どうする?NIKKOR Zの広角~所有欲を満たせる大三元は実質無料!?~

この記事には広告を含む場合があります。

記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

ここ二か月くらいニコンZの広角レンズをどうするかで相当悩んでいた。予算と防湿庫のスペースが限られるため「ズーム」を基準に選考。広角ズームレンズは基本この3本のどれか。画角、価格、フィルタ径、描写性能、と考えるともう訳が分からなくなってしまう。とにかく絶望的に選びにくいラインナップなのである。YouTubeやブログなどで徹底的に調べたが簡単に答えはでなかった。

レンズ名 実売価格フィルタ径
NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S290,000112
NIKKOR Z 14-30mm f/4 S160,00082
NIKKOR Z 17-28mm f/2.8140,00067

カメラについては素人なのでエンタメ感覚でご覧ください。

どうするZの広角

とにかくZの広角は悩ましいラインナップでどれも一長一短で選べない。

NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S(14-24)

画質、F値、を考えたら価格はこの際気にならないが、こいつの最大の欠点はフィルターサイズ。112ミリと訳の分からないサイズである。95ミリのエクステンションリングを使えば何とか95ミリで逃げられる気はするが圧入式は落下が気になり使い物になるかわからない。30万円近いレンズを保護フィルターなしで運用はできない。

保護フィルターだけであれば112ミリの保護フィルターだけ買うのもありだろうか。

created by Rinker
KANI
¥11,330 (2024/07/21 22:16:21時点 Amazon調べ-詳細)

フィルターをNikon純正で揃えたらとんでもない金額になってしまう。経費で落とすにしてもコスパが悪い。

created by Rinker
Nikon
¥40,164 (2024/07/21 22:16:21時点 Amazon調べ-詳細)

NIKKOR Z 14-30mm f/4 S

小三元ながら14ミリからの広角が使える&フィルター系が82ミリと使いやすいサイズで人気の高いレンズ。沈胴式はちょっと扱いづらい気もするがSラインの広角大本命レンズである。迷ったらこれでいいんじゃないかというレベル。

NIKKOR Z 17-28mm f/2.8

Zの広角ズームを悩ましくさせる最後の1本。f2.8の明るさと扱いやすいインナーズム。14ミリの広角を必要としないのであればこれ一択である。広角側の1ミリは大きいので14~16ミリが使えないのはちょっと気になるが絞れば14-30同等の写りになるそうなので惹かれる。

用途ごとの考察

個人的な見解ではあるが用途ごとのベストプラクティスを考えてみた。

仕事で使用する

経費と考えると正直「Z 14-24mm f/2.8 S」はオーバースペック。そもそも24ミリ以下の使用頻度を考えると14-30が最善ではないだろうか。屋外であればF値も気にならないし14~30と画角的にも一番使い勝手が良い。星空写真が仕事でもない限りSラインのf4で基本問題ないハズ。

星空写真、星景写真で使用する

Z20ミリF1.8なども選択肢に上がってくると思うがズームできないと使い勝手が悪いので却下。

広角側の1ミリは大きいがF2.8で使えるZ17-28が良さそう。インナーズームやフィルター径などのメリットも大きい。お手頃価格でf2.8を使えるのは非常にうれしい。これが14ミリスタートなら大本命になっていた。

色々と悩むのが面倒である

悩み過ぎて色々わからなくなったら諦めて大三元をロンっ!!

Z14-30からZ14-24に行くことはあるが、逆はないだろうということで後悔しないコイツ。機材選びが面倒なら大三元を買っておけば間違いない。

まとめ

個人的に思うメリデメをまとめてみた。以前量販店で沈胴式を使ったがちょっと使い勝手が悪い感じがした。たぶん慣れれば問題ないと思うがちょっと気になる。あと広角の出番は室内もありそうなので2.8くらいの明るさが欲しいがストロボを併用すれば問題はなさそう。

レンズメリットデメリット
Z 14-24mm f/2.8 S・写りがが良い
・広角14ミリスタート
・インナーズーム
・f2.8
・Sライン
・高価である
・フィルター大きすぎ
Z 14-30mm f/4 S・比較的安価
・フィルターサイズ〇
・広角14ミリスタート
・テレ端30ミリ
・Sライン
・沈胴式
・アウターズーム
・f4
・写りは小三元
Z 17-28mm f/2.8・比較的安価
・フィルターサイズ〇
・インナーズーム
・f2.8
・広角17ミリスタート
・無印
・写りは小三元

色々と考えたあげく訳が分からなくなってZ14-24を購入してしまった。マップカメラのブラックフライデーセールで「299,300円」でフィニッシュ。一応2万円のキャッシュバックがあるので実質は「279,300円」である。ここから所有欲を差し引けば実質無料である。今後10年レンズの広角はZ14-24と共に生きることにする。

ポイント
  • あまりにも悩んだらZ14-24でもいい
  • 冷静に現状分析できるならZ14-30かZ17-28で問題ない
  • 素人の大三元チョイスはレンズ沼の病

もしかしたらZ70-200の方がよかったのかもしれない・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。入力した「コメント」、「名前」、「サイト」は一般公開されます。匿名の場合は「名前」にニックネームを使用してください。