Google Keep使い方ガイド【メモ作成編 – リマインダー】~メモにアラームを設定してGoogleカレンダーと連携~

本記事ではGoogle Keepのリマインダー機能について説明する。リマインダーとは設定した時刻にPCやスマホからお知らせを通知する機能である。Google KeepはGoogleカレンダーと連携しておりリマインダー付きメモを作成するとGoogleカレンダー上にも表示される。この連携によってGoogleカレンダー上でスケジュールを包括して管理することができる。

注意事項

画面や仕様などは2020年10月に確認したもので最新の情報と異なる可能性があります。ご了承ください。

留意事項

スマホ版のGoogle Keepでは機能の呼び出し方法がPC版と一部異なります。本記事ではPC版を使用しているため、スマホ版を確認したい方はスマホ版の画面構成を参考にしてください。スマホ版も基本的に同じ機能を有しているので呼び出し方法さえわかれば本記事の説明でも問題なく使えると思います。

Google Keep使い方ガイド【画面構成編 – スマホ版】~いつでもどこでもメモできるスマホ版~

Google公式のヘルプはこちら。

参考 ヘルプGoogle Keep

Google Keepとは

Google Keepとはクラウド上にデータを管理するメモ帳アプリである。

思いついたらすぐにメモ。指定した場所や時間でリマインダーを表示できます。外出先でも音声メモで記録すれば自動的に文字に変換されます。ポスター、領収書、文書の写真を撮っておけば、後で簡単に整理、検索できます。Google Keep なら、簡単にアイデアをメモすることも、リストを作成することもできます。また、そのメモを友だちや家族と共有することも可能です。

引用:Google Keep – メモとリスト – Google Play のアプリ

クラウドによる連携

メモのデータはクラウド上に管理されるのでPCやスマホと連携できる。

メモに設定できる情報

メモには文字列以外に画像や音声メモなどを設定することができる。

必要なアカウント

Keepを利用するためにはGoogleアカウントが必要である。Googleアカウントの作成方法についてはこちら。

Googleアカウント作成手順~複数アカウントを利用シーンに合わせて活用する~

関連記事

Google Keepの概要を基本的に使い方について解説。まずはここを参照してほしい。

Google Keep使い方ガイド【基本編】~スマホとパソコンでメモを共有できる便利でシンプルなのメモ帳アプリ~

PC版の画面構成にはこちら。

Google Keep使い方ガイド【画面構成編 – PC版】~広い作業エリアでメモを整理できるパソコン版~

スマホ版の画面構成はこちら。

Google Keep使い方ガイド【画面構成編 – スマホ版】~いつでもどこでもメモできるスマホ版~

リマインダー

リマインダーとは指定した時刻にメッセージを通知する機能でスマホであれば音やバイブでお知らせがくる。PCの場合は音と画面表示で知らせ。主にスケジュール管理で用いられる。Googleカレンダーとの連携がありスケジュールを包括的に管理することも可能。

本章の目次
  • リマインダー付きメモ作成
  • リマインダーの変更
  • Googleカレンダーで確認

リマインダー付きメモ作成

リマインダー付きのメモ作成方法について説明する。

まずは、メインウインドウの「メモを入力…」をクリック。

入力フィールドが表示される。

タイトルと本文を入力し左にあるベルのアイコンをクリック。リマインダーを設定した場合はタイトルと本文の両方を省略することができる。

Tips

スマホ版のリマインダーアイコンは右上に配置されている。

リマインダーの入力項目が表示される。「今日」、「明日」、「翌週」の内容は環境設定で初期表示の変更が可能。「今日」、「明日」、「翌週」をクリックすると右側に表示された条件でリマインダーが設定される。

任意の日付と時間を指定したい場合は「日付と時間を選択」をクリック。

日付、時刻、繰り返し、の設定が表示される。

右にある下三角をクリックするとそれぞれの値を入力できる。以下はカレンダーによる日付入力。

時刻は午前~夜間を選択するとそのまま時刻が設定される。この値は環境設定で変更可能。任意の時間を入力したい場合は「カスタム」を選択し手入力で時刻を設定する。

以下は繰り返し設定。

カスタムを選択すると詳細設定が可能。機能的にはGoogleカレンダーのリマインダーとほとんど変わらないので、使いやすい方を使えばいい。

繰り替えし設定を入力したら「保存」をクリック。

メモの閉じるをクリック。

作成したリマインダー付きのメモがメインウインドウに表示される。

リマインダーで指定した時刻になるとPCやスマホに通知される。リマインダーを使うなら通知が受け取りやすいスマホ版がおすすめ。

ポイント
  • リマインダーは繰り返しなど細かな設定ができる
  • スマホ版を使えば通知をスマホのアラームで受け取れる
  • メモを共有にしてもリマインダーは他ユーザーに共有されない

リマインダーの変更

リマインダの変更方法について説明する。

メインウインドウで表示されているメモのリマインダー部分をクリックすると編集メニューが表示される。

メモをクリックして入力画面を表示しリマインダーをクリックしても同じように編集画面が表示される。

リマインダーの右端にあるバツをクリックするとリマインダーが削除される。

Googleカレンダーで確認

リマインダーをGoogleカレンダで確認する方法について説明する。

リマインダーを設定したメモはGoogleカレンダーと連携される。右上の弁当メニュー(点が9個あるアイコン)をクリックしGoogleカレンダーを選択。

先ほど作成したリマインダー付きのメモがGoogleカレンダーに追加されている。

クリックするとメモの詳細を確認することができる。

ポイント
  • Google KeepとGoogleカレンダーは連携している
  • リマインダー付きメモはGoogleカレンダーにも表示される
  • リマインダー機能はGoogleカレンダーとほぼ同じ

まとめ

正直リマインダーの使いどころが筆者にはわからない。スマホのアラームの方が使い慣れているせいかGoogle Keepのリマインダーを有効活用できていない。使うとしたらメモ起点のスケジュールが発生したときだろうか。例えば出先で買い物を頼まれて「夜ネットで注文しよう」となったときに、夜10時くらいにリマインダーをセットしておくとか?

Googleカレンダーとの連携を考えるとメモ起点で発生したスケジュールなどは手間なく管理できる。クラウドを使ったGoogleのアプリ連携で包括したスケジュール管理をできるメリットは大きい。連携機能も含め使いこなせれば非常に便利な機能と言える。

ポイント
  • メモにアラームを設定することができる
  • アラームはGoogleカレンダーと連携できる
  • Googleアプリでの包括的なスケジュール管理が可能となる

リマインダー機能はメモ起点のスケジュールが発生したときに有効活用できると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です