激安Microsoft Officeはライセンス違反?

Mirosoft Office

PCの買い替えのタイミングでMicrosft Officeを購入しようと思ったら3万円以上だった。普段は会社がPCにバンドルしたものしか使っていなかったので単体で購入しようと思ったのが今回が初めてである。販売は2ライセンスでの価格だが5万円のPCもあるこのご時世でこの価格とは少し驚いた。


引用:Office Home & Business 2019 を購入 – Microsoft Store ja-JP

*:上記の引用は2019年3月18日時点の情報です。

Microsoft Officeの正規品と非正規品

スーツ

デファクトスタンダードのオフィス製品でPCを使うなら必須の製品と言っていいだろう。それがここまで高いものだとは思わかなった。

Office正規版

Microsoftのサイトで購入すれば正規品が手に入る。販売店によっては若干安くなることもあるが基本的には本家の価格とほとんどかわらないと思った方がいい。買い切りはすべて2ライセンスであるがPCのオプションでバンドルすれば1ライセンスでの購入も可能である。PCの買い替えタイミングで1台だけのライセンスが必要ならバンドルで購入した方がいい。筆者もDELLやHPでパソコンを購入する時はオプションでOfficeを選択している。

参考 Office 365 の購入や家庭向け製品との比較Microsoft

非正規品

詳しくはMicrosoftのサイトにあった。以下の5つのどれかに該当したら非正規品である可能性が高い。微妙にライセンス違反とうたっていないところが気になる。特に法人の場合は非正規品には注意したい。

1 Office Professional Plus を販売している
2 Office Home and Student、Office 365 Home Premium を販売している
3 他国語版を販売している
4 OEM 版、DSP 版と称したエディションを販売している
5 メディアが添付されている
引用:非正規品の Office にご注意ください。- Microsoft Office

上記のものを使うと使用許諾違反になる可能性が非常に高い。

Microsoft Officeの検索結果

パソコン

ECサイトではYahoo!ショッピングに激安Officeが多数あった。Amazonや楽天などは明らかに規制していると思われる。安いものだと千円台からあり正規版との価格差が約18倍以上となる。これで普通に使えるなら正規版を買うのがアホらしくなってくる。それにしても非正規品の販売を規制していないYahoo!ショッピングが気になる。

Googleショッピング

GoogleショッピングでMicrosoft Officeを検索すると激安製品が先頭にでてくる。個人の検索履歴を考慮しないシークレットウインドウでも同じような結果であった。ちなみに楽天や価格.comでこのような激安Officeは出てこなかった。

Mirosoft Office
引用:Google

*:上記の引用は2018年11月14日時点の情報です。

Yahoo!ショッピング

検索の上位にはマイクロソフトが警告する「極端に安い価格」商品がずらりと並んでいる。カートを見る限りかなり売れていそうだ。

Mirosoft Office
引用:Yahoo!ショッピング

*:上記の引用は2018年11月14日時点の情報です。

激安価格の理由

死神

基本はマイクロソフトが言う通りライセンス違反である。リスクがあるが正規品が10倍以上高いので買う人がいるんだろう。会社レベルでライセンス違反をしていると訴えられることがあるようだが個人のライセンス違反はある程度黙認されているのだろうか?インターネットに接続して認証するので使用許諾違反で製品を利用するのは気を付けた方がいい。違反を記録されてしまう可能性もあるので正規品を購入した方がよさそうだ。法人でのライセンス違反は論外である。

Microsoft Office Professional Plusのばら売り

Yahoo!ショッピングで見られるのは企業用ライセンスを不特定多数の個人へのばら売りしている可能性が高い。明らかなライセンス違反だが価格もあってかなり売れているようだ。ショッピングカートの数を見るとYahoo!ショッピングで正規版がまったく売れている気配がない。マイクロソフトのサイトでもProfessional Plusの一般販売は非正規品と警告しているがめちゃくちゃ安いためリスク覚悟で買う人が絶えないのではないだろうか。

この「Microsoft Office Professional Plus」は、ボリュームライセンスと言われるもので、5ライセンス以上を必要とする企業向けに向けて割引で販売されている商品で、一般消費者向けには販売されていません。
引用:Microsoft Office 2016 Professional Plus 1PC マイクロソフト オフィス 2016 日本語対応 ダウンロード版 オンラインインストール

レビューの低評価を見るとこのような書き込みがいくつかあるのでちゃんと確認すれば非正規品ということはわかる。しかし、検索上位の商品タイトルに「正規版」とうたっているものがあり過失で購入してしまう人もいるだろう。正規品の価格を知らずに調べてタイトルに「正規品」と書いてあったら疑いなく買っていまう。

海外の並行輸入品

Office激安サイトなどは海外の安いライセンスを販売している。国外なので国内でのサポートは受けられなくなるようだ。ただこちらも激安である。調べたところ海外ライセンスと思われるものを販売しているサイトがいくつかあった。レビューの評価を見る限り問題なく使えているようだった。前述のばら売りにくらべるとやや価格は高めの設定となっている。

平行輸入品ではアカデミック版も取り扱っているとこが多い。アカデミック版を学生以外やビジネスに使うのはそもそもライセンス違反である。

よくよく考えれば、3,800円で4年もOfficeを使えたので十分にもとはとりました。またあらためて輸入版買えばいいだけだしね!(^^;
引用:MS Office並行輸入品のライセンス認証が出来なくなった件 – がちゃのーと。

正規品の購入

逆にどうすれば正規品を購入することができるのだろか?非正規品を使った場合使用許諾違反になる。個人であったとしても正規品を利用するようにしたい。認証時のアクティベーションで非正規品を使用した記録が残る可能性がため非正規品に手を出すのはおすすめできない。

正規品の購入方法
  • 本家マイクロソフトのサイト
  • 正規の販売代理店
  • PCのバンドル

本家マイクロソフトのサイト

一番確実なのはマイクロソフトの販売サイト。

参考 Microsoft 公式 - 家庭向けおよび一般法人向け Office 製品の比較Microsoft

正規の販売代理店

マイクロソフトの正規の販売代理店でも大丈夫そう。家電量販店はさすがにライセンス違反した商品は扱わないだろう。Amazonもマーケットプレイスを除けば問題なさろう。

日本国内向けのソフトウェアのダウンロードによる販売は 2018 年 5 月現在、アプライド株式会社 、Amazon co.jp (マーケット プレイスを除く)、株式会社エディオン 、上新電機株式会社、株式会社ビックカメラ 、株式会社ベクター 、株式会社ヤマダ電機 、株式会社ユニットコム 、株式会社ヨドバシカメラ 、リコージャパン株式会社 の 9 社と韋駄天 Plus 内の一部販売代理店、Microsoft Store からのみ提供されています。これら正規の販売代理店以外のサイトからソフトウェアをダウンロードして入手することは日本国内向けには認められていません。
引用:非正規品の Office にご注意ください。- Microsoft Office

価格的に見ても正規の販売代理店Amazonなら大丈夫そうだ。

created by Rinker
マイクロソフト
¥29,252 (2019/04/19 00:22:29時点 Amazon調べ-詳細)

PCのバンドル

筆者はほとんどこのパターンである。大手のPCメーカーでライセンス違反しているとは考えにくいのでこれは問題ないだろう。

まとめ

植物

激安のMicrosoft Officeは基本的にライセンス違反である。Yahoo!ショッピングの売れ方を見ると購入している人がかなりいるように思える。正規品とうたって販売しているのでライセンス違反と気づかずに購入する人もいるだろう。

価格が安いとはいえ特に法人でのライセンス違反は絶対に避ける。個人と違い訴えられる可能性が高いので注意。筆者の経験だと大企業はコンプライアンスを重視しているのでライセンス違反にとても厳しかった。専用の部門などもあり教育も徹底して行われていた。中小企業はそこまでコストをかけられないと思うがリスクが高いので怪しい製品の利用は気を付けた方がいい。

激安Microsoft Officeとは
  • 極端に安い価格はライセンス違反の非正規品である
  • 激安Officeは企業向けライセンスを個人にばら売りしている
  • 価格は正規品の十分の1以下

消費者の立場からするとマイクロソフトにはライセンス違反をきちんと取り締まって製品価格を下げてほしい。アクティベーションが必要なのでシステム的にチェックできると思うのだがキリがないんだろうか?

現状は知らない人は約三万円以上の正規品を買って知っている人は千円程度の非正規品を使うことになる。Yahoo!ショッピングのカートの状況を見ると正規品を買っている人はかなり少ないようだ。ライセンス違反なので大きな声では言えないがかなりの数の人が非正規品を使っているんだろう。

Amazonや楽天では販売の規制があるのかMicrosoft Officeの非正規品と思われるような極端に安い製品の取り扱いは無かった。Yahoo!は検索上位に非正規品がでてくるがあまり気にしていないのだろうか。Googleの検索でもライセンス違反の可能性が高いオフィスが上位に表示される。

個人的にはOfficeを高額で販売するMicrosoftにも問題があると思う。イラスト用のニッチなソフトなら専門職用として高額でも納得がいくが誰もが使う表計算ソフトがこの価格というのはどうなんだろう。

非正規品が多く流通するのは価格に納得していない人が多いからではないだろうか?マイクロソフトはオフィスソフト市場の独占をいいことにかなり高額な価格を設定しているように思える。これだけ一般的な製品になっているので個人利用ではもう少し安くできないのだろうか?それとも非正規版を取り締まらないのがマイクロソフトの救済措置なのか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です