ハンディモップ検証~デスクまわりのホコリ掃除にはコスパは悪いがクイックルワイパーがよさそう~

デスクまわりのホコリとりにハンディモップのクイックルワイパーを使っていたがコスパが悪いと思い別のモップをためしたがイマイチ。ホコリの量によっては掃除機と雑巾だけの方がいいかもしれない。

注意事項

価格や仕様などは2020年6月に確認したもので最新の情報と異なる可能性があります。ご了承ください。

ハンディモップの種類

デスクまわりの掃除に活躍している黒のクイックルワイパー。ただ、使い捨てなのでちょっとコスト面が気になる。ささっとハンディは洗って使いまわせる。

クイックルワイパー

ブラックタイプであれば部屋に置いてあっても生活感がでないので良い。この色は非常に良い。

モップのもふもふの部分を付け替えて使う。もふもふは使い捨て。1もふ80円くらい。

黒いのでホコリの取れ高が確認しやすい。黒はいいぞ~。

毛足が短く吸着力も強く非常に使いやすい。

ささっとハンディ

本体価格自体はそこまで変わらないがこちらはもふもふ部分を洗って使いまわせる。

created by Rinker
レック(LEC)
¥398 (2022/05/15 19:06:47時点 Amazon調べ-詳細)

使えないケースが多いので注意事項はか確認しておいた方がいい。

クイックルと違い吸着面は片面のみ。

毛足が長くちょっとつかいづらい。

ホコリ取り検証

ホコリまみれの液タプをハンディモップで検証。平置きなのでホコリがすごいことに・・・。

液晶ディスプレイは垂直なのでそこまでホコリはたまっていない。

舞い散るホコリが確認しやすい日中に実験した。

クイックルワイパーハンディ

まずはクイックルワイパーで。

柄の部分が当たらないように慎重になでる。

ひとなででほとんどのホコリを吸着できた。吸着力があるためホコリが舞い上がることもない。

お次はディスプレイ。こちらもホコリが舞い上がることなく処理できた。

ささっとハンディ

仕様的にパソコン画面はNGだが試してみる。

注意

使用上の注意でテレビやパソコン画面への利用はしないようとなっているためやる場合は自己責任でお願いします。

画面を傷つけないようにやさしくなでる。

吸着面にコシがなくホコリの吸着力も弱い。二、三回なでないとホコリが取り切れない。しかもホコリが舞い上がる。

クイックルワイパーと違い拭き取り切れない部分が出てしまう。

ディスプレイのふきとりでもホコリが舞った。

クイックルワイパーと比べると使い物にならない。ホコリが舞い上がるので逆効果。

コスパで考えるデスクまわりのホコリ掃除

洗って使いまわせるハンディモップが救世主になるかと思ったら甘かった。デスク回りのホコリをどうやったらコスパよく除去できるか考えてみた。

掃除用具 コメント ディスプレイ 防水机 無垢材 埃量大
1 掃除機(ブラシ) 大量のホコリを除去できコスパがよい。ディスプレイなど傷が気になる部分に使うのは無理。 ×
2 濡れぞうきん 濡れても良い場所であればコスパよくホコリを除去できる。細かい部分はモップに負ける。 ×
3 乾燥ぞうきん 濡れ雑巾にくらべほこりの除去率は落ちる。無垢材など水に弱い部分はこの方法しかない。 ×
4 ささっとハンディ デコボコの細かい部分のホコリ取りに向く。 × ×
5 クイックルワイパーハンディ 手軽に使えて少量のホコリとりに便利だがコスパが悪い。 ×

結論を言うとコスパで考えるなら「掃除機と雑巾」で何とかすればよい。予算に余裕があるなら細かい部分に「クイックルワイパー」を使うくらいだろうか。

掃除機(ブラシ)

基本これをメインにした方がいい。掃除機であらかたホコリを取っておかないとモップが直ぐに終わってしまう。さすがにディスプレイは無理なのでそれ以外の部分は掃除機でホコリを極力除去する。まずは掃除機!!

濡れぞうきん

掃除機に続いて使いたいのがこれ。無垢材以外はこれで何とかなる。掃除機やモップと違いほこりが舞い上がらないのが魅力。濡らしてくる手間はあるがコスパがよくおすすめ。

乾燥ぞうきん

濡れてないとホコリが舞い上がるのであまり意味はない。ただ、水拭きできない無垢材はこれを使うしかない。

ささっとハンディ

使いかってがそこまで良くないので乾燥雑巾との違いがわからない。ホコリの吸着力が弱く使った時にホコリが舞い上がるので逆効果な気がする。

クイックルワイパーハンディ

ささっとハンディに比べるとホコリの吸着力が高いが使い捨てなのでコスパがちょっときになる。

まとめ

コスパを考えて洗って繰り返し使える「ささっとハンディ」を使ってみたが結果ダメだった。毛足が長く吸着力が弱いため使えば使うほどホコリが舞い上がってしまう。これだと掃除してるのかホコリをまき散らしているのかわからない。クイックルワイパーはデスクまわりのホコリ掃除には非常に便利だが使い捨てなのでコスパが気になる。コスパ重視であれば掃除機と雑巾でいいと思う。クイックルワイパーを使うにしても掃除機や雑巾と併用した方がよさそう。

ポイント
  • クイックルワイパーはホコリの吸着力が高いがコスパが悪い
  • ささっとはホコリ吸着力が弱く使い物にならない
  • コスパで考えるなら掃除機と雑巾だけでよい

クイックルワイパーは使いやすくていいんですけどね・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。入力した「コメント」、「名前」、「サイト」は一般公開されます。匿名の場合は「名前」にニックネームを使用してください。