ドコモ回線からahamo(アハモ)へのプラン変更手順~手続きが煩雑だが料金を考えたら無理しても乗り換えておきたい~

格安SIMに乗り換えず放置してきたdocomo回線を新しく出来たdocomoの格安プラン「ahamo」にプラン変更した。同じ回線キャリアなのでSIMの変更は必要なくネットで手続きするだけ。今まで月末になると通信量の制限で苦しんでいたがこれで解消される。今まで通信量が3Gバイトくらいだったので20Gあれば十分だろう。変えない理由がないほどお得なプランであるがネットでしか手続きできない。しかも若干煩雑なのでパソコンが苦手な方は知っている人にお願いしよう。

注意事項

本記事は筆者の備忘録です。参考程度にご使用ください。詳細については公式サイトをご確認ください。

ahamo(アハモ)

ネットでしか手続きできないため高齢者やパソコンが苦手なユーザーが置いてけぼりになる。

※データ移行を含む各種機種操作については、お客様ご自身でのご対応となります。また、サービス内容などのご相談も専用チャットのみとなり、ドコモショップやドコモ インフォメーションセンターでは対応いたしません。

引用:ahamoとドコモの違いを教えてください。 | よくあるご質問 | ahamo

ドコモの新しい料金プラン

筆者は月2Gバイトのプランで月に約8,000円支払っていた。ahamoに変更すれば20Gバイトで月に約3,000円となる。意味がわからない。いままでの料金プランは何だったのだろうか。

メリットデメリット

最大の問題点はドコモショプなどで対面でサポートが受けられないところ。高齢者やパソコンが苦手なユーザーには大問題である。金額面のメリットを考えるとパソコンやこの手の手続きに詳しい人に手伝ってもらってもプラン変更したいところ。

デメリット ・ドコモショップでサポートされない
・手続きがすべてウェブ
・キャリアメールがなくなる
メリット ・安い

プラン変更するべきか

料金を考えたら間違いなくプラン変更するべき。今までが暴利としか思えないレベルである。プラン変更やスマホや携帯の操作がわからない人はわかる人に聞いて対応しよう。

事前確認

dアカウントやネットワーク暗証番号を忘れていたら問い合わせして事前に準備しておこう。

対応機種

非対応の場合は良い機会なので買い替えもいいだろう。

参考 対応端末一覧ahamo

メールアドレス

ahamoにするとキャリアメール(docomo.ne.jpドメインのメール)が使えなくなるので別途メールアドレスを準備。参考までにGmail用のGoogleアカウント作成手順を紹介する。

Googleアカウント作成手順~複数アカウントを利用シーンに合わせて活用する~

dアカウントのIDとパスワード

手続きに必要なので忘れていたら問い合わせて何とかする。

ネットワーク暗証番号

こちらも手続きに必要。忘れていたら問い合わせなどで何とかする。

楽天モバイルと異なりドコモは問い合わせ先が直ぐに見つかった。工数削減で問い合わせ先を隠したい気持ちもわかるが、楽天も見習ってほしい。

参考 お電話窓口のご案内 お客様サポートNTTドコモ

ドコモ回線からahamoへのプラン変更手順

ここで紹介する手順はドコモ回線からahamoへのプラン変更の手順である。端末は購入しない前提で話を進める。

章の目次
  1. ahamoサイトから申し込み
  2. メールアドレスの登録
  3. dポイントの事前手続き
  4. 対応機種確認
  5. 注意事項の確認など
  6. 手続き完了

1. ahamoサイトから申し込み

ahamoのサイトを表示し「申し込み」をクリック。

ahamoはドコモ回線なのでプラン変更の手続きとなる。「料金プラン変更のみ」を選択し「次へ」をクリック。

事前に確認しておいたdアカウントIDでログインする。#dアカウントIDは普段使わないから忘れちゃうんだよな。

パスワードと携帯端末のSMSに届いたセキュリティコードを入力し「ログイン」をクリック。

2. メールアドレスの登録

ahamoではキャリアメールが使えなくなるので事前に準備したメールアドレスを登録する。「今すぐ登録する」をクリック。

こちらも事前に確認したネットワーク暗証番号を入力し「次へ進む」をクリック。

連絡先メールアドレスを選択もしくは入力して「登録する」をクリック。

登録完了画面が表示される。

3. dポイントの事前手続き

ahamoの手続き画面に戻ると次はdポイントの手続き。仕様上ahamoにプラン変更するには「オンライン発行dポイントカード番号」の取得が必要となる。何かよくわからないが多分システム上の都合で必要なのだろう。深く考えず手順通り進める。

下の方にスクロールして「dポンとクラブ手続きへ」をクリック。

番号の発行手順が表示されるのでそれに従い手続きする。

Memo

オンライン発行dポイントカード番号発行の手順はあるのだがどのページから何をやっていいのか全くわからない。筆者はここで少しハマってしまった。dポイントなど全く使ったことがないのでさっぱりわからない。最終的にはスマホのdocomoメニューから似たようなページを探し出して何とか手続きすることができた。普段から手順などの記事を書いている筆者でも少し戸惑ったのでパソコンやこの手の手続きが苦手な方は大変かもしれない。

4. 対応機種確認

オンライン発行dポイントカード番号が発行されるとahamoへのプラン変更が可能となる。ahamoのサイトに戻って手続きを進める。

「ahamo対応機種の確認へ」をクリック。これは記事の冒頭で確認してると思うので問題ないだろう。

チェックを入れて「手続きへ」をクリック。ツイッターで確認したところ非対応機種だと使えなくなることもあるようだった。非対応機種で動作しない場合は対応機種に乗り換えた方がいいだろう。

5. 注意事項の確認など

ここからは注意事項や確認項目の嵐。気合で読み進めよう。

注意事項を確認しながら画面を進める。

先ほど登録したメールアドレスを選択し「次へ進む」をクリック。

注意事項などがあるので内容を確認し同意にチェックを入れる。

「次へ進む」をクリック。

「はい」をクリック。カケホーダイの縛りで解約すると違約金が発生するが月々の料金を考えたら安いものだ。

手続き内容を確認。

「この内容で手続きを完了する」をクリック。

6. 手続き完了

この画面が表示されればプラン変更は完了。お疲れ様です。

まとめ

サクッとプラン変更できるかと思ったらそうでも無かった。ネットワーク暗証番号を忘れてたりとかdポイントの使い方がわからなかったりなどドタバタして1時間ほどかかってしまった。お得な料金プランなのですぐにでも変更したいがパソコンが苦手な方は手続きするの厳しいと思う。パソコン詳しい人ならハマっても1時間あれば手続きできるのでわからない人はわかる人に助けてもらいましょう。dアカウントIDとネットワーク暗証番号さえわかっていれば何とかなると思います。

ポイント
  • ahamoプランは今までのプランに比べ圧倒的に安く乗り換えない理由がない
  • ahamoへの手続きにはdアカウントIDとネットワーク暗証番号が必要となる
  • dポイントの手続きなどもあり予想より手続きが面倒

ahamoへのプラン変更手続きの画面遷移が非常にわかりずらい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。入力した「コメント」、「名前」、「サイト」は一般公開されます。匿名の場合は「名前」にニックネームを使用してください。