グリーンシート~ブルーじゃないおしゃれな色の厚手ブルーシートが豊富なサイズでコスパよし~

以前先輩から「このシート目立たない色でアウトドアに使いやすいよ」と紹介されたブルーシート。色がブルーからグリーンにかわっただけなのにこれだけ印象がかわる。ブルーシートに見えないのでアウトドアで使っても浮いてしまうことがない。荷下ろしや簡易グランドシートなど幅広く使用可能。小さいサイズであれば500円台で購入できコスパも優秀。非常用のレジャーシートとしても使えるので車に積んでおくのもいいだろう。

注意事項

価格や仕様などは2021年04月に確認したもので最新の情報と異なる可能性があります。ご了承ください。

ブルーシートはブルーだけじゃない

ブルーシートなのでコスパが良い。

目立たないグリーン

テカリが若干気になるが色がグリーンなどでキャンプやピクニックで使ってもほとんど目立たない。

コスパよし

ブルーシートなのでとにかく安い。1.8×1.8mであれば500円以下で入手可能(実店舗購入に限る)。

豊富なサイズ

サイズ展開が豊富で様々な用途に対応できる。

サイズ展開
  • 1.8mx1.8m
  • 1.8mx2.7m
  • 2.7m×3.6m
  • 3.6mx5.4m
  • 5.4mx5.4m
  • 5.4mx7.2m
  • 7.2mx9.0m
  • 10mx10m

厚手#3000

レジャーシートより厚いので簡易的なグランドシート(テント下に敷くシート)としても使えそう。

プラはとめ

気になるのが樹脂製のはとめ。8年くらい使っているブルーシートがあるが今のところ壊れていない。負荷がかからない使い方であれば問題なさそう。

何に使える

色がグリーンにかわるだけで用途がぐんとひろがる。

キャンプ時の荷物の積み下ろし

車からキャンプ道具を出し入れするときに使える。地べたに直接おかなくてよいため便利。目立たない色なのでブルーシートと気づかれにくい。

テントやサンシェードの下敷き

厚めのシートなのでテントやサンシェードの底面保護ができる。テントのグランドシートとして使う場合はぴったりサイズに折りたたむ必要あり。

1.8mx2.7mが簡易テントの下敷きにぴったりであった。グリーンだとほんとうに目立たない。

トンネル型のポップアップサンシェード~室内空間が広く簡易テントとしても楽しめるコスパテントはいかが?~

簡易タープ

はとめがあるのでポールさえあればタープとして使うことが可能。ただしタープではないのではとめ部分のひっぱり強度が高くない可能性あり。

まとめ

色がブルーからグリーンにかわっただけでここまで印象が変わる。ブルーシート特有のテカリはあるがほとんど気にならない。レビューなどを見ると簡易タープとして利用している人も多いが耐久性がちょっと心配。筆者は7年近く同じタイプを使っているが壊れたりしていない。地面に敷くだけなら耐久性は問題ないだろう。荷下ろしやレジャーシートにも使えるので車に1枚積んでおくと便利かも。小さいサイズであれば500円台で購入できるのでコスパも申し分ない。

ポイント
  • グリーンなので目立たず色々なシーンで使える
  • ハトメがあり地面に固定できる
  • 簡易タープとしても使えそうだが耐久性が心配

キャンプやピクニックに活躍するので1枚用意しておくといいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。入力した「コメント」、「名前」、「サイト」は一般公開されます。匿名の場合は「名前」にニックネームを使用してください。