ダイソンV8を分解水洗い~モーターヘッドとサイクロン部を分解~

ダイソンの分解清掃もこれで3回目。慣れてきて余裕かましてたら部品を破損してしまった。大事には至らなかったがノーマークの部品だったので驚いた。でも、ちょっと気を付ければ破損はないと思います。できるだけ細かく写真をのせたのでトルクスネジドライバーさえあれば簡単に分解清掃できます。是非チャレンジしてみてください。

注意

取扱説明書に記載されていないレベルの分解を行いますので自己責任でお願いします。一部破損しそうな部品があるので十分注意してください。詳細については記事を参照してください。

Memo

ダイソンの分解にはサイズT8のトルクスネジドライバーが必須です。

別途V7の分解清掃の記事がありますが、V7とV8はほとんど作りが同じため詳しく解説している本記事を参考にしていただいた方がわかりやすいと思います。

ダイソンV7分解清掃ダイソンV7を分解清掃~モーターヘッドとサイクロン部を分解~

まとめ記事はこちらをご参照ください。

ダイソン分解清掃まとめ

全体の流れ

大きく分けると3つで道具の準備、モーターヘッド分解清掃、サイクロン分解清掃。モーターヘッドは慣れても30分以上、サイクロンは60分以上時間がかかるので始める前に注意してほしい。モーターヘッドとサイクロンは独立しているためどちらか片方だけ掃除することもできる。1日で終わらない場合はモーターヘッドとサイクロンを別の日に掃除してもよい。

全体の流れ
  1. 道具の準備
  2. モーターヘッドの分解
  3. モーターヘッドの洗浄
  4. モーターヘッドの組み立て
  5. サイクロンの分解
  6. サイクロンの洗浄
  7. サイクロンの組み立て

1. 道具の準備

今回使用した道具はこちら。

使用した道具
  • 掃除グッズのブラシ
  • 防塵マスク
  • トルクスネジドライバー(必須)
  • プラスドライバー(必須)
  • パネルはがし
  • ウェットティッシュ
  • ペンとメモ用紙

掃除グッズのブラシ

100円ショップで衝動買いしてしまった。古い歯ブラシと適当なスポンジで十分です。

年末の大掃除にも活躍してもらう予定。

今回のMVPはこの2個。毛の長いブラシと硬めのスポンジ棒。ブラシは使わなくなった歯ブラシで十分代用できます。スポンジは食器洗い用の硬い方を使えばOK。このスポンジは細かいところを責めるのに以外に活躍してくれた。

防塵マスク

作業中のホコリは粒子が細かくかなり「ヤバイ」です。筆者は防塵マスクのあまりがあったので使っていますが、普通のマスクでも十分だと思います。マスク無しはやめた方がいいですよ。

トルクスネジドライバー(必須)

これがないと始まらないトルクスネジドライバー。サイズはT8。100円ショップにもあるらしいが今だ発見できていない。ネットかホームセンターで買った方がいいです。

こいつがコンパクトで中々便利。使用する時の組み立てが若干面倒ですが活躍しています。使用頻度が少ない人はこれがおすすめ。

プラスドライバー

モーターヘッドの一か所だけプラスドライバーを使っているので必須です。精密ドライバーセットがあれば問題ないですがトルクスネジドライバーだけだと分解できません。

パネルはがし

サイクロン部のメッシュ部分を取り外す時に使用します。ただ、V8はメッシュ部分をひねるとツメが外れたので必要ないかも。もしひねって取れない場合はパネルはがしもしくは代用品がないと無理。代用品は竹串や厚紙があればなんとかできます。

時間のある方はハーゲンダッツのスプーンでチャレンジ!!

スプーンノートPCの分解などで使うパネルはがしを自作する~ハーゲンダッツのスプーンで代用~

ウェットティッシュ

雑巾でもいいですが無いとヤバいっす。

ペンとメモ用紙

これはネジの管理に使います。初回はどのネジかわからなくなって手間取ったので二回目から場所ごとに管理。ペンでパーツの絵を描いて外したネジを置いていきます。あと番号もつけておくとわかりやすい。

分解した逆の順序でネジを使えばOK。

2. モーターヘッドの分解

今回一部部品を破壊してしまった。完全にノーマークの部品だったのでかなり焦った。

数カ月でかなり汚れが溜まっている。子供がいると汚れるスピードがハンパない。

ローラーの取り外し

通常メンテナンスコースでローラーを取り外します。

モーターヘッド裏面のネジをコインで回します。

ネジ穴が縦になればロック解除。

カバーを真上にスライドさせます。

カバーと一緒にブラシを引き抜きます。

細い方のブラシは持ち上げるだけで取り外し可能。

ここまでが通常メンテ。

サイドパネル取り外し

モーターヘッドの反対側のパネルを取り外します。

まずは小ローラーの付け根のネジ。こいつだけなぜかプラスドライバー。

なんか向きを忘れそうで怖い。

次に太いブラシの付け根にあるネジを取り外す。ここから全部T8サイズのトルクスネジドライバーを使用。

このネジを外すとサイドカバーがパかっと外れる。

吸引口の取り外し

次に吸引口を取り外します。

左側の配線の間にあるネジ。

反対側も。

裏面にある四か所のネジを外す。

ネジの長さが違うのでどこのネジかわかるように管理します。

ずべてのネジを外したら吸入口パーツを真上に持ち上げる。ここは壊れそうな感じはしないのでグニグニすればすっぽり外れます。

思いっきり洗いたいやつがようやく分離できました。

吸入口の分解

はい、汚れの塊を分解します。

裏側にある二か所のネジを外す。

反対側も。

はい分解ですがここで注意。まったくノーマークのパーツが壊れたので驚きました。

注意

今回筆者ははめ込み時に以下の部分を破壊してしましました。取り外し時も壊れる可能性があるため十分に注意してください。

これでモーターヘッドの分解は完了。

モーターヘッドの分解が完了したので次に外したパーツを水洗いします。

3. モーターヘッドの洗浄

以前はウェットティッシュでしたが今回からは丸洗い。

100円ショップのお掃除グッズがここで大活躍。このスポンジ棒がいい仕事してくれました。

Point

水につけて洗うと落としたホコリが再度付着してしまいます。洗うときは流水で洗うことをおすすめします。

一番洗いたいのがこの隙間!!

あぁめっちゃスッキリしたわ。

モーターヘッドの本体部分は配線があるのでウェットティッシュで汚れをふき取ります。

透明カバーの汚れが目立つのでここは丁寧にお掃除。

ノズル部分もかなり汚れていました。

モーターとカバーの間も。

これで清掃は完了。水洗いしたパーツの水気をふき取り乾かします。ちゃんと乾かさないとカビるので注意。

モーターヘッドのブラシは想像以上に汚れているので洗剤で入念に洗った方がよい。ただしブラシなかなか乾かないので時間の余裕をみて洗おう。

4. モーターヘッドの組み立て

洗浄したモーターヘッドを組み立てます。

吸入口の組み立て

破損したパーツは一応接着剤で応急処置。固定される部分なので折れていてもさほど影響はなさそう。

この部分がもろいので折らないように注意ですよ。

以下のパーツを組み立てます。

ゆっくりと差し込んで最後に以下のツメ部分をはめ込む。

注意

ツメを無理やり押し込むと破損するのでメス部分を少し手で持ち上げてはめ込む。

左右に箇所をネジ止め。

外した順番にはめていけばOK。

吸入口の取り付け

モーターヘッド本体に吸入口を取り付けます。

ちょっとはめにくいですが、ぐにゅぐにゅしているとパチッとはまります。

注意

位置が少しでもずれているとはまりません。簡単にはまるので無理やりやらないように。

裏面の4本のネジを取り付ける。

ネジ山を舐めないようにほどほどにしめる。

右側のネジを取り付け。

はい、ネジネジします。

左側配線のある方のネジを止める。

順番はどうでもいいんでネジを全部止めると。

配線を傷つけないように。

サイドパネル取り付け

サイドパネルを取り付けます。

パチッと奥まではめ込む。

モーター側のネジを取り付ける。

斜めになっていてネジを舐めやすいので注意してください。

次にローラー部分を取り付け。

はめる順番はリングの次にグレーの部品。

グレーの部品をはめて。

プラスドライバーでネジネジ。

ローラーの取り付け

はじめに細いローラーを取り付ける。

まぁのっけるだけ。

次に太いローラー。

内側の溝を確認しながらはめる。

カバーをスライドさせて。

ピッタリはまったらOK。

最後にコインでネジをまわして。

モーターヘッド組立完了。

はい、お疲れさまでした。サイクロンより疲労感は少ないかな?続いてサイクロンにいきましょう!!

5. サイクロンの分解

モーターヘッドよりこっちの方がしんどいです。

サイクロン分離

ゴミをすてたらサイクロン部分を取り外します。

本体側の赤いボタンを押してサイクロンを上に引き抜きます。

通常メンテの範囲なのでここまでは問題ないかな。

フタの分解

ダストボックスのフタを分解します。

注意

ふたの取り外しは部品が壊れる可能性があります。心配な方はフタの分解はやめましょう。フタを外さなくてもパッキンは取り外し可能です。

Pont

ふたの分解は二回目なのでコツがわかってきました。左右のツメがしなるので片側だけでなく両側のツメを内側に押し込むを外れやすいです。具体的にはマイナスドライバーで取り外す方のツメの根本を内側に押し込み、反対側のツメはフタを外側に押し込む。これで両側のツメが内側にしなるので外れます。強引にねじったら普通に折れる気がします。今のところマイナスドライバーでツメの押し込むのが最善の方法。

フタを外さなくてもパッキンが外せるが外した方が掃除は楽。

ゴムパッキンはひっぱるだけで簡単に外れます。上下で形が違うので向きは覚えておかなくても大丈夫。

フィルターの取り外し

引き抜くだけなので問題ないかな。

スライドバーの取り外し

スライドバーを分解します。

ネジは四か所。ネジはメモ用紙でわかるように管理しましょう。

サイクロン部は全部トルクスネジ。

ゴム部分が少しひっかかりますが簡単に外せます。

メッシュ部分取り外し

金属のメッシュ部分を取り外します。V8の場合は以下のように左に回転させるとツメがはずれるようです。前回外した影響でツメがよわくなっているかもしれません。硬い場合はパネル外しをつかってください。

Point

硬くて外れない場合はパネルはずしなどを使用します。手順は思いっきり引っ張って少しの隙間を作りそこにパネル外しを差し込むを繰り返します。パネル外しが無い場合は厚紙なのでもOKです。

はじめは死ぬほど硬かったが今回はすんなり外れた。

サイクロン筒の取り外し

筒状の部品を取り外します。トルクスネジを全部外す。

ホコリすごいんで注意してください。

サイクロン突起取り外し

こいつはネジなしなので引っ張れば簡単にはずれます。ホコリがすごいので一度ウェットティッシュなどで拭いた方がいいです。

掃除機を使いたいタイミング・・・。

サイクロンコアの分解

更に分解してきます。

奥の方にあるトルクスネジをすべて取り外します。

ほとんど見えないのでネジを舐めないように注意。

スライドバー部分のネジ2本を取り外す。

ネジは外した場所がわかるように管理。

サイクロンについているパッキンを取り外す。

赤パッキン部分から分離。

吸引口を取り外し。

外装取り外し。

チューブっぽいやつを分解。

赤色のパッキンを取り外し。

内側にあるパッキンを外します。

これで分解は完了です。筆者はこのあと組み立て方を忘れひどい目にあいました。

6. サイクロンの洗浄

ざっくり水洗い。

Point

付け洗いすると他のパーツのホコリが付着します。パーツごとに流水で洗った方がいいです。パーツをぜんぶ水に付け込んだら綺麗だったパーツがホコリまみれになってしまいました。

ここでもお掃除グッズが活躍。

パーツが複雑な形状なのでここではブラシが大活躍。

ダストボックスは洗えないのでウェットティッシュで。

思う存分綺麗にしたらパーツの水気をふき取り乾燥させます。サイクロン部分は密閉されるのでなからず乾燥させてください。

7. サイクロンの組み立て

ここからサイクロン部分を組み立てていきます。

黒いパッキンをはめます。

裏表は関係なさそうだが癖がついているので元の位置がわかる。

赤いパッキンをはめる。

これも癖がついているので元の向きがわかる。

トゲトゲ部品をはめる。位置が合っていないとはまらないので無理しないでください。

位置があっていれば無理なくはまります。

外装の取り付け。

外した順番通りに組み立てる。

吸引口の取り付け。

位置があっていればピッタリはまる。

サイクロン部をドッキング。

位置があっていないと隙間ができます。位置があっていると赤パッキンがピッチリ隙間なしにはまります。隙間がある場合はグニグニして位置を調整してみてください。

サイクロンのゴムパッキンを装着。

吸入口の二か所のトルクスネジをはめる。

はめる前に赤パッキンに隙間がないか確認。

四本のトルクスネジで奥深いとこをやります。

場所が悪いのでやりにくい。

適当にやってたらネジをすこし舐めてしまった。

サイクロン突起取り付け

突起状の部品を取り付けます。

こいつは位置があっていないとキッチリはまらないので無理せず位置を確認しながらはめる。

サイクロン筒の取り付け

筒状の部品を取り付けます。

ここはすんなりくっつきます。

5本のネジで固定。

ここまでくればもうすくゴール。

メッシュ部分取り付け

写真だとスライドバーがついていますが本当はメッシュパーツ先です。

位置を合わせて押し込めばパチッと気持ちよくはまります。外すとき大変だけどはめるのは超簡単。

スライドバー取り付け

最後にスライドバーを取り付け。

4本のトルクスネジで固定。

はめるときにゴムパッキンがじゃまではめにくいが押し込めばなんとかなる。キッチリはまったのを確認してからネジをする。

フィルターの取り付け

はめるだけ。フィルターも汚れているのでちゃんと洗っておく。

フタの取り付け

ダストボックスのフタを取り付けます。

まずはゴムパッキン。上下があるので向きを確認してから取り付ける。

先に止めにくい狭い方からはめる。

このパッキンは隙間なくはまるのでグニグニして隙間をなくす。

最後にすべての隙間がないことを確認。

はいーっ、超難関。フタ取り付け。

普通に入れようとすると無理そう。

つめをマイナスドライバーで押し込みながらはめる。

かなり硬いので無理そうならこの分解はあきらめた方がいい。

サイクロン取り付け

本体にサイクロンを取り付けて完了。

これでサイクロン組立完了。

お疲れさまでした。これでおしまい。

まとめ

3回目なのでかなり分解と組立のスピードが上がってきた。ただこれ以上早くならないきもするので3回やったらエキスパート認定します。今回予想外の破損があったのでダストボックスがイクんじゃないかと思う。ふたの取り外し取り付けはあり得ないくらい硬いのでむりそうならやらない方がいいです。

3回目のダイソン分解感想
  • ダストボックスのフタはいつやっても壊れそうで怖い
  • モーターヘッドの破損は予想外で驚いた
  • パーツがピカピカになるとやっぱ気持ちいい

やっぱ分解清掃は男のロマンだね。←夜中にやっててうるさいって妻にすごい怒られた。

今回分解清掃したダイソンV8はこちら。

created by Rinker
Dyson(ダイソン)
¥41,950 (2019/10/19 13:20:06時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です