Google Keep使い方ガイド【メモ作成編 – ラベル】~メモが増えてきたらラベルを使ってカテゴリごとに仕分け~

本記事ではラベル機能について説明する。メモにラベルを付けることにより特定のメモをまとめて抽出することができる。メモの数が少ないうちはほとんど使う必要はないが多くなってきたときに効果を発揮。買い物リストやToDoリストの棚卸するときにも便利に使える。メモの数が増えてきたらラベルを導入して効率的にメモを管理しよう。

注意事項

画面や仕様などは2020年10月に確認したもので最新の情報と異なる可能性があります。ご了承ください。

留意事項

スマホ版のGoogle Keepでは機能の呼び出し方法がPC版と一部異なります。本記事ではPC版を使用しているため、スマホ版を確認したい方はスマホ版の画面構成を参考にしてください。スマホ版も基本的に同じ機能を有しているので呼び出し方法さえわかれば本記事の説明でも問題なく使えると思います。

Google Keep使い方ガイド【画面構成編 – スマホ版】~いつでもどこでもメモできるスマホ版~

Google公式のヘルプはこちら。

参考 ヘルプGoogle Keep

Google Keepとは

Google Keepとはクラウド上にデータを管理するメモ帳アプリである。

思いついたらすぐにメモ。指定した場所や時間でリマインダーを表示できます。外出先でも音声メモで記録すれば自動的に文字に変換されます。ポスター、領収書、文書の写真を撮っておけば、後で簡単に整理、検索できます。Google Keep なら、簡単にアイデアをメモすることも、リストを作成することもできます。また、そのメモを友だちや家族と共有することも可能です。

引用:Google Keep – メモとリスト – Google Play のアプリ

クラウドによる連携

メモのデータはクラウド上に管理されるのでPCやスマホと連携できる。

メモに設定できる情報

メモには文字列以外に画像や音声メモなどを設定することができる。

必要なアカウント

Keepを利用するためにはGoogleアカウントが必要である。Googleアカウントの作成方法についてはこちら。

Googleアカウント作成手順~複数アカウントを利用シーンに合わせて活用する~

関連記事

Google Keepの概要を基本的に使い方について解説。まずはここを参照してほしい。

Google Keep使い方ガイド【基本編】~スマホとパソコンでメモを共有できる便利でシンプルなのメモ帳アプリ~

PC版の画面構成にはこちら。

Google Keep使い方ガイド【画面構成編 – PC版】~広い作業エリアでメモを整理できるパソコン版~

スマホ版の画面構成はこちら。

Google Keep使い方ガイド【画面構成編 – スマホ版】~いつでもどこでもメモできるスマホ版~

ラベル

メモにラベルと付けることによって簡単に仕分けができる。

章の目次
  • ラベル付きメモ作成
  • ラベルの変更
  • ラベルを使ったメモの抽出

ラベル付きメモ作成

ラベル付きメモの作成方法について説明する。

メモを作成しケバブメニューを開き「ラベルの追加」をクリック。

Tips

スマホ版は右下のケバブメニューの中にある「ラベル」をタップする。

ラベルは作成済のものがリスト表示される。既存のラベルを設定する場合はラベルをチェック。新規にラベルを作成し設定する場合は「ラベル名を入力」部分に追加するラベル名を入力する。

作成するラベル名を入力して「・・・を作成」をクリック。

ラベルが新規に作成されメモに設定される。作成済ラベルを使うならチェックを入れるだけでよい。ラベル選択画面から戻るには画面の他部分を適当にクリック。画面に「閉じる」ボタンがないのでちょっと戸惑うかもしれない。

メモにラベルが設定される。閉じるをクリックして作成完了。

ラベル付きのメモがメインウインドウに表示される。

Tips

ラベル機能は個人で管理するためのものであり共有の対象ではない。

共有メモにラベルを設定しても他ユーザーにラベルが共有されることはない。

上記のメモと同じものであるが他ユーザーのラベルが異なっている。

ラベルの変更

ラベルの変更方法を説明する。

メインウインドウから変更したいメモのケバブメニューを選択しメニューから「ラベルを変更」をクリック。

メモ編集画面からケバブメニューのラベル変更でも同じ動作となる。

ラベルを外したい場合はチェックを外し、ラベルを追加したい場合はチェックを入れる。ラベルは複数追加することができる。

ラベルを使ったメモの抽出

ラベルを使ったメモの抽出方法について説明する。

ラベルは付けるのが目的ではない。対象ラベルのついたメモを抽出することで検索の作業効率が高まる。

ホーム画面にはすべてのメモが表示されている。

メインメニューのラベル部分をクリックすると指定したラベルが付いたメモのみが抽出される。

設定したラベルが多い場合は「その他2件」の中に選択したラベルが含まれている。

Tips

メモ検索機能を使ったときラベルも検索対象となる。以下の例では「買い物」キーワードに対してラベルのみのメモも抽出されている。

まとめ

メモの整理という観点では「色」も同じような機能であるがメモの数量が多い場合はラベルの方が効果的である。個人で使うラベルを例にあげると「買い物リスト」「妻共有情報」「週末作業リスト」だろうか。ラベルはメモの棚卸にも活用できる。ひとつ気を付けたいのがラベルは他ユーザーに共有されないということ。ラベルは個人管理用の機能なのでその辺を理解して使った方がいいだろう。

ポイント
  • ラベルを付けることで効率的にメモを管理できる
  • 共有メモでラベルは他ユーザーに共有されない
  • ラベルの文字列は検索対象である

メモが多くなってきたらラベルを使って整理するのがおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です