YouTubeやブログの本要約は著作権的に大丈夫なのか?~自説の補強に使うならOKだが主従関係が逆転したらアウト~

ここ最近筆者はYouTubeの本要約動画にハマっている。単純作業しているときに2倍速で視聴。多くの中から自分に刺さる書籍を見つけられるし紹介されたテクニックの実践までできてしまう。と、神レベルな動画であるが著作権的にはちょっと怪しい。以前引用について調べたことがあるのだが、引用は自説の補強に使うのが基本である。本要約に自説はほとんどないため主従関係の主がどうしても引用元になってしまう。結局コアなネタ部分を作り出したのは引用元の著者。この本要約動画は著作権的に本当に大丈夫なのだろうか?

注意事項

筆者は法律の専門家ではないため本記事はエンターテイメントとしてお楽しみください。

引用と著作権についてまじめに考えたときの話。

著作権法の引用はどこまで大丈夫なのか参考文献を確認しブログを書くときのポイントをまとめる

著作権法の引用とは

以前ブログをはじめたときに著作権法の引用についてまとめた。その知識から最近よく見かけるYouTubeの本要約はアウトではないとか考えている。引用元の価値を使って再生回数を稼いでおり引用元との主従関係が逆転しているように思える。法律の専門家ではないが条文を見る限り著作権法に違反している気がする。

著作権の引用についてはこちらにまとめたので情報発信している方は参考にしていただきたい。

著作権法の引用はどこまで大丈夫なのか参考文献を確認しブログを書くときのポイントをまとめる

引用元の価値をそのまま利用

筆者が一番気になっているのは本要約動画が引用元の価値をそのまま利用しているとこにある。本要約サイトでは主従関係の主が引用元の出版物にあるため引用の範囲を超えている。

「引用」とは、例えば論文執筆の際、自説を補強するため、他人の論文の一部分をひいてきたりするなどして、自分の著作物の中に他人の著作物を利用することをいいます。
引用:著作物が自由に使える場合は? | 著作権って何? | 著作権Q&A | 公益社団法人著作権情報センター CRIC

紹介した本を読まなくてもポイントがわかってしまう。推理小説で言えば真犯人をばらしているのと同じレベル。

本を読む気がなくなる

胡散臭いインフルエンサーの本でもタイトルにつられ読みたくなってしまうことがしばしばある。このような本は情弱をカモるのがメインで内容が非常に薄い。とは言え非常にためになる内容がたまにある。本の要約動画ではそれらのポイントを「わかりやすく」説明してくれている。内容の薄い書籍の場合要約動画だけで本の内容を十分理解できてしまう。動画を見たあとにその考え方やテクニックを実践することができ、本を購入する必要がないと感じてしまう。無料でビジネス書などのポイントを教えてもらえるので本を買う必要がなくなる。と、ユーザーにこのように思わせる時点で引用の範囲を超えている。

引用元の価値があるから伸びる

本要約動画サイトの成長が著しい。この人気は「要約の品質」、「動画の面白さ」、「内容の面白さ」に支えられている。動画の面白さや要約の品質は要約者の手柄であるが「内容の面白さ」は引用元の手柄である。例えば人気のない本を要約しても再生数が伸びることはない。

逆に引用元が面白くても編集やアレンジがイマイチで伸びない可能性もあるので伸びている動画の編集者はかなりハイレベルだと思う。ネタ選びや要約のアレンジなど「新たな価値」を生み出している可能性さえある。

自説の補強に使われていない

そもそも本の要約に自説が存在するのだろうか?主従関係が明確になっているだろうか?自身の書作物が主体となっているだろうか?

(注5)引用における注意事項
他人の著作物を自分の著作物の中に取り込む場合,すなわち引用を行う場合,一般的には,以下の事項に注意しなければなりません。

(1)他人の著作物を引用する必然性があること。
(2)かぎ括弧をつけるなど,自分の著作物と引用部分とが区別されていること。
(3)自分の著作物と引用する著作物との主従関係が明確であること(自分の著作物が主体)。
(4)出所の明示がなされていること。(第48条)
(参照:最判昭和55年3月28日 「パロディー事件」)

引用:著作物が自由に使える場合 | 文化庁

主は引用元にある

いくら要約に自分の意見を付け加えようが本要約では「主」が「引用元」となる。要約がアウトにならないケースを考えてみる。

自説の補強に使う

例えば朝起きれない人がいくつか本を読みその内容を実践して紹介する。これは自身の体験がメインであり書籍は自説の補強として扱われる。論文などは引用文献が多いほど価値が上がると言われる。これは自説を補強するために参考文献をどれだけ調べたかがわかるからだ。本要約動画のようにひとつの本に焦点を当ててしまうと主体が引用元となってしまう。難しい経済学とかの本をわかりやすく解説するならいいが、内容の薄いビジネス書を面白おかしく編集しただけでは主体性は生まれない。

他説のポイントをまとめただけ

ひとつの本を要約して紹介する場合は自説がはっきりしない。引用の量を減らし自説を多くするとユーザーのニーズにマッチしなくなるので本要約動画として人気はでない。本の内容をストレートに使えてくれるからこそ本要約動画に価値があるのだ。

本要約動画がおもしろい

本要約動画は著作権的にアウトに近いと筆者は考えるが正直面白いので見ている。

内容の薄い本を確認できる

胡散臭いインフルエンサーの本の要約を見ると「やっぱ内容薄いし、毎回同じことしか言ってないよなぁ~」となる。内容の薄い本は本要約動画で事前に確認することができる。

胡散臭いインフルエンサー書籍の特徴
  • 内容が薄い
  • 毎回同じ内容
  • たまにためになる

本要約動画のおかげで気になっていたこれらの本に目を通す必要がなくなる。

無料でテクニックを実践できる

本要約動画では書籍内のテクニックをわかりやすく紹介してくれている。ポイントも厳選されていてとてもわかりやすい。筆者は要約動画を参考に専門家が考えたテクニックを実践。本を読まなくても十分に効果があり助かっている。

読書の時間を削減できる

YouTubeだと2倍速で再生できるので時短可能。頭を使わない単純作業をしているときは本要約動画を2倍速で再生。書籍の面白いアイディアやテクニックがあればその都度メモして参考にしている。読みたかった本のポイントが確認できて非常に助かる。

普通に面白い

編集もまとめ方も上手いので本要約動画は普通に面白い。出版社がこういった本要約動画を出して販促したらいんじゃないだろうか。

BANの可能性

著作権に絡んだYouTubeのBANをいくつか見たことがある。著作権元からYouTubeに違反申請されると引用の範囲を超えていなくてもBANされる可能性が高い。Googleでは規約の線引きがあいまいなのでどこまで本当かわからいがちょっと怖い話である。個人的には本要約動画はいつBANになってもおかしくないと思う。

まとめ

本要約動画のクオリティーが高くすっかりファンになってしまったが著作権的にはアウトに近い気がしている。引用元の価値をダイレクトに使っているとこや引用元を自説の補強に使っていないなど不安要素しかない。掲示板のまとめサイトと違いYouTubeの場合は突然BANされてしまうのでこの先心配である。筆者の本要約サイトの使い方は2つある。ひとつは価値のない本の選別。動画では肝になる部分を紹介しているのでそこに価値がないと判断したらその本や著者をリジェクト。もうひつは書籍に記載されたアイディアやテクニックの実践。動作内で詳しく解説してくれているので本を買わなくても何とかなってしまう。面白いしためになるのでBANされずに長く続いてほしい。

ポイント
  • 本要約動画は主従関係の主が引用元にあり引用の範囲を超えている
  • 本要約動画の引用は自説の補強に使われていない
  • 要約を見たら本を買う必要がなくなった

著作権的にグレーですが本要約動画はおもしろいのでおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です