自分でスニーカーのかかとを修理~シューグー(Shoe Goo)でスピングルムーブを修理~

スピングルムーブ修理

まだまだ履けるスニーカーのかかとがすり減ってしまった。そんな時にかかとを自分で修理する方法を紹介する。

スニーカーの修理

まだまだ履けるスニーカー

スニーカーの寿命はアッパーに穴が開くかソールがすり減るのどちらかと思っていた。しかしアッパーがまだまだ履けるのにかかとだけすり減ってしまうことがよくある。今までそのようになったスニーカーは捨ててしまっていたのだが、スピングルムーブ(SPINGLE MOVE SPM-110 Ivory)は、捨てるのが惜しく困っていた。そんな時ホームセンターで靴の補修剤をみつけたので自分で修理することにした。

すり減ったスニーカーのかかと

歩き方が悪いのか筆者のスニーカーはいつも同じところが早く削れてしまう。すり減った部分の上に付着しているガムのようなものは以前にシューズドクターNという補修剤を使って補修した跡である。今回は別の補修剤で修理しようと思う。両社の違いについては以下の記事を参照していただきたい。

補修剤比較スニーカーの補修剤を比較~スポーツグー、シューグー、シューズドクターN~

4年ほど履いたスニーカーであるがかかと以外は問題ない。スニーカーにしてはお高く消費税込で18,360円。最近では履いている人が増えてきたのでちょっと嫌だったが、まだまだ靴のローテーションとして活躍してもらう。

専門店での修理

ビジネスシューズのかかとは、ミスターミニットで直していた。メニューやホームページにスニーカーの補修についての記事はなかったのでスニーカーの補修はあきらめていた。以下は、ミスターミニットのQAにあった内容。ソールの張替はできそうだが、スニーカーの修理を受け付ける感じではない。基本的にはビジネスシューズメインなのだろう。

Q:
スニーカーの修理はできますか?

A:
靴底がツルツルになってしまった場合は、新しい靴底に張り替えができます。ただし、スニーカーブランドのロゴ・特有の模様・形には対応できません。靴の上部分での、ほつれ、剥がれなどは対応できる部分もございますが、傷みの面積や度合いにより対応できない場合もございます。また、素材により一部修理不可能なスニーカーもございますので詳しくは店頭にてご確認ください。

引用:スニーカーの修理はできますか? | よくあるご質問 | MISTER MINIT

調べてみると他にスニーカーを修理してくれるお店がいくつか存在した。

ショップ名 送料 かかと補修 ソール張替
SNEAKER AT RANDOM 1,500円(往復) 2,500~4,000円 7,000~9,000円
なかじま 740~1540円 1,500~2000円 6,480~20,00円
The shoe of life 不明 2,000~3,000円 7,000~10,000円

修理店でのかかと補修はかかと部分のみソールほ張り替える方法である。補修剤よりかなり綺麗な仕上がりになる。

本家サイトでも修理の受付をしていた。

参考 修理についてSPINGLE COMPANY

上記サイトでは費用の概算はない。修理体験談を見ると送料別で4,000円~6,000円程度。他の修理店に比べ本家の方が若干割高だが、どうせなら本家で直した方が安心できる。

補修剤かソール張替か

修理店での修理内容を見ているとかかと部分のみのソール張替であった。補修剤を使った補修の事例はなかった。

補修方法 メリット デメリット
ソールの張替 補修剤に比べ費用がかかる。 見栄えが良い。
補修剤 安価である。自分でもできる。 見栄えが悪い。

修理店を利用するケースとしては、ブランドの超高額スニーカーの補修など。2万円以内のスニーカーであれば、買い替えを考えた方がよい。スニーカーにも寿命があるので長く履くにしても限界がある。そもそも数十万のスニーカーを買う人なら修理せずに新しいものを購入するだろう。

POINT

修理費を考えるとスニーカーのかかとは自分で直した方がよい

自分で修理する

修理費用が思ったより高く買い替えようか悩んだが自分で直すことにした。

補修剤選び

今回使用したのがSports Goo 透明 100g。シューグーの透明色である。

スポーツグー

シューグーには用途毎いくつかラインナップに分かれている。かかと補修にはシューグーが推奨されている。

補修剤の用途一覧

引用:Shoe Goo – Shoe Gooホームページ

シューグーとスポーツグーの成分が同じなので違いをメーカーに問い合わせしてみたところスポーツグーの方が仕上がりがやや柔らかくなるとの回答であった。ソールにも使えるとのことだったので今回はスポーツグーでかかとを補修する。スポーツグーとシューグーの違いについては以下の記事を参照していただきたい。

補修剤比較スニーカーの補修剤を比較~スポーツグー、シューグー、シューズドクターN~

補修剤のサンプル

ホームセンターにあったサンプルを触ってみたが、どれも硬さの違いは感じられなかった。シューグーは透明色がなく自然色と呼ばれる茶色い透明色になる。見た目でスポーツグーを選択。

補修剤のサンプル

シューグー以外の補修剤との比較。ここでもシューグーとスポーツグーで硬さの違いは感じられなかった。シューズドクターNはこの中で一番柔らかくシューグーシリーズが一番硬かった。

修理の流れ

今回のかかと修理は乾燥期間を含めると約一週間。作業時間は1時間程度。慣れればほとんど時間をかけずにできる。

1.下地処理

靴の汚れを落としたあとに補修部分をヤスリで削る。表目にあら目をつけて接着効果を上げるためである。

下地処理

少し馬鹿にしていた付属のヤスリが使いやすくて驚いた。下地処理を手抜きすると補修剤がはがれてくるので丁寧に処理する。

下地処理後

下処理後がこちら。削れた部分の汚れが見えなくなるまで削った。前回の修理で補修剤がはがれてしまったので今回は慎重に処理した。

POINT
補修剤はがれの原因になるので下地処理は丁寧に

2.枠の取り付け

補修剤がかかとの形になるように枠を取り付ける。今回はシューズドクターNに付属していたプレートを使用。クリアファイルや布テープを使っても同様にできる。気泡の入りが見れるので枠には透明なものを使うとよい。

枠の取り付け

元の斜めにあったかかとを想像し枠を取り付け。今回はスニーカーのかかとが垂直ではなかったので枠の取り付けに少し悩んだ。

3.補修剤を塗る

結果から言うと引け(乾燥後の縮み)が大きく3回に分けて塗った。

補修剤を塗る

今回枠の間に空気が入ってしまった。空気が入らないように塗るときは少量づつ。つまようじなどで隙間に補修剤をねじ込んでいく。粘度が高いためすぐに気泡ができやすい。

POINT
気泡が入らないように少量づつ塗る

4.補修剤をならす

付属の棒で補修剤をならす。付属の棒は使用前に水につけておくことで塗りやすくなる。

補修剤をならす

補修剤の量とならしは仕上げに影響してくるので慎重にやりたい。乾燥後に縮むため数回に塗り分ける。最後の補修剤のならしは仕上がりに影響するのでできるだけ綺麗にならす。

POINT
ならしは仕上がりに大きく影響するので丁寧に

5.乾燥させる

今回は厚塗りしたので48時間以上乾燥させる。今回は時間が取れなかったので三日間放置していた。

以下は硬化時間の目安。

薄く塗った場合 約12時間
少し厚く塗った場合 約24時間
接着の場合 約48時間

時間があるなら余裕をみて乾燥させたい。

6.二度塗り

補修剤が縮んでへこみができていたので再度補修剤を塗る。

補修剤を塗る

結局平らになるために三度塗りした。二度目以降は下地が平らなので塗りやすく作業は短時間で終わる。

乾燥後

三度塗りの硬化後。なんとか平らにすることができた。

7.気泡の修復

今回失敗して枠との間に気泡が入ってしまった。

かかとの気泡

一回で穴が埋まらないので二度塗りすることとなった。

立てかけたスニーカー

縦方向なので靴を立てるためにペットボトルを使用。妻に生け花?と馬鹿にされるがめげずに補修する。

気泡をふさぐ

一回目の乾燥後。へこんでいるので再度補修剤を塗る。

8.カッターで削る

カッターナイフでバリ部分を落とし成型する。

カッターで加工

シューズドクターNを使ったときは柔らかすぎてカッターで加工できなかったが、スポーツグーでは簡単にできた。仕上げ後に修正できるメリットは大きい。

カッターでの加工後がこちら。

加工後

シューズドクターNの場合再度カッターで加工できず困ったが、今回加工できた。

9.ヤスリで仕上げ

最後にヤスリでカッター加工部分を仕上げる。

ヤスリで仕上げ

カッターにつづきヤスリ加工も可能だった。ちなみにシューズドクターNでは柔らかすぎてヤスリで加工することができなかった。

仕上がりがこちら。

仕上がり

欲を言えばもうひと塗りほしかった。若干既存のソールより下がっている気がするが及第点。

補修後の見た目

履いているところを見たらほとんど目立たない。

まとめ

かかと補修をしてみたが意外に簡単であった。見栄えを気にしないのであれば、手軽に補修できる。見栄えを気にしだすと作業がエンドレスになるので注意!!費用があまりかからないので、かかとがすり減って困っている方はぜひチャレンジしていただきたい。

POINT
  • スニーカーのかかとは自分で補修できる
  • 費用は1,000円程度(実質100円程度)
  • お気に入りのスニーカーを長く履ける

スニーカーのかかとは自分で補修できる

面倒かと思っていたが意外に簡単であった。逆に修理するのが楽しかったくらいである。このペースで家にある他の靴も修理したいくらいモチベーションがあがってしまった。愛着あるスニーカーであれば作業もさらに楽しくなる。かかとの壊れがひどくなると補修剤での修理は難しくなるので早めに修理しておけば長く履くことができる。少しのかかと修理であれば補修跡がほとんど目立たない。スニーカーの価格を考えるを補修店に出すのは割に合わないので自分で修理するのが理想的だ。

費用は1,000円程度

補修店に出すと1,500円から4,000円の費用。さらに送料もかかる。補修剤は1,000円程度で購入でき10回くらい使えそうなので一回の修理の材料費は100円程度。これなら修理費がかけられない5,000円程度のスニーカーも修理できる。

お気に入りのスニーカーを長く履ける

安上がりに補修ができるためお気に入りのスニーカーを長く履くことができる。スニーカーの購入価格を考えると買い替えの方がいいかと思ってしまうが、一回の修理にかかる材料費が100円なら躊躇なく修理できる。かかとがすり減ってしまったお気に入りのスニーカーをこの機に復活させてみてはどうだろうか?

スピングルムーブの他にビルケンシュトックの修理も記事にしている。補修剤の比較記事もあるので以下の靴修理まとめ記事も参照していただきたい。

スポーツグー靴修理まとめ~自分で靴(ブーツ、スニーカー、サンダル)を修理(リペア、補修)~

今回修理したスニーカーはこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です