Google Keep使い方ガイド【メモ作成編 – 文字列メモ】~思いついたアイディアをメモとしてクラウドに保存~

Google Keepを使った文字列メモの作成方法を紹介する。メモにはタイトルと本文の二種類があり、本文では改行して文字列を入力することができる。タイトルと本文は省略可能なので必要にあわせて入力する。画像などの情報が設定されている場合は、タイトルを本文を省略できる。文字列のメモだけでも十分に活用できるアプリなので気軽に使ってほしい。

注意事項

画面や仕様などは2020年10月に確認したもので最新の情報と異なる可能性があります。ご了承ください。

留意事項

スマホ版のGoogle Keepでは機能の呼び出し方法がPC版と一部異なります。本記事ではPC版を使用しているため、スマホ版を確認したい方はスマホ版の画面構成を参考にしてください。スマホ版も基本的に同じ機能を有しているので呼び出し方法さえわかれば本記事の説明でも問題なく使えると思います。

Google Keep使い方ガイド【画面構成編 – スマホ版】~いつでもどこでもメモできるスマホ版~

Google公式のヘルプはこちら。

参考 ヘルプGoogle Keep

Google Keepとは

Google Keepとはクラウド上にデータを管理するメモ帳アプリである。

思いついたらすぐにメモ。指定した場所や時間でリマインダーを表示できます。外出先でも音声メモで記録すれば自動的に文字に変換されます。ポスター、領収書、文書の写真を撮っておけば、後で簡単に整理、検索できます。Google Keep なら、簡単にアイデアをメモすることも、リストを作成することもできます。また、そのメモを友だちや家族と共有することも可能です。

引用:Google Keep – メモとリスト – Google Play のアプリ

クラウドによる連携

メモのデータはクラウド上に管理されるのでPCやスマホと連携できる。

メモに設定できる情報

メモには文字列以外に画像や音声メモなどを設定することができる。

必要なアカウント

Keepを利用するためにはGoogleアカウントが必要である。Googleアカウントの作成方法についてはこちら。

Googleアカウント作成手順~複数アカウントを利用シーンに合わせて活用する~

関連記事

Google Keepの概要を基本的に使い方について解説。まずはここを参照してほしい。

Google Keep使い方ガイド【基本編】~スマホとパソコンでメモを共有できる便利でシンプルなのメモ帳アプリ~

PC版の画面構成にはこちら。

Google Keep使い方ガイド【画面構成編 – PC版】~広い作業エリアでメモを整理できるパソコン版~

スマホ版の画面構成はこちら。

Google Keep使い方ガイド【画面構成編 – スマホ版】~いつでもどこでもメモできるスマホ版~

メモのタイトル

メモの内容にはタイトルと本文の二種類の文字列を設定できる。タイトルは一行、本文は複数行の文字を入力することができる。タイトルは省略可能で本文だけのメモを作ることも可能。

本章の目次
  • メモの作成
  • タイトルの変更
  • タイトルの省略

メモの作成

タイトル付きメモの作成方法について説明する。

ホーム画面の「メモの入力…」をクリック。

入力フィールドが表示される。

タイトルと本文を入力して「閉じる」をクリック。

メインウインドウに作成したメモが表示される。タイトルはメモの上部に表示され本文とフォントサイズが異なる。

Tips

スマホ版でメモを新規作成するには画面右下にあるカラフルなプライスアイコンをタップする。

タイトルの変更

タイトルの変更方法について説明する。

作成済みメモのタイトルを変更する。変更したいメモをクリック。

メモ編集画面が表示される。

タイトルを変更して閉じるをクリック。

変更した内容が反映される。

Tips

スマホ版には閉じるボタンがないので変更が完了したら左上の矢印アイコンをクリックして編集を完了する。

タイトルの省略

タイトルを省略した場合の動作について説明する。

タイトルは省略可能で本文だけのメモが作成できる。

タイトルを省略したメモ。メモと本文の両方を省略すると保存されない。ただし、メモにリマインダーなどが設定されている場合はタイトルと本文の両方を省略できる。

メモの本文

本文では改行を含めて文字を入力することができる。

本章の目次
  • メモの作成
  • 本文の変更
  • 本文の省略

メモの作成

本文を入力したメモの作成方法について説明する。

メインウインドウの「メモを入力…」をクリック。

入力フィールドが表示される。

本文を入力し閉じるをクリック。

メインウインドウに作成したメモが表示される。

本文の変更

基本的な使い方は「タイトルの変更」と同じである。

本文の省略

本文を省略した場合の挙動について説明する。

タイトル同様に本文を省略することができる。タイトルと本文を両方の省略はできない。ただし、メモにリマインダーなどが設定されている場合はタイトルと本文の両方を省略できる。

メモのひな形を作るときなどタイトルだけのメモを作成してもいいだろう。

Memo

作成したメモの内容をすべて削除すると「空のメモ」になる。このような運用はないと思うが参考まで。

まとめ

情報整理の観点からはタイトルと本文の両方を入力した方がいいだろう。例えば買い物リストであれば、何の買い物リストかタイトルに書いておけばよい。仕分けの際ポイントになるのでタイトルと本文はセットで管理しよう。

ポイント
  • メモの文字情報にはタイトルと本文の二種類がある
  • 基本的にタイトルと本文のどちらかを省略できる
  • 画像やリマインダーが設定されているとタイトルと本文を省略できる

スマホを使った取り急ぎの記録であればタイトルと本文だけで問題ないと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です