Google Keep使い方ガイド【メモ操作編 – 更新】~マルチデバイスで同期できない場合は更新する~

更新とはクラウド(サーバー)上のデータと端末のデータを同期させること。複数デバイスで運用している場合最新の情報を取得することができる。ただしPC版もスマホ版もほぼリアルタイムで同期されるため更新機能を使うことは基本的に無いと思う。

注意事項

画面や仕様などは2020年11月に確認したもので最新の情報と異なる可能性があります。ご了承ください。

留意事項

スマホ版のGoogle Keepでは機能の呼び出し方法がPC版と一部異なります。本記事ではPC版を使用しているため、スマホ版を確認したい方はスマホ版の画面構成を参考にしてください。スマホ版も基本的に同じ機能を有しているので呼び出し方法さえわかれば本記事の説明でも問題なく使えると思います。

Google Keep使い方ガイド【基本編 – スマホ版画面構成】~いつでもどこでもメモできるスマホ版~

Google公式のヘルプはこちら。

参考 ヘルプGoogle Keep

GoogleKeepの概要と基本的な使い方についてはこちら。

Google Keep使い方ガイド【基本編 – 概要】~スマホとパソコンでメモを共有できる便利でシンプルなのメモ帳アプリ~

画面構成についてはこちら。

Google Keep使い方ガイド【基本編 – PC版画面構成】~広い作業エリアでメモを整理できるパソコン版~ Google Keep使い方ガイド【基本編 – スマホ版画面構成】~いつでもどこでもメモできるスマホ版~

更新

クラウド上のデータと同期する機能だが使う機会は少ない。

最新の情報に更新する

サーバー(クラウド)の情報を取得し最新の情報を表示する。ツールバーにある丸矢印アイコンをクリック。

アイコンがくるくる回りだし数秒後に画面が更新される。

更新が必要なケース

PC版もスマホ版もほぼリアルタイムで更新されるので更新を使うケースがあるかわからない。筆者は数回だけ複数デバイスでの同期が上手くいかなかったことがある。PC版で登録した買い物リストをスマホ版で確認したら古いままだったとか。これはスマホの通信環境が悪かった可能性がある。基本的に更新を使うケースはないと思う。

更新が必要かもしれない場合
  • 他デバイスの編集が反映されていない時
  • 共同編集者とメモを共有している場合
  • 他デバイスと同時起動している場合

まとめ

今のところほぼリアルタイムで更新されているので「更新機能」が必要なのかわからない。

ポイント
  • 基本的に更新は使わなくても大丈夫
  • マルチデバイスで同期できない場合は更新する
  • 共有メモで上手く同期がとれない場合は更新する

基本的に更新機能を使うケースは無いと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です