破損したハンガーを補修~欠損部分をグルーガンで造形して何とかする~

ハンガーが壊れてしまったのでグルーガンを使って補修した。破損した部分がなくなってしまったためグルーを使って造形。なくなった部分をグルーで作るのだが思ったより簡単であった。グルーは接着だけでなく造形もできる便利アイテム。コスパも良いので使わないてはない。

注意事項

グルーをカッターナイフでカットする場合は怪我にご注意ください。

厚みのあるグルーをカットするときは力が入るので怪我しないので注意してほしい。筆者は不注意で今回親指をパックリ切ってしまった。

ハンガーが破損

子供用のハンガーが破損してしまった。

created by Rinker
赤ん坊カンパニー
¥1,848 (2021/06/20 12:18:06時点 Amazon調べ-詳細)

破損個所の確認

クリップ式のハンガーの先端部分が破損してしまった。

欠損部分が紛失

破損した部分のパーツは紛失してしまった。先端が5ミリ以上足りないので何かで足さなくてはならない。

使用する道具

グルーガンと紙やすりは必須。マスキングテープの代わりにセロハンテープを使ってもよい。

使用する道具
  • グルーガン
  • マスキングテープ
  • カッターナイフ
  • 紙やすり(#400)

グルーガン

100円ショップのグルーガン。価格は200円。使い買ってはそれほど良くないが200円なら文句はない。

マスキングテープ

無ければセロハンテープやガムテープなどでも可。個人的にマスキングテープをおすすめする。マスキングテープの方が型を作りやすい。

カッターナイフ

補修部分が小さい場合は小型刃タイプの方がいいだろう。

オルファオートロック式カッターナイフ

カッターナイフについてはこちら。

オルファカッターナイフ本体のおすすめ~種類が多すぎてどれを選んでいいかわからない~

替え刃は黒刃がおすすめ。

オルファ折る刃式カッターナイフ替刃のおすすめ~種類が多すぎてどれを選んでいいかわからない~

紙やすり

番手は#400を使用。接着力を高めるために#240~#800あたりが無難。

補修手順

マスキングテープを使って型を作りグルーで造形する。

ポイント
  1. 補修方法の検討
  2. 下地処理
  3. 型の作成
  4. グルーの充填
  5. 不足部分の補強
  6. 仕上げ

1. 補修方法の検討

先端部分が欠けているのでつぎ足す必要がある。失った部分をグルーで造形する。今回は接着ではなく不足部分をグルーで作成。グルーは硬化すればある程度の強度があるためパーツを補うために使える。

2. 下地処理

マスキングテープを使って開いた状態で固定。

補修部分よりも少し広い部分をサンディングする。

内側も漏れなく下地処理する。

3. 型の作成

グルーを流し込む型を作成。垂れるグルーを受け止めるだけなのでざっくりでよい。

この型だと元の形にはならないがあとで直すからざっくりで問題なし。

4. グルーの充填

気泡が入らないように型にグルーを充填。後でカットするので少し多めに。

グルーが硬化したらマスキングテープをはがす。

グルーの量が少なかった。何度かグルーをつぎ足す必要あり。

5. 不足部分の補強

グルーとハンガーのつなぎ目に隙間があるのでグルーを追加。

先端が足りないのでマスキングテープしてグルーを再度充填。

これで破損した部分をグルーで補えた。

6. 仕上げ

カッターとヤスリで形を整えて完了。

見栄えはイマイチだが元通りになった。

まとめ

グルーを使ってハンガーの欠損部分を作ることができた。グルーは思いのほか強度があるので色々なことに使える。マスキングテープで簡単なな型を作ることで造形をすることも可能。グルーがあれば欠損部分を作れるので利用シーンは広がる。

ポイント
  • マスキングテープで簡易的な型が作れる
  • 破損した部分をグルーで補える
  • グルーを使って造形もできる

グルーは思ったより強度があり色々な用途で使えそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。入力した「コメント」、「名前」、「サイト」は一般公開されます。匿名の場合は「名前」にニックネームを使用してください。