ノートPCレビュー HP Pavilion 15-cs0000~お手頃ハイスペックPCを紹介~

メインで活躍していたdynabook KIRA V832の調子が数年前から悪くなってきた。気に入っていたので長く使いたかったがCPU温度がアイドルで60度近くに達するため寿命と判断。頻繁にファンが爆音で回転することが買い替えの決めてとなった。久々のPC購入なので最新のPCを徹底的に調べ上げ自分に合う一台を探した。今回新しいメインPCとして購入したのがHP Pavilion 15-cs0000である。ちょっと気になることもあったのでそれを含め紹介したい。

選考ではDELLと競合してかなり悩んだが価格的に手ごろなHPに決断。好みもあると思うが全体的にHPの方が価格が安い傾向にある。DELLと比べるとHPは外観の高級感がある。コスパで考えるならHPの方がよさそうだ。

女性とノートPC2018-2019 コスパとバランスで選ぶ15インチノートPCおすすめ

DELLも実用性があり良いパソコンだと思う。低価格帯ではHPよりDELLの方が割安だった。5万円台のノートPCをコスパで選ぶ場合はDELLがおすすめ。

パソコンノートPCレビューDELL Inspiron 15 3000~激安パソコンはどこまで使えるか?~
注意
個人的な評価なので気になる方は実機確認をお勧めします。

PCに求めたこと

KIRAの不満な点を改善したい。かなりお気に入りのマシンだったので不満はほとんどないが生産性向上のため液晶サイズを15インチに変えたい。5年も経過しているので基本スペックはKIRAの上を狙う。

性能

長く使いたいのでできるだけ良いスペックがいい。

  • CPUは第8世代のCore i7
  • メモリは余裕を見て16G以上
  • 今まで128Gで不便を感じたのでSSD250G以上
  • 13インチだと作業効率悪いので15インチ
  • 液晶はそこそこ綺麗なやつ
  • 静音性が良いもの
  • グラフィック性能はきにしない

価格

予算が限られるので15万円以下。筆者が調べた限り同等性能のPCを比較するとHPの価格が一番安かった。はじめに2in1PCなるタブレットに変形するPCも検討したが通常のノートPCにくらべ割高なのであきらめた。Surface Book2に至っては価格30万円以上。HPの約3倍である。予算に相当余裕がないと手を出せなかった。ただしスペックを落とせばお手頃な2in1PCもある。筆者の場合はメインPCとして2in1を選んだのが失敗だった。

2in1PC2018-2019 2in1ハイスペック15インチPCおすすめ

HP Pavilion 15-cs0000のレビュー

感じたことをズバッと紹介する。

スペック

調べた結果ハイスペックになると全体的に良いパーツがついてくる。グラフィックボートの性能を気にしない場合選択しはかなり絞られてくる。Dell G3 15も良さそうだったがグラボが良い分静音性が気になってしまった。

メモリ:16GB (8GB×2)
シリーズ:HP Pavilion 15-cs0000
オペレーティングシステム:Windows 10 Home (64bit)
オフィスソフト:Officeなし
プロセッサー:インテル Core i7-8550U プロセッサー (1.80-4.00/8)
ディスプレイタイプ:15.6インチワイド・フルHDブライトビュー・IPSディスプレイ
カラー:セラミックホワイト / モダンゴールド
ストレージ:256GB SSD (PCIe NVMe M.2) + 1TB ハードドライブ (5400回転)
グラフィックスタイプ:NVIDIA GeForce MX150
ネットワークコントローラー:内蔵Gigabit LAN (10/100/1000)
ワイヤレス機能:IEEE802.11 a/b/g/n/ac、Bluetooth
キーボード:バックライトキーボード (日本語配列、テンキー付き)
オーディオ:B&O Playデュアルスピーカー
Web カメラ:HP Wide Vision フルHD Webcam / IR カメラ
Windows Hello:顔認証センサー
添付品:速効!HPパソコンナビ特別版
セキュリティソフトウェア:マカフィー リブセーフ (30日版)
使い方サポート:使い方サポート 1年用
サポート:HP PC 無料セキュリティ診断サービス
保障:1年間引き取り修理サービス

引用:【楽天市場】HP Pavilion 15-cs0000 パフォーマンスモデル 第8世代 Core i7 16GB SSD256GB+1TB HDD NVIDIA GeForce MX150 WIN10 Office なし【あす楽対応】【送料無料】【smtb-f】:リコメン堂インテリア館

性能

前のKIRAがCore i5 3337UでHPがCore i7-8550U 。消費電力が少ないにも関わらずベンチスコアは倍以上。5年でここまで変わるのかと驚いてしまう。タスクマネージャーでCPU使用率を監視しながら使っているがCPUはかなり余裕がある感じで遅く感じることが全くない。KIRAの時はExcelやブラウザでもたつくことがあったがHPの方はもたつくことがほとんどない。

CPU ベンチマークスコア 消費電力
Core i5 3337U 3,179 17W
Core i7-8550U 8,289 15W

ストレージはSSDなので快適。おまけでHDDが1G付いているがまったく使っていない。気が向いたら取り外そうかな。

液晶

かなり綺麗だと思う。KIRAもよかったがこれも負けていない。デスクトップに比べると明るさが足りない気がするが価格的にこれ以上は要求しない。5万円台のPCと比べるとかなり良いことがわかる。

気になったのがWQHDからFHDにダウングレードしたのだがまったく気にならない。画面サイズが大きくなったのにも関わらず解像度がまったく気にならないのだ。プロのクリエイターの方などは気になるかもしれないが、FHD以上の必要性を全く感じないため、割高なQHDや4K液晶はおすすめしない。コスパのいいFHDで十分である。

dynabook KIRA V832 13.3インチ WQHD(2560×1440)
HP Pavilion 15-cs0000 15.6インチ FHD(1920×1080)

左がHP、後ろがフィリップスのモニター、右が5万円のDELL。フィリップスと比べるとHPのモニターが暗いのがよくわかる。色合いはとても良い。今はフィリップスのモニターの明るさを落としてHPに合わせている。室内なら全く気にならないレベルだと思う。

液晶モニタ

納期

HPに問い合わせしたら混みあっていて一月以上かかるとのこと。はじめは長い納期を覚悟したが早く欲しくて調べたら楽天にHPより安い価格で売られていた。発注してから2日ほどでPCが届きかなり満足している。DELLの受注生産タイプも2週間ほどかかるため待てない人は在庫モデルから選ぶことになる。楽天などで探しているモデルの在庫があれば本家より安いことがあるので発注する前によく調べた方がいい。

スピーカー

聞いた瞬間に違和感あり。KIRAと比べると明らかに劣っているのがわかる。同程度の音質を期待していたのでややショック。まぁ音楽聞くときは外付けスピーカーを使っているのでいいのだが。

使い勝手

顔認証対応のカメラがついているので便利。ログインのストレスがなくなったのは大きい。もうパスワード入力には戻れない。インターフェースにフルサイズのSDカードとHUMIがついているはGood!!一眼レフがSDカードなので非常に助かる。最近のモデルはmicroSDになっているのだがなぜかコイツだかSDカードに対応していた。常時使うHDMIも非常に便利。無いモデルだとTypeCから変換しなくてはならのでパーツ台が余分にかかってしまう。インターフェースからみてもコスパに優れている。

キーボード

・・・ヤバい。薄いゴールドに細い白い文字・・・。全然見えない。いや全く見えない。正直キーボードを使った瞬間返品を考えた。バックライトあるから良いと思っていたがこれはひどすぎる。キーボードの文字が全然見えない。普段はブラインドタッチで作業しているが慣れないキーの時にキーが全然見えない。ファンクションキーに至っては文字が小さいのもあって全く使い物にならない。

このPCのレビューはかなりの数チェックしたがこの指摘をしている人はいなかった。もしこの機種を検討しているのであれば実機でキーボードを確認することをおすすめする。20年近くPCを使ってきたがキーボードの文字の見にくさは断トツの1位おめでとうございます。

注意
HP Pavilion 15-cs0000のキーボードの文字はとても見づらいです。気になる方は必ず実機を確認してください。薄いゴールドに薄いグレーの細い文字です。バックライトを使うと白く発光しますがさらに見にくくなります。

どうしてこんな設計をしてしまったんだろうか?製品設計の検査時に指摘されなかったのだろうか?ここまでユーザビリティが低いんだから誰か気づいてもよかったのでは?

このPCを使い始めてからキーボードの配列を覚えるようになってきた。慣れればこの問題は解決するかもしれない。

似たような製品でレビューがあった。指摘しているがさらっと流していてこんなんじゃ誰も気づかない。仕様バグとしか思えないこのキーボードはもっと指摘されてもいいはずだ。

個人的に気になったのは、照明の当たり具合によっては、キーの文字が見にくいことです。ブラインドタッチできない方はご注意下さい。

引用:ENVY 13(2018年モデル)の実機レビュー – the比較

15インチノートPC全般的に言えることだがテンキーが邪魔。テンキーをやめてメインのエンターキーなどを大きくしてほしい。文書作成時などはどうしても体が左よりになってしまうため使いにくい。HP以外の15インチでもテンキーがついているので仕方ないのだがなんとかしてほしい。

困ったのが右クリックのショートカットキーがないこと。マウス操作のソフトを使うときに多用していた。KIRAにはあったがHPにはない。ちなみにDELLにも右クリックショートかっとはなかった。ツールでキー配列を変更できるようなのでチャレンジしたい。

HPパソコンはファンクションキーが通常動作に設定されていない。あぁ超使いにくい腹立つわぁ。BIOSで設定をかえられるようなので設定したい。ファンクションキー使えなかったらめっちゃ生産性落ちた。HPさんもう少し考えてほしい。

BIOS 設定で [Action keys Mode] または [Fn Key Switch] 機能が搭載された HP ノートブック PC では、単独で ファンクションキー ( f1~f12 ) を押した場合、キーボード ショートカット機能が動作しません。 BIOS の初期設定で、標準的なファンクションキーの機能ではなく、キーボードに刻印されたアイコンに示される機能が優先されるようになっています。

引用:Notebook PC シリーズ – 単独で f1~f12 を押した場合、ファンクションキーが機能しない | HP®カスタマーサポート

静音性

アイドル時に無音ではない。期待していたのだがちょっと不満。慣れれば問題ないと思うが軽い作業でもうっすらファンの音が聞こえる。KIRAや最近購入したDELLはアイドル時無音だったのでショック。静かな場所で文書作を作成しているとファンの音がものすごい気になる。静音性を気にしている方は注意してほしい。

注意
HP Pavilion 15-cs0000はアイドル時無音ではありません。アイドル中で静かな場所だとファンの音がずっと聞こえてきます。無音を期待されている方はご注意ください。

the比較で調べたら27デシベルだった。アイドル時に無音を望む人は20デシベルのモデルを検討してほしい。特に音に神経質なひとは注意!!

まとめ

雨の窓

アイドル時の静音性は期待していただけにかなりショックだった。日中は気にならないが深夜作業をしているをファンの音が気になり集中できない。無音というのは贅沢な悩みかもしれないがKIRAや最近買ったDELLはアイドル時無音だった。軽い作業の時に無音を求めるなら注意してほしい。

思いもよらなかったのがキーボードの見にくさ。ある程度ブラインドタッチで入力しているがふとした時にキーボードを見るとまったく見えない。こんな思いをしたのは初めてだったのでかなり驚いた。なんでこんなに見にくいキーボードを作ってしまったのか不思議でならない。いくらデザインがよくても使い物にならなかったら意味がない。

HP Pavilion 15-cs0000の気になる部分
  • キーボードがあり得ないくらい見にくい
  • アイドル時に無音ではないため文書作成時にファンの音が気になる

厳しい評価をしたが価格的には満足している。キーボードが見にくいのは慣れればなんとかなるので我慢。しかしアイドル時のファンの音はこの先ずっと悩まされることになりそうだ。

コスパ的に優秀なのでキーボードとアイドル時の静音性に問題がない人はおすすめしたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です