自分でスニーカーのかかとを修理(2回目)~Shoe Goo(シューグー)でスピングルムーブを修理~

スピングルムーブ修理

スニーカーのソールを自分で補修する。前回シューズドクターNで補修した部分が剥がれてしまったためシューグー(透明色)を使って再度修理する。かかと修理はこれで3回目となるのでいままでの経験を踏まえ手早く修理する。

状態確認

補修剤(シューズドクターNホワイト)がはがれたあとの状態。

すり減ったスニーカーのかかと

溝に補修剤が少し残っているのがわかる。以前の補修剤は削れて減ってきて最後にははがれてしまった。

修理の流れ

結果的に薄塗を繰り返し完了までに約一週間かかった。

下地処理

まずは前に塗った補修剤を全部はがす。

すり減ったスニーカーのかかと

結構丈夫にくっついているのでマイナスドライバーを使ってゴリゴリはがす。

次にヤスリ掛け。

下地処理

下地処理は重要。ここで手を抜くと補修剤がはがれやすくなってしまう。新しい面が見えるまでがっつり削る。

下地処理完了後がこちら。

下地処理

何やら白い部分まで見えてきて危ない感じである。もう少し早めに修理しておけばよかった。

枠の取り付け

ソールに沿って枠を取り付ける。固定は布テープがおすすめ。

枠の取り付け

補修剤の塗りこみ

気泡ができないように薄く(1~2ミリ)でスポーツグーを塗る。

補修剤を塗る

厚く塗ると気泡ができるか変形してしまうのでとにかく薄く塗る。

乾燥

約6時間経過したのがこちら。

かかとの補修

気泡もほとんどなく。すでに乾燥している。薄く塗った効果がでた。

繰り返し

補修剤を薄く塗るのを繰り返す。今回は合計7回塗った。乾燥時間は約8時間で一週間ほどかかった。

かかとの補修

繰り返し塗り乾燥後

7回繰り返した結果はこちら。

かかとの補修

途中あせって厚塗りしてしまったせいで変形してしまった。

かかとの補修

しかも中には大きな気泡までできていた。

余分な部分の切り取り

余分な部分を切り取る。

かかとの補修

ハサミやカッターも使ったが一番つかいやすかったのが「模型用のニッパー」。やや高価なものでかなり鋭い切れ味!!

かかと面の修理

今度はソール側に枠をつけてかかとに補修剤を塗る。

かかとの補修

前回同様ペットボトルで立てかけて乾燥させる。

かかとの補修

乾燥後がこちら。

かかとの補修

今回は面倒なのでこれで修理を完了とした。やや見栄えが悪いがソールに穴があくよりましだろう。

まとめ

途中欲をだして補修剤の量を増やしたら変形してしまった。次回はできるだけ薄く塗るようにしたい。薄く塗った方が結果的に綺麗に早く仕上がるはずだ。三回目にもかかわらず今回も失敗してしまった。次回の補修は薄塗を徹底し失敗しないようにしたい。

今回の補修でわかったこと
  • 補修剤は少しでも厚塗りすると失敗する。
  • 薄く塗れば乾燥時間がかなり短くなる。
  • 厚塗りすると変形してしまう。

使用した補修剤はこちら。

今回修理したスニーカーはこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です