深層水ミュージアム~焼津市にある無料の深層水啓蒙施設で海洋生物の展示もある~

静岡県焼津市にある海洋深層水の啓蒙施設で海洋生物の展示があり小さな水族館としてたのしめる。無料の施設で気軽に利用でき子守のお散歩コースにちょうどよさそう。お土産コーナーもあるので観光で立ち寄ってもいいだろう。

注意事項

最新の情報は公式ページにてご確認ください。

深層水ミュージアム

深層水の情報発信や啓蒙のためにある施設で小さな水族館もある。

公式サイト

静岡県の焼津市が運営。

参考 深層水ミュージアム焼津市

地図

焼津市の海沿いにある。

ポイント

深層水の啓蒙施設で海洋生物の展示がちょっとだけある。

海洋深層水

深海にある海水なのだが高栄養性でキレイらしい。しかも石油と違い常に生成され続けているので枯渇しないのだとか。健康食品関係に使ったらかなり儲かりそうな気がするな。

海洋深層水とは、一般的には水深200~300mよりも深いところにある海水のことを指します。太陽の光が届かないため植物プランクトンによる光合成がほとんど行われておらず、浅いところの海水と混ざることがないので、表層水とは違う特性をもっています。日本一深い駿河湾は、最深部が2500mに達します。ここには起源の違う3種類の海洋深層水が存在しています。静岡県では焼津市焼津新港内に取水施設を整備し、水深397mから、黒潮系の海洋深層水を取水しています。海洋深層水は気候変動や人の活動の影響をほとんど受けないため、常に一定の水質を保っています。また、海洋深層水は常に再生産されているため、化石燃料のように枯渇するおそれはないといわれています。

~中略~

水深200~300m以深の海水は、太陽光が届かないため植物プランクトンが増殖できず、表層の海水にはない、高栄養性、清浄性、低温安定性という3つの特徴を持っています。

引用:静岡県/駿河湾深層水の有効利用

深層水について学べる

海洋深層水についての情報が展示されており色々と学べる。

生物の展示

水族館とまではいかないが魚や海の生き物が展示してある。筆者のおすすめはグソクムシでひじょうにカワイイ。

正面から見るとエイリアンかスターウォーズのキャラにしか見えない。

魚なのか生き物なのかすらわからない。

高級食材のアカザエビ。

剥製

Youtuberがたべそうなやつを見つけた。

まとめ

こどもが魚やエビをみて喜ぶので何度か立ち寄った。水槽がちょこっとしかないがなぜかこどもが喜んでいる。子守でちょっと時間を使いたい場合は使えると思う。深層水は色々な可能性がありそうなのでもう少し盛り上がってほしい。

ポイント
  • 海洋深層水について学べる施設
  • かわいらしい海洋生物が展示されている
  • 深層水を使ったビジネスは可能性がありそう

お散歩でちょっと立ち寄るような感じでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。入力した「コメント」、「名前」、「サイト」は一般公開されます。匿名の場合は「名前」にニックネームを使用してください。