ドアノブ修理~ラッチを固定しいるネジ穴がバカになったので何とかする~

実家のドアが閉まらない・・・。調べてみるとドアノブのラッチが歪んでいるようだ。取り外そうとしたらネジ穴がバカになってラッチが固定されていなかった。ネットで調べたところ金属のネジ穴は径を大きくしてネジ穴を切りなおすしか直す方法が見つからなかった。金属のネジ穴を切りなおすには専用の工具が必要になるため今回は無理やりナットで固定し修繕した。

注意

素人の応急処置なので今回の修繕を真似る場合は自己責任でお願いします。

金属のネジ穴がバカになった

ラッチが固定できずドアが閉まらなくなってしまった。無理やり閉めればなんとかなるがかなりストレスが溜まる。

故障状況

中空のアルミ製のドアに取り付けてあるラッチが固定できなくなってしまった。ネジ穴がバカになったのが原因。

固定できないことでラッチが浮いてしまいドアが閉まらない。ドア側に問題があるためドアノブを交換しても直らない。

ドアノブを何度か取り換えているので複数の穴が開いている。何とか簡単に直せないものだろうか・・・。

バカになった金属のネジ穴

つぶれてしまった金属のネジ穴を修理するには穴の径を大きくするしかない。木製であれば穴を埋めて再度ネジを効かせることもできるが金属はそうもいかない。ナットでの固定も考えたが構造的にナットを取り付けることができない。

穴を大きくした場合ネジ山を切りなおさないといけない。ラッチの穴も広げないといけないため手間がかかり専用の工具も必要となる。径を大きくする以外の方法で何とかしたい。

ポイント

バカになった金属のネジ穴を直すには基本的に穴の径を大きくしてネジ山を切りなおすしかない

何とかする

ネジ穴の修理をあきらめてナットで固定することにした。

ナットで固定

色々対応方法を考えた結果ナットで固定することにした。ちょうどよいサイズのナットも余っていたのでコイツでなんとかする。

問題点

ナットで固定するのは良いが構造的にボルトの取り付けができない。

解決策

ボルトを両面テープで固定しラッチを取り付ける。

失敗

何とかナットを取り付けることができたが問題発生。ネジが空回りしてまったく固定できない。ナットが効かない!?

無理矢理何とかする

どうにもならなくなってしまったので無理やり何とかした。

ナットに近い場所に金属用ドリルで穴を開ける。今回大きめに穴を開けたがもう少し小さい穴でも大丈夫だった。←失敗

マイナスドライバーでナットを押さえつけネジを回す。ほんの少しナットが固定できれば直ぐにネジが効いてくる。

取り付け完了

ドアに穴が開いてしまったが何とかラッチを取り付けることができた。

穴の処理について

ナット固定用に開けた穴は「穴埋めキャップ」などを使えば綺麗に仕上がる。穴の径も穴埋めキャップの大きさに合わせて開ければよい。今回行き当たりばったりで穴を開けたのでそこまで考えが回らなかったら。穴からドライバーでナットを押さえればラッチを外すことができる。ただしナットが落下した場合取り出せなくなってしまう。

まとめ

金属ドリルと合うサイズのナットがあったため今回は0円で修繕することができた。知り合いの大工さんに相談したら簡単には直せないと言われたのでプロに依頼したらかなり費用がかかったのではないだろうか。ドアに穴は開いてしまったがドアが閉まらないというかなり不便な状態を脱することができたので及第点とっする。

ポイント
  • 金属のネジ穴がバカになったら基本は穴の径を大きくするしかない
  • 穴を開けられる場所であればナットの取り付けも可能
  • ナット固定用の穴は穴埋めキャップで処理できる

閉まりにくいドアがかなりストレスだったので直ってよかった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です