【製品レビュー】カナル型有線イヤホンSIMGOT EM2~低音のバランスが良くボリューム感とクリア感のある高級イヤホン~

SIMGOT様より商品提供をしていただいたカナル型優先イヤホンEM2をレビューする。視聴コーナーで聞き比べたところ一万円以下のイヤホンと比べると圧倒的に音がよい。遮音性と装着時の安定感もよくこの価格帯のイヤホンとしておすすめできる。音質は少し上の価格帯のイヤホンともいい勝負をしておりコスパ的にも優秀である。

注意事項

仕様などは2019年11月に確認したもので最新の情報と異なる可能性があります。ご了承ください。

注意

本記事の評価は個人的な意見です。使用するデバイスおよび音源によって評価がかわる可能性があります。音質には人の好みがあり聞く人によって評価が変わることがあることをご了承ください。

製品概要

SIMGOTイヤホンの中では一番下の価格帯。位置づけとしては高級イヤホンのエントリーモデルだろうか。

参考 プロのオーディオブランドSIMGOT公式サイト

製品説明

気になるポイントはリケーブルとイヤーフック。リケーブルのためかやや大きく感じる。イヤーフックは想像以上に良かった。

Hi-Res Audio

ハイレゾ認定されており40kHzの超高域まで再生可能。ハイレゾ認定されたからと言って音が良くなるわけではないので筆者は、おまけみたいなものと思っている。一万円超えたらほとんどハイレゾ製品なので高級イヤホンを選ぶ時はあまり気にしなくてもいいかも。

リケーブル

イヤホン本体とケーブルを脱着できるタイプ。リケーブルタイプはなしに比べると多少かさばるが、断線時のケーブル交換やケーブルのグレードアップが可能となる。コネクタは0.78mmの2pin端子。

イヤーフック

柔らかめのイヤーフックタイプ。イヤーフックは好みでなかったが使ってみたら意外によかった。取り付けが面倒だがイヤーフックタイプの方が安定していて遮音性が高い。装着時の安定感はもっと売りにしていいと思う。

クリアボディ

まぁここは好みがわかれるかなと。筆者は音質重視なので見た目は気にしない。ケーブルのゴムもクリアなので少しキラキラしている。

パッケージ

初の高級イヤホンなのでやや緊張した。

外側のフィルムに日本語でスペックが記載されている。

外箱のフィルムをはがした状態。

外箱を外して・・・。

ん?ケーブルがない?

下に入ってました。

保証書のカード。

保証書、説明書、取り付け説明。

高級感あるパッケージなので音質に期待してしまう。

イヤピースが無くて焦ったがケースに収納されていました・・・。

外観

クリアの樹脂と金属でキラキラしている。筆者は音質と装着感重視なので見た目は気にしない。クリア樹脂だが荒が無く品質はよい。

イヤホン本体

樹脂部分が透明で中が透けて見える。

金属部分はゴールドとシルバーの配色。

2pinの口。なぜかあさりの味噌汁を思い出した。

2pinの付け根にLとRの刻印があるが小さすぎて見えない。イヤーフックがあるので左右非対称だが毎回どっちかわからなくなる。メーカーによっては色違いのマークを付けているところもある。見栄えの問題があるかもしれないがLRをもう少しわかりやすくしてほしい。デザインに影響がない方法だとRだけ目立たない突起付けるとか?

ケーブル

クリアの銀製編みケーブル。

0.78mmの2pinプラグ。LRの刻印を合わせて取り付ける。

結構キツイのでとれることはなさそう。柔らかいイヤーフックだが使いやすい。装着時の安定感があり遮音性も高く優秀。

ジャックは金属製で高級感がある。やや大きいのでスマホに取り付けるとちょっとかさばる。

分岐部分は外側が金属で内側が樹脂。

分岐部分を調整するリング。ここはちょっと不満あり。緩すぎてリングが固定できない。視聴する時に何回も取り付けたがこのリングが邪魔して大変だった。リングが移動しないようにテープで固定して使いたい。

全体的にキラキラしている。6歳の娘が喜んでくれた。女の子はキラキラが大好きなのだ。

編みケーブルをはじめて使ったが気に入った。この編みケーブルは柔らかく装着時にしっくりくる。固めのストレートケーブルはケーブルの接触でノイズが入ることがあるが柔らかい編みケーブルならそんなこともおきない。ただ、リングが残念。

イヤーピース

イヤーピースは、2パターン3サイズで系6パターン用意されている。Iは半円タイプ。

IIは卵型。

できるだけ遮音性の高いタイプを選びたい。

Iタイプは遮音性が若干弱いか?装着方法と耳の形の問題だろうか。

Iタイプは耳に合わなかった。

IIタイプの方が遮音性が高い気がする。

一通り試してIIタイプの小に決定。面倒だが耳に合うやつを選んだ方がいい。イヤーピースが合わないと音がかなり悪くなる。

IIタイプは一度裏返してから取り付け。

装着完了。聞き比べてみてわかったが遮音性はかなり良い。

ケース

付属の革ケース。デザインは好み。

裏面がこちら。

マグネット固定で使いやすい。

ケースの大きさが絶妙で使いやすい。袋やプラケースより全然いいわ。デザインと使い勝手両方満足てできる。

製品検証

視聴可能な有線カナル型イヤホンと比較した。

音質の評価について

音質についてはいくつかのイヤホンと聞き比べて評価。評価方法や詳細については以下の記事を参照。スマートフォンを使って家電量販店の視聴コナーで確認した。メディアの再生にはAmazonのPrime Musicを使用。

カナル型有線イヤホンのおすすめ~コスパ製品から高音質イヤホンまで聞き比べてみた2~

上位モデルとの比較

価格が倍近く違うに万円以上のモデルは別次元の音質。価格帯が違うため比較対象にはならないかも。

順位 製品名 総合評価*1 コメント
1 JVC HA-FW01 ★★★★★ 価格がかなり違うが参考までに比較。EM2と比べるとクリア感、バランスが優れている。聞いた瞬間ゾクッとするような臨場感もある。
2 final Heaven V aging ★★★★★ 今回視聴した中で一番のお気に入りがこちら。HA-FW01と同様に聞いた瞬間の臨場感に感動した。
3 SONY XBA-N3 ★★★★★ SONYの下位モデルにくらべクリア感が一段階上をいっている。低音の輪郭がよく聞きやすい。
4 SONY XBA-300 ★★★★☆ 非常に良いイヤホンだがXBA-N3と比べると物足りない気がしてしまう。
5 radius HP-TWF00K ★★★★☆ この価格帯においてかなり優秀なイヤホン。EM2と比べると音が自然に聞こえ、音の世界に入り込むような臨場感がある。遮音性もEM2と同じくらい良い。
6 JVC HA-FW03 ★★★★☆ 価格が違うのであれだたEM2と聞き比べた場合に直観的にこちらの方がいいと思った。EM2は音の輪郭がはっきりしていてHA-FW03はまろやかな臨場感がある。ただし、インピーダンスの違いもあるので音量の調整で聞こえたかに変化があるかもしれない。
7 SONY XBA-N1 ★★★★☆ 一万円台のイヤホンと比べると感動するレベルだが、XBA-N3と比べると物足りない。同価格帯だとHP-TWF00Kの方が好み。HA-FW03より下にしたが好みによって評価がわかれるかもしれない。
8 SIMGOT EM2 ★★★★☆ この価格帯で★4評価なのでコスパ的にかなり優秀。やはり、2万円以上の価格帯のイヤホンは音質のレベルが違う。
注意

総合評価は筆者の主観によるものです。イヤホンの音質を保証するものではありません。デバイスや再生するメディアによって評価が変わることがあります。低音の効き具合など好みがあり人により最適なイヤホンが変わります。

下位モデルとの比較

価格が違うので当たり前かもしれないが、視聴した一万円以下のモデルと比べるとEM2の方が圧倒的によい。

順位 製品名 総合評価 コメント
8 SIMGOT EM2 ★★★★☆ 一万円以下のモデルと比べると圧倒的に音が良い。クリア感、低音のバランスが比べ物にならない。
9 JVC HA-FW7 ★★★☆☆ EM2の価格帯に近いモデル。EM2にくらべ若干クリア感が劣る。ただし低音のバランスがEM2と同じくらいよく聞いていて心地よい。インピーダンスの違いなのかEM2にくらべボリューム感に欠ける気がする。総合的にみてEM2が上。
10 final F3100 ★★★☆☆ インピーダンスが42Ωのせいなのか音量が小さめ。イヤホンの装着方法が特殊で耳の奥まで入れ込むタイプ。視聴した時に正しく装着できていない可能性があり良い評価ができなかったかもしれない。機会があれば再度試しもう一度評価したい。
11 SONY h.ear in 2 ★★★☆☆ この価格帯だと全体的にEM2より良いものはなさそう。セリフのリアル感がEM2より劣る。バランスとクリア感は思ったより良い。EM2と比べると低音が少しくもる感じがする。EM2は低音が自然で心地よく聞ける。クリア感はh.ear in 2も負けてない。h.ear in 2は高音が少し前に出てくる感じで、EM2は高音がまろやかに聞こえ心地よい。
12 SONY MDR-XB75AP ★★☆☆☆ 価格帯が違うが一応比較すると、クリア感と低音のバランスがEM2にくらべ見劣りする。MDR-XB75APと比べEM2は高音と低音がボーカルの邪魔をしないので自然に聞ける。
13 SONY MDR-EX255 ★★☆☆☆ 価格が違い過ぎるので比較しない。
14 SONY MDR-XB55 ★★☆☆☆
15 SONY MDR-EX155 ★★☆☆☆
16 YSKJ ★★☆☆☆
17 ダイソー ★☆☆☆☆

まとめ

近い価格帯のイヤホンが視聴できなかったため競合と比べることはできなかった。チャンスがあれば実売価格が同じタイプで比較し追記したいと思う。一万円以上の高級イヤホンを今回試したが、一万円以下のモデルからすると別次元の音質で感動した。五千円以下のイヤホンからステップアップしたい場合はEM2の価格帯がおすすめ。

音質以外のEM2推し部分をみっつ紹介しておく。ひとつめはケーブルの柔らかさ。YSKJは硬いケーブルでノイズがひどかったので柔らかいケーブルは接触時のノイズが少なくよい。ふたつめはイヤーフック。これがあることで装着時の安定感がかなり良くなる。装着が若干面倒だが耳から外れる気配がほとんどない安定感は高評価。みっつ目は革ケース。デザインが良く絶妙な大きさで使い勝手がいい。マグネット固定なのもグッド。

ポイント
  • 超高級イヤホンに行く前のステップとしてEM2はおすすめ
  • 一万円以下モデルにくらべるとEM2は段違いに音が良い
  • イヤーフックや革ケースなど使い勝手も良い

お世辞抜きにこの価格帯ではコスパと音のバランスが良い優秀なイヤホンだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です