 内海新聞のブログ

汚職や癒着についての真偽はわからないが麦島会長やZENグループについて大手メディアが報道しないのは不自然というか、政治的に公平ではなく、多くの角度から論点を分析していないのは明白である。真実がどれかわからないが、マスコミが偏った報道をしているのは事実である。

同和系列の会社

盛り土についても深堀されているようです。もう闇が深すぎてこれ以上追えない・・・。

今月3日、熱海市伊豆山地区で大規模な土石流が発生。土砂崩れの様子は地元住民らが撮影しSNS上に投稿すると瞬く間に拡散されていった。凄まじい勢いで家屋を飲みこむ光景は恐怖の一語だ。ツイッター上では投稿者にマスコミ取材が殺到する一方で、原因を問う声が相次いだ。伊豆山神社本宮隣の山林が太陽光発電の設置工事で開発され土砂崩れを引き起こしたとの批判も強い。そして株式会社新幹線ビルディングによる盛り土が土砂崩れをもたらしたとの声が殺到。同社は自由同和会神奈川県本部、天野二三男会長が社長だった。しかも新幹線ビルディングによる開発は熱海市議会も「同和案件」と認めていたから驚きである。

引用:【速報】 熱海市土石流 崩落の盛り土を したのは 「同和系列の会社」 – 示現舎

まとめ

太陽光発電施設と熱海土石流の因果関係はわからないがテレビでメガソラーについてほとんど報道していない。地図を見る限り関係が無いとは到底思えないのだがテレビは太陽光発電施設につい触れようとしないのだ。あまりにも不自然すぎて怖い。もちろんテレビ漬けの人は太陽光発電施設についての情報を得ることはできない。NHKまでもがこの問題にほとんど触れていない。太陽光発電施設が直接の原因でないとしても可能性の一部として報道する必要があるはずである。

ポイント
  • テレビでは熱海土石流の太陽光発電施設問題について報道していない
  • ネットではちらほら太陽光発電施設につてい記事がある
  • テレビで太陽光発電施設についてほとんど報道しないのが怖い

ここまであからさまに偏向報道されると恐怖を感じます。

2021/7/8:追記

盛り土した業者を深堀すると闇がいっそう深くなりそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。入力した「コメント」、「名前」、「サイト」は一般公開されます。匿名の場合は「名前」にニックネームを使用してください。