靴修理まとめ~自分で靴(ブーツ、スニーカー、サンダル)を修理(リペア、補修)~

スポーツグー

まだまだ履けるスニーカーをかかとがすり減っただけで捨てるのはもったいない。かといってお店に修理にだすより新しく買った方が安い。そんなときは補修用ボンドで自分で修理することをおすすめする。補修用ボンドを使った記事をまとめて紹介する。

修理

今のところ修理にスニーカーとサンダルの2つ。スニーカーは2度補修剤を使ったので合計3回修理している。後半になるにつれコツをつかみ要領がだんだん良くなってきた。初めのころは補修剤を厚く塗りすぎて気泡ができてしまい大失敗してしまった。気泡をふさぐのにかなり手間取ってしまい散々であった。

スニーカーのかかと修理

はじめて二回目の修理の割にはうまく補修できた。かかとがそれほど削れていなかったので厚塗りせずに済んだ。

スピングルムーブ修理自分でスニーカーのかかとを修理~シューグー(Shoe Goo)でスピングルムーブを修理~

サンダルのかかと補修

この回ではアクリル絵の具での塗装を試みたが厚塗りしすぎて気泡ができてしまい大失敗してしまった。また、コルク部分の補修でも思い通りに修理できずに苦戦した。

ビルケンシュトック修理自分でサンダルのかかとを修理~Shoe Goo(シューグー)でビルケンシュトック ボストンを修理~

補修4回目

記事にはなっていない補修も含めるとこれで4回目。かなりコツをつかんできたが欲張って厚塗りして気泡と変形に悩まされる結果となる。

スピングルムーブ修理自分でスニーカーのかかとを修理(2回目)~Shoe Goo(シューグー)でスピングルムーブを修理~

検証

シューズドクターN、スポーツグー、シューグー(自然色)の三種類を購入したので、サンプルを作り検証した。

補修剤比較スニーカーの補修剤を比較~スポーツグー、シューグー、シューズドクターN~

まとめ

三足分補修をしてみたがコツをつかめば手軽にできる。あと仕上がりにこだわりすぎるときりがないので注意。特殊な形状なソールは仕上がりが微妙。有色での補修だと気泡が目立たないので綺麗に仕上がる。気に入ったスニーカーのかかとがすり減ってまだ履ける状態なら補修ボンドによる修理をおすすめする。ソール部分はほとんど見えないので延命処置と考えれば見た目もきにならない。簡単な形状で着色もしないのであればほとんど手間もお金もかからないのでおすすめできる。

補修剤を使った靴修理のポイント
  • 補修剤はあくまで応急処置見た目はあまりきにしない方がいい
  • 補修用ボンドを厚く塗ると気泡ができて失敗する
  • 個人的にはスポーツグーがおすすめ
  • かかとのすり減りは補修剤を使って自分で安価に修理できる

筆者おすすめの補修剤はこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です