アルファードのエンジンがかからない~原因はバッテリー上がり、超お得にカーバッテリーを交換する~

先日いきなりアルファードのエンジンがかからなくなってしまった。故障したかと心配したがただのバッテリー上がりであった。スタートボタンをおすと「カカカカカッ」とセルモーターが悲鳴を上げる。今までバッテリー上がりなどほとんど経験していないのでちょっと驚いた。パワースライドドアなど装備している最近の車は消費電力が多くバッテリーの負荷が大きいのだろうか。この時は近くの車に救助してもらったので助かった。悪いことは言わないのでブスターケーブルは必ず車に積んでおこう。

バッテリーは調べたところネット購入の方がかなり安いということを確認。実際にみると3倍近く違った。慌ててディーラーに持ち込まなくてよかった。交換は工具など必要になるためカーショップに依頼。なんと工賃はたったの500円。安すぎて申し訳ないのでカー用品を購入。DIYもできそうだがバッテリーの処分にも困るのでショップ交換が無難だろう。

注意事項

価格や仕様などは2021年1月に確認したもので最新の情報と異なる可能性があります。ご了承ください。

留意事項

取り付け車種はトヨタ アルファード 30系 前期型 Xグレード ガソリン車 8人乗りである。ハイブリットやアイドリングストップ付きはバッテリーや工賃が異なるので注意していただきたい。

アルファードのエンジンがかからない

子供と日曜日に公園に遊びに行った帰りに突然アルファードのエンジンがかからなくなった。故障したのだろうか。

スタートを押すとカカカカッ!!

エンジンのスタートボタンを押すと「カカカカッ!!」とエンジン内から音が鳴りエンジンがかからない。突然エンジンがかからない故障なのか?セルモーターは回っているようだがダメ。

パワースライドドアが開かない

スライドドアが力なくぐわんぐわんと途中までドアが開いて止まってしまった。それ以降パワースライドドアが開かない。

原因はバッテリーか

さすがにパワースライドドアが開かないことで気づく。「バッテリーが上がったかも・・・」

Point

アルファードのエンジンがかからない場合はバッテリー上がりの可能性が高い。

ブースターケーブルは必須

いつバッテリーがあがるかわからないのでブースターケーブルは準備しておいた方がいい。ケーブルがあれば近くの車にお願いして自分で何とかすることができる。ネットなら100Aのケーブルが1,000円台で購入することができる。

バッテリーを交換

ネットで購入しカーショップに持ち込みで交換してもらう。

コスパで交換

今まで面倒でバッテリー交換をしたことがない。ハイエースは6年以上バッテリー交換なしで問題なかった。消費電力の多いアルファードはバッテリーに優しくなかったのだろうか。20年ぶりのバッテリー交換でどうしていいのかわからない。とりあえずネットで調査。

ネットで購入

調べてみるとディーラーやカーショップで交換すると33,000円前後。何とか安く交換できないか調べてみるとネット通販で安く買えることを確認。例えば34,000円のバッテリーがネットだと12,000円。交換さえできればネットで買った方が圧倒的にお得。

DIYでのバッテリー交換

Youtubeを調べるとDIYでのバッテリー交換がいつくも見つかる。気合でDIYしようと思ったが動画を見てあきらめた。

DIYでも問題点
  • 専用の工具が必要になる
  • 廃バッテリーを処理する必要がある
  • 初心者は時間がかかる

カーショップで交換

色々と調べてみるとカーショップで交換してくれることを発見。いくつかのショップに電話問い合わせした。

カーショップA 持ち込み料金3,000円(税別)
カーショップY 持ち込み料金500円(税別)

コロナの影響かどのショップを作業には予約が必要。ショップによってかなり価格が違うので必ず工賃を電話で聞いた方がよい。

Point

工賃は必ず事前に電話確認する。

型番の確認

ボンネットを開けてバッテリーの型番を確認。

ボンネットを開けてホコリを拭き取ると型番が現れた。「55D23L-ME」と記載さている。

引用:国産車(JIS規格)バッテリーの型番の見方|カーエイドストア

型番の見方を調べると「55D23L-ME」の「D23L」の部分を合わせればよい。「55」は性能部分なので高ければ高いでよさそう。

購入

パナソニックのカオス(N-100D23L/C7)を購入。適合バッテリーに「55D23L」が含まれていたので問題ないだろう。性能も100なので今までよりも良くなる。

ズドーン!!15kgあるので気を付けよう。びっくりするくらい重い。

カオスC7は実店舗だと34,000円くらいになる。

交換

電話で予約したカーショップで交換。工賃は500円・・・。30分以上かかる作業で工賃500円は鬼。申し訳ないのでスマホホルダーとサンシェードを購入。

購入したスマホホルダー。

アルファードにスマホ置き場がない~6インチ以上の大型スマホを置くだけホルダーで何とかする~

交換は約30分。店舗でカー用品を見れるので丁度よい時間。

新バッテリー

うぉぉぉなんかカッコよくなった。鮮やかなブルーがパワーアップ感を醸し出す。

この小窓からバッテリーの状態を確認できる。

まとめ

今回のバッテリー上がりは近くにいた人にブースターケーブルを借りて事なきを得た。悪いことは言わないので車にブースターケーブルを積んでおくことを強くおすすめする。ケーブルさえあれば通りがかりの車に救助してもらえる。ネットなら100Aが1,000円程度で買えるのでなければこの機会に準備しておこう。

バッテリーは実店舗とネットでかなりの価格差がある。知らない人は実店舗で3倍近い価格を支払うのだろうか?それともネットで売っているのは実は偽物で直ぐ壊れたりするのだろうか。パナソニック製で型番も同じなのでそんなことはないか。情報を知っている知らないで出費が大きく変わることに違和感を感じる。

ポイント
  • カーバッテリーはネットだと6割以上安い
  • 初心者はDIYでなくショップでの交換がおすすめ
  • ブースターケーブルは準備しておくのが吉

青色がかっこいいわ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。入力した「コメント」、「名前」、「サイト」は一般公開されます。匿名の場合は「名前」にニックネームを使用してください。