優秀な社員は独立した方がいいのか~バランスよく能力が高い社員がお金を稼ぎたいなら独立の一択である~

大企業で出世しても良いところ年収一千万円くらいがいいところ。優秀な社員は独立して青天井の給与体系に移行した方がお得なのではないだろうか。筆者の考えでは目的が会社の外にあるなら独立すればいいし社内でも達成できるならそのままでもいいと思う。収入やお金を稼ぐことを目的にするなら独立以外の選択肢が無いし大きな仕事をしたいだけなら大企業に残ればいい。ただ、会社の中に設定するゴールは卑近で目的と呼べるものではないと筆者は考える。

注意事項

本稿は筆者の体験に基づいた個人的な意見です。

優秀な社員の独立

沢山のお金が欲しくて能力があるなら独立はメリットしかない。

バランスの良い能力があれば独立可能

別の記事でも紹介したが仕事の能力はみっつ。この三つを持った人であれば独立が可能と筆者は考える。特にビジネス力と言われる会社、社会、市場、世界を俯瞰し全体を見通してロジカルに物事を考える能力は重要。技術力や営業力だけがあっても独立して成功するとは思えない。とにかくバランスよく高い能力を兼ね備えていることが重要。

人による生産性の違い~個人プレーでもチームプレーでも人によって大きな生産性の違いがある~
ポイント
  • 個人的に成果を出す能力
  • 組織として成果を出す能力
  • ビジネスとして成果を出す能力

ちなみに筆者は技術力特化型で組織力やビジネス力が弱く独立に向いていないと言える。

日本では中途採用の敷居が高い

大きな企業になると基本的に中途採用はとらない。よほど優秀な人であったりコネが無ければ基本的に無理。以前記事にもしたが転職サイトなどを使ってのステップアップは正直厳しいと思う。

ビルの窓転職サイトでキャリアアップはできない~うざいアフィリエイトはもういい~

なので一度大企業を退職してしまうとランクが下の企業に就職するか独立するかの二択になってしまう。下請けに就職したら仕事の裁量と給与が減りメリットが無い。そうなると独立かベンチャーのようなチャレンジしかなくなってくる。青天井の給与とは言え安定感なしのこの選択が簡単にできる人はいないだろう。

会社員でお金持ちになるのは論理的に不可能

お金持ちになりたい場合どんだけ会社で出世しても一千万円がいいところ。論理的に考えて特別な理由なく会社員として働くことでお金持ちになるのは不可能。世の中は会社の愚痴を言い出来ればお金持ちになりたいと思い何も行動しない人が多いのではないだろうか。筆者はこれは幻想ではないかと思っている。大きなリスクを取らず始められるビジネスは多くなってきているのでエネルギーのある20代から40代までの20年間チャレンジしたら成功する人は多いのではないだろうか。生活費の維持があり簡単に起業に何度もチャレンジできるとは限らないが何も考えずに会社員として働くよりも可能性は高いと思う。

独立に対する幻想

世間では起業や自主ビジネスのリスクばかり取りざたされ会社員として時間を搾取されることのリスクについてオオテメディアは取り上げない。これは個人のチャレンジ精神をそぎ落とす今の学校教育や社会に原因があると思う。学校は就職を前提としてシステムであり夢をかなえるための基盤や環境とはなりえない。ただオルタナティブスクールのような個人の可能性を引き出せるような環境はその限りではないと思う。

会社員としてのリスク

学校や会社で教えてくれないのがコレ。会社員は命ともいえる時間を必要以上に搾取される可能性が高い。本来ならば釣りに行ったりキャンプしたりと楽しい人生を過ごせたはずなのにやりたくもない仕事で愚痴をこぼす毎日。時間の切り売りがどれだけのリスクがあるのが学校の先生は教えないし理解もしていない。

学校では教えてくれないこと~就職以外の選択肢とそのリスクを学校では教えてくれない~

学校教育と呪い

HUNTER×HUNTERと呼ばれる漫画(アニメ)をご存じだろうか。以前テレビで連続放送されているのをきっかけにアニメ版でハマってしまい。漫画喫茶で続きを読んでいた。主要な人物の中に「キルア」と呼ばれる青年が出てきくるのだが実は兄によって洗脳(物理的に)されている。これはキルアにとって呪いのようなもので「勝てない的と出会ったら戦わず逃げろ」というもの。普通に考えたら生命本能として当たり前のように思えるが「人の可能性を奪う恐ろしい呪い」だと筆者は考える。

学校(一条校)の教師はイルミ

誤解を恐れずに言えば学校は子供達が失敗を恐れるように徹底的に洗脳する場所だと思う。よく思い出してほしい「お前の夢を応援する!!」なんて先生いなかっただろ。だいたいは進学や就職の話に終始して無難な選択肢を提示するだけ。高学歴から大企業のルートをゴールに設定しているため可能性がどんどん奪われていく。子供達にとって大切な時期に意味のない授業を延々と詰込みイルミのように針を埋め込んでいくのだ。

まとめ

筆者は若いうちにもっとチャレンジしておけばよかったかなと後悔している。プログラムやシステム開発が好きだったので仕事はまったく苦ではなかったが後先を考えるとちょっと戦略的なキャリアプランでは無かったかなと。技術力だけに特化してしまったのでお金儲けに対する感覚が欠如している。若い人は早い段階でビジネスセンスを磨いておいた方がいい。仲間と集まって簡単な副業を計画するとかしてみると、会社員では見えなかった世界が見えてくる。何も考えず会社員をやっていると大切な時間をあっという間に搾取されつくしてしまう。世の中はとても不平等で洗脳に満ち溢れている。学校やテレビの内容がおかしいと気づけた時に我々にに刺さったイルミの針が取れるのかもしれない。

国は国民にバカなままでいてほしい~権力者による搾取について一蹴したドラゴン桜の名言~
ポイント
  • バランスよく能力の高い社員は独立しても成功する
  • 金銭目的なら独立や起業以外に選択肢はない
  • 学校教育はチャレンジさせない精神を植え付けている

時間を搾取され続けるリスクは意外に大きいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。入力した「コメント」、「名前」、「サイト」は一般公開されます。匿名の場合は「名前」にニックネームを使用してください。