USB HDMI変換アダプターでディスプレイ出力できない

液タブを購入したのでどうしても3画面で作業がしたい。しかしノートPCのHDMI端子はひとつだけ。ここで必要になるのが「USB HDMI変換アダプター」である。これはUSBポートからモニター出力できるすぐれもの。USB端子さえあれば簡単にモニターをふやすことができる。しかもUSB3.0以上であればFULLHDにも対応。これでマルチディスプレイ化できると思ったのだが、ニケ月にわたりドはまりしてしまう。

HDMI変換アダプターを使ってもモニターが検出されない

三画面のマルチディスプレイ化するためにUSB HDMI変換アダプターをAmazonで購入。心配なのでレビュー等を確認し一番大丈夫そうな製品を選んだ。

筆者のPC環境はこちら。今回USBの仕様でひともんちゃくあった。ちなみに「USB 3.0」と「USB 3.1 Gen1」は呼び名が違うだけでまったく同じもの。この呼び名もUSBの仕様を混乱させる一つの原因になっている。

OS Windows 10 Home バージョン:1803
USB USB 3.0(USB 3.1 Gen1)のType AとC

筆者のメインPCの詳細はこちら。

ノートPCレビュー HP Pavilion 15-cs0000~お手頃ハイスペックPCを紹介~

1. USB3.0 Type A HDMI変換アダプター購入(1回目)

まず初めに購入したのがこれ。

パッケージは袋でクッション付きの封筒で送られてきた。かなり雑な梱包だが安いのでそこは気にしていない。

色々を製品を比較していると気づくが販売店は違ってもほとんど同じ製品。サイズや重さなど微妙に違うが外観がまったく同じ。しかもドライバーのダウンロードサイトまで同じなので外観に多少の差異があったとしても中身は一緒と思っていいだろう。

引用:http://www.wopow.us/download/

Amazonで見ると外観もドライバーもまったく一緒で中身が同じ製品である可能性が高い。どれも中身が一緒なのでどれかひとつでもレビュー評価が低かったら危ないと思った方がいい。

結果を言うと「ディスプレイ検出されず」使えなかった。ドライバーは自動インストールで正常終了している。確認のため自動インストールしたドライバーを削除しネットから最新をもってくるもダメ。再起動やケーブルの抜き差しを10回くらい繰り返したがモニターを検出しない。仕方なく古いWindows8で検証したら4回めくらいの再起動で一瞬モニターを検出したがそれ以降映らなくなった。

Amazonのレビューを読んでいれば気づくと思うがこの手の安価な中華パーツは初期不良がかなり多い。純正に比べるとあり得ない安さなので仕方ないと思うが常にハズレを引く可能性がある。今回筆者もハズレを引いた。

とりあえず販売店に状況を伝えてみるとすぐに返品手続きされた。初期不良が日常茶飯事なのか質問の回答が返品手続きの案内だった。返品できることに安心したが今考えると問題について説明が欲しかった。ちょっと不満。

安価なPCパーツは初期不良が多いので問題があったらすぐに販売店に質問する。難しくないので返品手続きについては以下を参考にしてください。

Amazon返品マニュアル~初期不良のPCパーツや家電などを送料無料で返品する~

2. USB 3.0 Type C HDMI変換ハブ購入(2回目)

たまたまPCにUSB Type Cポートがついていたので今度はHDMI付きのUSBハブを購入。ハブ機能もあり易くてお得なのでこっちを選んだ。しかし、ここでType Cに手を出したのが大きな間違い。

給電、とUSB Type Aポートがついて千円ちょいと激安。レビューの評価もそこそこ良い。これも前の製品と一緒で中身が同じ製品を複数の販売店が取り扱っている。値段が違うので間違って高いやつを買わないように注意したい。おすすめ一覧から外観をチェックすれば同じものが必ずみつかる。

レビューを見るとMACユーザーが多いようだった。MACは積極的にType Cを採用しているのでWindowsユーザーより多いようだ。しかもMACの場合インターフェースがType Cしかない場合もあり機器の拡張にはハブが必須となる。商品ページにはWindows10もサポートしていたので迷わず購入。

ドライバーを入れてHDMIを接続・・・。「ノーシグナル」・・・また初期不良?焦らずに検証を続ける。どうやらハブのUSB Type Aポートは生きているようだった。HDDやUSBメモリは認識されアクセスもできた。なぜかHDMIだけが認識しない。

初期不良かどうかもわからないので状況を販売店に問い合わせると、またも返品手続きの案内が。不具合質問の回答が返品手続きになるパターンが多いようだ。それだけ初期不良が多いんだろうか。

3. USB 3.0 Type C HDMI変換ハブ購入(3回目)

もう、これ以上ミスはできない。今度は価格は少し高くてもレビュー評価の高い製品を選んだ。

他製品と違いパッケージがしっかりしている。かなり期待できる。

値段は3倍以上だがレビュー評価高いのでこれならなんとかなるだろう。と思ったが同じ症状でUSBは認識するがHDMIだけが認識しない。モニターにはノーシグナルのメッセージ。

さすがにここで気づく。USB Type Cの落とし穴に・・・。

ふない「ここまで来ると初期不良の可能性が低い、USBの仕様に問題があるんじゃないか?」

レビューを見るとMACユーザーは高評価。HDMIがつながらないなんて話はない。Windows10でも使えましたってのもいくつかあった。

USBの仕様を調べてみると「オルタネートモード」なるものを見つけた。Type Cの規格はいくつかあって「オルタネートモード」に対応したポートでないとディスプレイ接続ができないようだった。どうやらMACのType Cポートは「オルタネートモード」に対応しているよう。レビューで使えたと報告のあったWindows機は「オルタネートモード」に対応した「Thunderbolt 3」ポートであった。

これで納得がいった。なんでMACユーザーが多いのかわかった。動作しているWindows機も「Thunderbolt 3」だった。思い出してみると筆者のマシンのType CポートはThunderbolt 3ではないので「オルタネートモード」が無い可能性が高い。

4. HPに問い合わせ

買って間もないPCなのでメーカーに問い合わせる。

HP「はい、こちらカスタマーセンターです。」

ふない「USB HDMI変換が上手くいかないのですが。」

HP「技術担当におつなぎします。」

HP技術担当「ジョウキョウをクワシク教えてください。」

ふない「USB HDMI変換が上手くいかないのですが。」

ここで、今までの経緯と試した内容をすべて説明した。対応したのは中国人女性の方で日本語はカタコトだが誠意をもって対応してもらった。

HP技術担当「イマ、詳しい担当がいないので後日連絡します。」

ふない「はいよろしくお願いします。」

翌日。

HP技術担当「調べましたがUSB Type CでHDMI出力することはできないカノウセイが高いです。Type Aなら少し可能性があります。」

ふない「どうすればいいですか?」

HP技術担当「パソコンを家電量販店に持ち込んでアダプターを検証してください。それしか方法はありません。」

ふない「はぁ、このType Cポートオルタネートモード対応していないんでしょうか?」

HP技術担当「オル、タネ、ト、どうも?」

ふない「ディスプレイ出力で必要になるオルタネートモードです。」

HP技術担当「ちょっと、タントウに確認します。」

今回の問題のキモは「オルタネートモード」と「Thunderbolt 3」だと思うがその話が一切出なかった。Type Cのオルタネートモードについてもよくわかっていないようだった。

HP技術担当「HDMI出力はできません。家電量販店で検証をお願いします。」

ふない「わ、わかりました。対応ありがとうごさいます。」

最後技術担当は「キレ」気味だった。いやなんか怒ってた。あまり釈然としない回答であるが、Type Aならイケるとヒントをもらえたのはよかった。

5. USB3.0 Type A HDMI変換アダプター購入(4回目)

USB Type Aならオルタネートモードも関係ないのでイケるはず。もう、こうなったら高くてもいいやと老舗メーカーを確認。

created by Rinker
アイ・オー・データ
¥6,401 (2019/03/25 07:25:11時点 Amazon調べ-詳細)

しかし、仕様を確認してみるとwindows 10のバージョン1709以降は動作保証外でバージョン1803では動作しなかったようだ。筆者のマシンはすでにバージョン1803なのでアウト。最新のバージョンをサポートしないとかこのメーカー大丈夫なんだろうか。

今度こそ失敗しないようにとUSB Type A HDMI変換アダプターのレビューを血眼でチェックする。どれも評価が悪くどれを選んでいいかわからない。そのなかで悪い評判が少ないものを見つけた。

心配だったので販売店に動作するか確認したら「返品できるので大丈夫ですよ」との回答。レビューでもWindow10で動いた実績があったので思い切って購入した。

結果大成功!!ようやくトリプルディスプレイを実現できた。当初はPCを買い替えようかくらい悩んだが解決できてよかった。動作中若干熱くなるが今のところ問題なく使えている。これで耐久性さえよければ「当たりPCパーツ」に認定したい。

仕様がわかりにくいと評判のUSB Type C。今回がっつりハマってしまいました。

USBの仕様に注意

諸悪の根源は「USB 3.1 Gen1 Type C」ポート。Type Cであってもディスプレイ出力などのオルタネート機能があるやつと無いやつがある。ただしThunderbolt 3であればディスプレイ出力に対応している。Thunderbolt 3以外のType Cの場合どの機能があるかわからないのでかなり厄介。今回筆者のPCはType Cだがディスプレイ出力に対応していなかった。

USB Type Cハブのほとんどがオルタネート機能を必要としている可能性が高い。Thunderbolt 3以外のType CポートでHDMI変換する場合には気を付けた方がよさそうだ。

USB HDMI変換アダプターでディスプレイ出力できない原因
  • 製品の初期不良
  • ドライバーが対応していない
  • オルタネートモード機能が実装されていない

製品の初期不良

Amazonで売られている安価な製品は非常に初期不良が多い。レビューを見ればわかると思うが2割くらいの確率でハズレを引く製品もある。動かなかったり問題があったらすぐに出品者に連絡する。返品の期限もあるので製品が手元に届いたらまず動作確認。問題があればまよわず返品する。

Amazon返品マニュアル~初期不良のPCパーツや家電などを送料無料で返品する~

筆者は安いPCパーツは初期不良ありきで購入している。届いたらすぐに動作確認して少しでも問題があればすぐに販売元に連絡。ほとんどの業者が親切に対応してくれるのでやらない方が損する。Amazonのレビューで泣き寝入りしている人をたまに見かけるが当たりハズレがある製品は面倒だが当たりが来るまで引き続けないといけない。この品質の不安定さが安さのヒミツである。

ドライバーが対応していない

サービスの悪い製品だとありえる。できるだけレビューで同じ条件のユーザーが動作していることを確認した方がよい。新しいPCであれば製品の発売日なども注意したい。

レビューが少なかったり、古い製品はちょっと怖くて買えない。価格が高いと品質が比例しているわけではないのでレビュー評価の内容などを精査すると危ない製品は高い確率で回避できる。

オルタネートモード機能が実装されていない

今回の一番の問題点。USB Type Cにはオルタネートモードと呼ばれる機能がありこれでディスプレイ出力などができる。Type Cだからといってオルタネートモードがかならず実装されているわけではないので注意したい。ほとんどのType Cハブがオルタネートモードを必須としているので筆者のPCのようにオルタネートモードのないType Cにはハブの全機能が使えない。

USBポートがThunderbolt 3の場合はオルタネートモードに対応しているので問題なくハブが使える。

まとめ

3回も製品を返品したが最終的にマルチディスプレイで3画面化できてよかった。Thunderbolt 3以外のType Cポートは必要性をまったく感じない。HPさんはなんでType Aにしてくれなかったのだろうか?オルタネートモードを実装してないType Cなんて混乱するだけでまったく意味がないと思うんだけど。

Point

USB Type C HDMI変換アダプターから出力する場合は出力側がディスプレイ出力に対応している必要がある。USBポートがThunderbolt 3であれば問題なくHDMIでモニター出力できるが、それ以外の場合はType Cポートがディスプレイ出力に対応しているか確認する必要がある。USB Type A HDMI変換アダプターの場合は、USB3.0(USB 3.1 Gen1)に対応していれば出力できる。

Thunderbolt 3以外のType Cポートを使っている人はハブのUSB以外の機能が使えない可能性があるので注意してください。

USB3.0 Type A HDMI変換アダプターのおすすめはこれ!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です