【初心者向け】アウトドアチェア選び~ネットの人気と乖離している場合があるので注意~

アウトドアチェア購入にあたり久しぶりに実店舗で確認してきたのでチェア選びのポイントときになる部分をまとめてみた。

注意事項

価格や仕様などは2022年8月に確認したもので最新の情報と異なる可能性があります。ご了承ください。

実機チェアを確認

まさに百聞は一見に如かずである。

アウトドアギア取扱店

ひと昔前に比べアウトドアギアの取扱店がかなり増えてきた。地元のスポーツ用品店も気づいたらアウトドアギアが半分以上のスペースを閉めていた。

有名なところだとアルペンアウトドアーズ。コスパ系ブランド以外はほぼそろっているので近くに店舗があれば是非ともチェックしてみたいお店である。

ファミリーキャンプ用テントを探しにアルペンアウトドアーズ (AlpenOutdoors) ららぽーと沼津店に行ってみた

座面高のチェック

チェアを複数そろえる場合座面高や色を合わせると使い勝手がよい。もしチグハグな座面高だとテーブルを共有した時にどちらかが使いにくい高さになってしまうことがあるからだ。詳しくはこちらの座面高についてをチェックしていただきたい。

【初心者向け】アウトドアファニチャーの選び方~高さと色を合わせれば何とかなる~

ここで重要なのはカタログスペック以外の座面間隔である。同じ座面高のチェアであっても沈み込みの有無やリクライニングの角度でかなり使い勝手が変わってくる。コールマンで例を挙げて紹介する。

座面が沈み込まず張りのあるタイプは「コンパクトフォールディングチェア」である。折りたたみ時のサイズは大きい物の左右方向への張りが強く沈み込まないためこの低い座面高からでも容易に立ち上がることができる。なのでちょっとした作業や食事なども違和感なしに使える。リラックスしたい場合は薄手のクッションをかけたりすればいいだろうか。

created by Rinker
コールマン(Coleman)
¥4,971
(2022/11/29 11:04:27時点 Amazon調べ-詳細)

次はちょっと座面が沈み込む「ファンチェア」(写真左)。こちらは収納時に幅方向にも縮むため座面の張りが少なくほんのり沈み込む。収納サイズとシンプルさを考えると中々よいバランスだと筆者は考える。

価格、使い勝手、座り心地、のバランスが良いので筆者はこちらを一脚購入した。収納サイズが大きいデメリットはあるが車に積んでおいてサッと使える感じが気に入っている。

created by Rinker
コールマン(Coleman)
¥2,500
(2022/11/29 11:04:27時点 Amazon調べ-詳細)

沈み込む系筆頭は「ヒーリングチェア」。座面シートがヘリノックスのワンチェアなどのコンパクトチェアに近いがフレームがしっかりしており安定感がある。お尻部分がぐっとおくにはり沈み込む感じ。座面の張りはほとんどない。

created by Rinker
コールマン(Coleman)
¥3,029
(2022/11/30 00:06:13時点 Amazon調べ-詳細)

Point

座面の張りや沈み込みはカタログスペックだけでは確認できないので可能な限り実機でか確認したい。

安定感のチェック

この安定感はコンパクトさや重量とトレードオフになってしまうので何とも言えないがチェックしておきたい。基本的にコンパクトタイプのチェア(ヘリノックスのチェアワンタイプ)でなければどのチェアもそこまで安定感は悪くないと思う。個人的にコールマンのファンチェアなどは大きさの割に安定感があり高評価。フレーム組み立て式のコンパクト系は総じて安定感がなく座っていて落ち着かない。この辺は収納サイズとのバランスを考えて選びたいところ。

Point

座ったときの安定感もカタログスペックだけでは確認できない。

人気チェアの相性

ネットで人気のあるコールマンの「インフィニティチェア」。カラーリングやデザインが良くかっこいいと思うのだが座り心地が良いとは思えない。あと収納時サイズが大きすぎてアウトドアように運搬できるのかも疑問。正直なんでこのチェアが人気なのかさっぱりわからない。筆者は慎重160cmと男性としては小柄で適正身長ではないのかもしれないが座っていてまったくリラックスできない。気持ち悪い浮遊感がありとてもじゃないが長時間は耐えられない。

created by Rinker
コールマン(Coleman)
¥11,850
(2022/11/29 11:04:28時点 Amazon調べ-詳細)

Point

大人気チェアも人によっては相性が最悪な場合もある。

座面のふち問題

最後に筆者が一番きになったのがこれ。チェアに座ったときにひざ裏に座面が食い込み違和感があるタイプ。これはお尻がギュット沈むチェアに多くある。実はコールマンのヒーリングチェアの座り心地が良く購入しようと思ったのだがこれが原因で購入を見送った。調べてみると他にもこの違和感を感じている人がおり筆者だけの偶然ではなさそう。人によってはクッションを挟んでこの違和感を緩和しているケースもあった。

この違和感はコールマンのヒーリングチェア特有の物かと思ったらそうでも無かった。ニトリのバタフライチェアも構造的にはヒーリングチェアと同じ。クッション性はことなるものの座面がぐっと沈み込むタイプ。こちらのチェアもヒーリングチェア同様にひざ裏に違和感を感じる。筆者の足が短すぎるのが原因かもしれないが小柄な女性などはおなじような現象になりそうなきもする。

まとめ

色々試してみたが個人的にはコールマンの「ファンチェア」が良かった。収納サイズはやや大きいものの座り心地や安定感は見た目以上に良い。コスパを考えるとバランスもいいのではないだろうか。焚き火対応ではないものの川遊びなどで水着で座っても乾きやすく利用シーンも広い。ただカラーバリエーションが少ないのが難点。前年はかわいい「キャンプマップ」柄があったので買い逃したのを後悔している。座面が低く子供も使いやすいのでファミリーキャンプにも。

created by Rinker
コールマン(Coleman)
¥2,500
(2022/11/29 11:04:27時点 Amazon調べ-詳細)

ポイント
  • カタログスペックだけではほとんどわからない
  • ネットの人気だけを信じるのは危険
  • 座面の深いチェアはひざ裏に違和感がでる可能性あり

筆者とインフィニティチェアとの相性がびっくりするくらい悪かったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。入力した「コメント」、「名前」、「サイト」は一般公開されます。匿名の場合は「名前」にニックネームを使用してください。