2018-2019 2in1ハイスペック15インチPCおすすめ

2in1PC

メインで使っているノートPCが熱くて触れないくらい燃え上っている。そろそろメインPCを買い替えようと思っていたら2in1PCなる面白そうなものを見つけた。タブレットに変形して液タブのようにお絵かきができる優れものである。老眼もひどいので15インチでメインPCとなるハイスペック2in1PCを探した。実機にも触ってきたので調べた内容をまとめる。

燃え上るPCについてはこちら。

猫KIRA V832ノートPCが熱くてうるさいのでファンを清掃して電源設定変更した

先に結果から言ってしまうと2in1PCはコスパが悪いため購入を見送った。特にペン性能を期待ている人は注意してほしい。

液タブとは
液タブとは液晶タブレットのこと。スラスタペン(タッチペン)を使って液晶に直接描画できる外部入力装置である。2in1パソコンではタッチパネルに対応しているため液タブに似た使い方ができる。
一般的な機能では筆圧を検知して線の強弱をつけることができる。ペン先と実際に液晶に描画される差異を視差と呼び視差が少ない方が書きやすいとされる。物によってはペンの傾きを検知するものもあり太さや描画位置が調整されより自然な書き心地となる。高価なものはペンの反応速度が早くとても書きやすい。ゆっくり斜めの線を引いたときにでる線のゆがみをジッターと呼びプロ仕様の機材では発生しないことが多い。液タブの類似用語として板タブがありこれは専用の板の上でスタイラスペンをマウスのように使って描画する入力装置である。
注意
価格や仕様などは2018年11月のもので最新の情報では価格が異なる可能性があります。

2in1PCとは

ノートPCがタブレットなどに切り替わるメカ好きにはたまらない趣味の逸品。普通のスリムPCと比べると割高。タブレットでの利用するなら13インチ以下のものが一般的。15インチ以上になると持ち運びが不便なハイスペックマシンが多くなる。

2in1のタイプ

大きく分けると2種類ある。セパレートタイプとコンバーチブルタイプ。セパレートタイプはタブレットにキーボードを付けたようなタイプでコンバーチブルはノートPCの液晶部分が360度回転してタブレットに切り替わる。

セパレートタイプ

有名なところだとMicrosoft Surface Book2。キーボード側にグラフィックボードを積んていて重い作業はPCの形態を使い、軽い作業は液晶部分を取り外したタブレットで行える。キーボードから取り外し軽くなるためタブレットとしての使い勝手はよい。タブレットとクラムシェル(変形しない普通のノートPC)を兼用できる優れもの。

Book2

引用:Surface Book 2 を購入 – Microsoft Store ja-JP

コンバーチブルタイプ

Dellの2in1PCのハイエンドモデル XPS 15 2in1。スタイリッシュで高級感がある。Book2と同じく価格がお高い。液晶部分が360度回転する。タブレット状態が重くなるので抱えて使うには無理がある。

XPS15

引用:XPS 15 2-in-1 | Dell 日本

2in1の特徴

タッチパネル搭載でタブレットを兼用できるのがポイント。ただし15インチの場合普通のタブレットのように抱えて使うにはかなり無理がある。使う場合は机に置いて液タブのように使うのが一般的。モバイルとして考えるなら13インチかセパレートタイプを選択したい。

2in1PCのポイント
  • ノートPC、タブレット、テント、シアターに切り替わる。
  • タッチパネルでスタイラスペンに対応して液タブのように使用できる。
  • モバイルを想定しているため軽量コンパクトモデルが多い。

一番のデメリットは価格。同スペックのものに比べると割高である。ノートPCとタブレット2つを買った方が安くなりコスパは良くない。

2in1に限ったことではないがデメリットを言うと軽量化のために端子が少ない。まぁスリムタイプのPCもインターフェースが少ないのでそこは大目に見たい。インターフェースを増やすには別途USBドックを買う必要がある。高速通信できる規格のThunderbolt 3に対応しようと思うといいお値段となる。合わせてケーブルもお高い。

2in1PCのデメリット
  • タブレットにしては重い。
  • 専用の液タブに比べるとペン性能はイマイチ。
  • スペックの割に高い。

液タブと2in1PCの比較

2in1を買う人はペン機能に一番期待しているのではないだろうか。筆者も液タブのように使えると期待していた。簡単ではあるが実機で試してみたので紹介したいと思う。前評判では、Apple Pencilが良くSurfaceペンがそこそこ頑張っているといった感じであった。専用機のワコムはプロ用機材のレベル。

Microsoft Surface Book2 15in. 256GB
Surfaceペン
306,504円
12,744円
傾き検知:あり
筆圧感知:4096段階
Apple iPad Pro 12.5in. 256GB
Apple Pencil(第2世代)
128,800円
15,660円
傾き検知:あり
筆圧感知:非公表
Wacom MobileStudio Pro 13 i7 256GB 226,800円 傾き検知:あり
筆圧感知:8192段階

専門家による詳しいレビューはこちら。

参考 iPad Pro 10.5とSurface Proを比較 人気プロ絵師によるお絵描きレビュー (1/5)ITmedia PC USER

Surface Book2とSurfaceペン

時間の許す限り色々と試してみた。ジッターと呼ばれる線のゆがみはあまり気にならなかった。筆圧の感知もクセはあるが良さそう。ペンと描画位置の視差もほとんど気にならなかった。ただし直観的になぜか書き難さがあった。クリスタ(CLIP STUDIO PAINT)でペンを色々と試したがなにか違和感があった。まぁ慣れればこれでイラストも描けるのではと思うがプロのレビューでは仕事で使えるレベルにはないとの評価もあった。

2in1-pc

iPadとApple Pencil

新型と旧型も試したがどちらも「驚くほど書きやすい!!」サーフェスを試したあとなので余計に驚いた。とにかく書いていて自然で書くのが楽しくなりそうな気がした。ネットでの評判が良いのは知っていたがここまでいいとは思いもしなかった。ペン先のマーカーがでない仕様ではあるが全然問題なく使えた。理由は色々あると思うがとにかく書き心地が自然。評判通りの性能だ。

2in1-pc

Wacom Cintiq Pro

写真はないが実機で試してみた。視差もなくふつうに書きやすいがApple Pencilほどの感動は無かった。物によっては、PC本体が別途必要かつ価格がiPadよりもはるかに高い。お気軽に買える金額ではない。レビューを見る限り耐久性やデバイスの取り扱いにやや難がありそう。プロの方はワコムを使うのが一般的なようだ。

iPadの方が書いていて気持ちよかったのは書き心地もあるが液晶の綺麗さ。ワコムの機材にくらべあきらかにiPad Proの方が画面が綺麗に見えた。色鮮やかで書いていて楽しくなる。

2in1PCは液タブとして使えるか

先に結論から言うと2in1PCは液タブの代替とはならない。しかしiOSではあるが、Apple Pencileは別性能が良く液タブの代替になる可能性が十分にある。Apple Pencilがここまで使いやすいとWacomの専用液タブの必要性を感じない。メインPCとしては使えないが液タブの代替としては十分に使えると思えた。一方Surfaceペンは健闘しているが書き心地がイマイチ。直観的に書いてきて気持ちよくない。Windows系のスタイラスペン(タッチペン)はおまけ程度に考えた方がよさそうだ。液タブとして本格的に使うには無理がある。本格的にイラストなどを描きたい場合はiPadか液タブを別途準備したい。

15インチ2in1のランナップ

単純に価格ではSurfaceが一番割高。Microsoft>DELL>HPの順でお高い。Surface Book2が少し特殊でキーボードを取り外してディスプレイ部分だけをタブレットとして利用できるセパレートタイプ。

製品名 タイプ CPU グラフィックボード メモリ SSD 価格(*1)
HP Spectre x360 15-ch000 2in1PC 4K
15インチ
Core i7-8705G Radeon RX Vega M GL 16GB 500GB 213,624円
(231,768円)
HP Spectre x360 15-df000 2in1PC 4K
15インチ
Core i7-8750H NVIDIA GeForce GTX 1050Ti 16GB 500GB 248184円
(27,3024円)
Dell XSP 15 2in1 プラチナ 2in1PC 4K
15.6インチ
Core i7-8705G Radeon RX Vega M GL 16GB 512GB 247,841円
(275,046円)
Microsoft Surface Book2 2in1PC
15インチ
Core i7-8650U NVIDIA GeForce GTX 1060 16GB 500GB 306,504円
(325,080円)

*1:HDMI出力、Microsoft Office、スタイラスペンを含めた価格。

ペン性能

実際に試したのはSurfaceだけで他のペンの書き味は不明であるがレビューなどを極力調べた。

Microsoft Surfaceペン 傾き検知:あり
筆圧感知:4096段階
HP Spectre アクティブペン2 傾き検知:あり
筆圧感知:1024段階
Dellプレミアム アクティブ ペン 傾き検知:あり
筆圧感知:4096段階

Microsoft Surfaceペン

弱点としては液晶にペンを近づけたときにカーソルがずれること。逆に言うとそれ以外の大きな弱点はないようだ。ただし、Apple Pencilと比べると話にならないと思う。OSを作っているメーカーなのでその点は一番安心できる選択肢。レビューを見る限りではWindowsのスタイラスペンの中では一番弱点が少ない製品。ペン性能だけで選ぶならSueface一択。

参考 the360.life - 【Surface Pro】プロの漫画家が見つけた「Pen」の意外な弱点the360.life 参考 iPad Pro 10.5とSurface Proを比較 人気プロ絵師によるお絵描きレビュー (1/5)ITmedia PC USER

HP Spectre アクティブペン2

調べてみたらかなりやんちゃな仕様だった。ペンは10時間起動できるが電源オフできないかつ充電中に利用できない。使おうと思うと常に電池切れの状態になるとか・・・。どう考えても仕様バグ、欠陥品と言わざるを得ない。

(意訳)私のHP Spectreに付属しています。ペンを充電し、最初の使用ではすべてが良いように見えましたが、それはオフスイッチがないことに気づくまででした。ペンを取り出すたびに充電式電池は空です。これは深刻な欠陥のある製品であり、私は完全な小売価格を支払わなかったことをうれしく思っています。お勧めしません。

引用:HP Spectre x360 13-ae000の追加ペン「Spectre アクティブペン2」は傾き検知にも対応した充電式ペン…だが致命的な欠陥あり? – 肉うどん

期待はしていないが普段液タブを使っている人からすると「ギャップ」があるそうだ。HPの拡販サイトなので角が立たないように言っているが暗に液タブと比べるとダメだねと言っている。

ただ、ペンについては、普段の環境とのギャップを感じてしまいました。そのぶん使い込むほど馴染むんだろうなという感触も得ました。

引用:イラストレーターがHP Spectre x360でイラストを描く – LIBERTY GRAPH

動画を見る限りでは反応速度は悪くないが、Surfaceペン同様にカーソルがずれているのが確認できる。カーソルずれはWindowsの仕様なのだろうか?

ペンを早く動かすとかなり描画が遅延するのがわかる。最新の機種でどこまで対応反応速度が良くなっているのかきになることろ。

後かなり気になったのがペン操作後の遅延問題。スタイラスペンで描画後に画面が約2秒ほど反応しなくなるといった現象。動画を見る限りSurficeではこの問題はないようなのでx360に限った問題のようだ。この挙動はかなりストレスが溜まるようで致命的な問題と思える。

ペンの充電問題と遅延問題で合わせ技一本といったところ。本気で液タブのように使うのはあきらめた方がよさそうだ。

ペンの問題についてHPのサポートに電話で問い合わせした。時間はかかったがかなり丁寧な対応をしていただいた。

ペンの電源について
サポートからは電源を切ることはできないと回答があった。対策としてはペン先が何かに触れると電力を消費するのでペンを寝かせておけば少しは電力消費が抑えられるとのこと。レビューの回答通り「使おうと思ったときに電池切れ」の仕様だ。
ペン操作後の遅延について
ペンで描画後にスクロールや拡大縮小が一時的にできなくなるのは仕様とサポートから回答があった。詳しくはペン操作後に1.5秒操作ができなくなる。仕様なので改善するとかいうレベルではない。バグとして今後改善予定であればまだ救いがあったのだが。

以上の結果からSpectreを液タブのように扱うにはかなり厳しいと思われる。

ペン操作後の遅延についてだが、CLIP STUDIO PAINTなどのペイントソフトを使えば回避できるかもしれない。ペイントソフトには機能パネルに拡大縮小や描画範囲の移動機能がある。実際に試す必要はあるが描画直後にペンで機能パネルを操作できれば何とか使えるレベルにあるかもしれない。

Dellプレミアム アクティブ ペン

スペック的にはSurfaceペンと同じ。このプレミアムペンは特殊で追加購入ができない。壊れたり無くしたら即アウト。そんなの聞いた事ない。ジッターが発生しやすい以外の弱点はなさそう。しいて言えば価格が高いということ。

ネットで悪い部分を調べてみたが価格以外の大きな弱点は見つからなかった。x360のような操作遅延の問題もみつからないのでSuefaceと同レベルと思ってよいだろう。

参考 「XPS 15 2-in-1」は絵師の夢をかなえるか 人気イラストレーターが徹底検証 (1/6)ITmedia PC USER

2in1のペン性能

結果として2in1PCは本気で液タブとして使うには難しいレベルであった。もし液タブの代替として購入を考えているのであれば注意した方がいい。かなり価格が高いので納得できるレベルなのか実機で試したい。

DellとHPのスタイラスペン自体の問題は互換性のある社外品を使うことでなんとか回避はできる。ただし社外品の場合傾き機能などが使えなくなるため根本的な解決にはならない。社外品はSurfaceペンやワコムのBamboo Ink などが使えるようだ。HPの操作後の遅延は仕様なので回避する方法はない。

スタイラスペンの致命的ポイント

・HP Spectre アクティブペン2は極端に短い10時間の動作かつ電源オフなしかつ充電中の使用不可とまともに使えない仕様。

・HP Spectre アクティブペン2は描画後の遅延が発生するため拡大縮小を頻繁に使う場合はかなりのストレスが溜まる。

・Dellプレミアム アクティブ ペンは追加購入できずペンに問題が起きたら即アウト。

Memo
スタイラスペン対応のPCの購入を検討されている方は絶対に実機で確認した方がいいです。

静音性

今のPC(東芝のKIRA)が爆音でファンが回り続けているのでなんとかしたい。設定でCPUパワーを80%まで落としているが燃え上るように熱い。基本的に性能の良いCPUやグラフィックボードを積んでいる方が音は大きくなるようだ。特にゲーミングPCと呼ばれるタイプは静音性より性能優先してつくられている。

すべて完全に同一マシンの情報ではないが形の近いタイプを参考にしている。そのため、最新モデルでは改善されている可能性もある。

製品名 タイプ CPU グラフィックボード 静音性 価格
HP Spectre x360 15-ch000 2in1PC 4K Core i7-8705G Radeon RX Vega M GL ★★★☆☆ 231,768円
HP Spectre x360 15-df000 2in1PC 4K Core i7-8750H NVIDIA GeForce GTX 1050Ti ★★★☆☆ 27,3024円
Dell XSP 15 2in1 プラチナ 2in1PC 4K Core i7-8705G Radeon RX Vega M GL ★★★★☆ 275,046円
Microsoft Surface Book2 2in1PC 4K? Core i7-8650U NVIDIA GeForce GTX 1060 ★★★★★ 325,080円

参考程度であるがthe比較の情報を参考にした。

製品名 アイドル時 動画編集中Prev エンコード時 FF14ベンチ
HP Spectre x360 15-ch000 約26db 約40db 約44db 約40db
HP Spectre x360 15-df000
Dell XSP 15 2in1 約20db 約45db 約45db 約45db
Microsoft Surface Book2 約20db 約22db 約22db 約41db
Lenovo Ideapad 520 約28db *約32db 約46db

*:動画再生時の騒音。

HP Spectre x360 15-ch000

完全に同じモデルではないがファンの音が気になるとのレビューがあった。アイドル時の約26dbもやや気になるところ。

製品名 アイドル時 動画編集中Prev エンコード時 FF14ベンチ
HP Spectre x360 15-ch000 約26db 約40db 約44db 約40db

引用:Spectre 15 x360の実機レビュー – the比較

Spectre x360 13-ae000 プロフェッショナルモデル

ファンの音が気になるねー
購入して約1週間経過しました。

職場でも自宅でも使用するのですが、わりと静かな環境で使用します。
作業しててとても気になるのがファンの音…。
割と早めな段階からシャリシャリと音を立てます。

spectre x360 を使用する前はsurface pro4にキーボード付けて使っていましたが諸事情あり買い替えとなりました。

surfaceを使用している時は全く気にならなかったのですが。

引用:価格.com – 『ファンの音が気になるねー』 HP Spectre x360 13-ae000 プロフェッショナルモデル テリーmsyさんのレビュー評価・評判

HP Spectre x360 15-df000

発売前のモデルであるが大きな変更はなさそう。ただグラフィックボードが変わったので排熱処理は多少改善されている。スペックが上がった分逆に騒音のリスクがたかまった。

Dell XSP 15 2in1 プラチナ

そこまで悪評はない。測定値を見る限り静かな方。

ファンが回り出すと49db前後。50dbが静かな事務所や換気扇(1m)、60dbが掃除機(1m)、テレビ(1m)などと言われています。計測値はあくまで参考程度にして頂ければと思いますが静かな環境では目立ちます。
ファンが回り出すと49db前後。50dbが静かな事務所や換気扇(1m)、60dbが掃除機(1m)、テレビ(1m)などと言われています。計測値はあくまで参考程度にして頂ければと思いますが静かな環境では目立ちます。

引用:最厚16mmのハイパワーマシン「Dell New XPS15 2in1」と過ごしてみた | GOODEGG JP

957[Fn]+[名無しさん]2018/10/24(水) 09:08:37.77ID:AVRf6u6m
9570の4kモデルはファンの音はどんな感じでしょうか?
Microsoft Officeやフォトショップ程度ではうるさくなりませんか?

958[Fn]+[名無しさん]2018/10/24(水) 23:43:24.20ID:PrmHefKH
その程度では静かなもの

引用:【DELL】 XPS 15 Part15 【2in1】

実際そばにいてもサーッ…という風切り音で耳障りなノイズはなし。十分許容範囲内です。

引用:DELL New XPS 15 2-in-1をレビュー 世界初・磁気浮遊式キーボード搭載!Kaby Lake-Gのパワーが光る機能満載のフラグシップモデル – Digital-Station@デジステ

製品名 アイドル時 動画編集中Prev エンコード時 FF14ベンチ
Dell XSP 15 2in1 約20db 約45db 約45db 約45db

引用:XPS 15 2-in-1(9575)の実機レビュー – the比較

Microsoft Surface Book2

静音性について悪い評判はなかった。逆に静かとのレビューもありかなり高評価。

とはいえ、これについては、ハイエンドスペックということと、薄型軽量の筐体ということを考えると、仕方のない部分とも言えるだろう。なお、低負荷時にはファンの動作音も非常に小さくなり、十分な静かさとなる。

引用:【Hothotレビュー】GeForce搭載ハイエンド2in1「Surface Book 2」を検証 ~性能を求めるユーザーに唯一無二の存在 – PC Watch

製品名 アイドル時 動画編集中Prev エンコード時 FF14ベンチ
Microsoft Surface Book2 約20db 約22db 約22db 約41db

引用:マイクロソフト Surface Book 2の実機レビュー – the比較

静音性で選ぶなら

静音性で選ぶのなら省電力CPUの8650Uを搭載したSurface。グラフィックボードを使っていない時はかならり静かなようだ。レビューを見ると逆にグラフィックボードを使ってくれないといった問題もあるようだ。

参考 ノートパソコンのCPUベンチマークと性能比較BTOパソコンミニ館
CPU ベンチマーク TDP ワットパフォーマンス
Core i7-8750H 12401 45W 275.5
Core i7-8705G 10380 65W 159.6
Core i7-8650U 9059 15W 603.9

価格とスペック

Surfaceがややお高い。コスパ的にはHPで中間がDell。

CPU性能

CPU性能だけ見るとSurfaceが割高に見えてしまう。性能が良い方が消費電力が高い傾向にある。モバイルとして利用しないなら性能の高いものを選びたい。ただし8650Uは省電力CPUなので静音性やバッテリーの持ちを考えるとベンチマークが良いだけで判断するのは難しい。

CPU性能

参考 ノートパソコンのCPUベンチマークと性能比較BTOパソコンミニ館

グラフィックボード性能

GTX1060の性能が圧倒的。GTX1050TiとRadeonで性能に大きな違いはないがGeFoceではエンコードにNVENC使えるのが大きなポイント。ゲームやったり動画編集する場合はGTX1060がよさそう。

グラフィックボード比較

まとめ

期待していたペン性能はApple Pencilと比べてしまうと残念な結果になった。Windowsのペンが悪いと言うよりApple Pencilがあまりにも良すぎるのではと思う。2in1PCのペンもだいぶ健闘しているのでマウスで絵を描くのに比べたらかなりマシだと思う。スリムノートPCと比べると2~3割りかそれ以上にお高い。おまけ程度のタブレット機能に5万円以上払えるか?が購入のポイントになりそうだ。

2in1PCのまとめ
  • スタイラスペンはおまけ程度の機能で専用の液タブやiPadに比べると性能が劣る。
  • 同じくらいのスリムタイプPCに比べると3割以上価格が高い。
  • おもちゃとしては面白そう。

本気で購入を検討していたのだが結論としては2in1は見送り。筆者は液タブの代替として考えていたのだが性能と価格が折り合わないため別のPCを探すことにした。予算に余裕のある人ならいいがそうでなければ利用シーンを十分に考えてもらいたい。

2in1PCを買うなら
  • 静音性で選ぶならSurface Book2
  • 価格で選ぶならSpectre x360
  • ペン性能と価格のバランスをとるならXSP 15 2in1

予算があるならSurface Book2が無難です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です