ワクチンに感染予防効果はない~厚生労働省が公式に出している資料に記載された衝撃的な事実~

ちょっとYoutubeでぶっとんだ情報を見つけたので記事にさせていただく。ざっくり言うと厚生労働省が「ワクチンに感染予防効果はない」と公言していること。誰かのためにワクチンをなんて話を良く効くが感染予防効果が無いって全然ダメじゃん。厚生労働省が発表した内容にもかかわらず大手メディアで報道されないのも問題。内閣府の資料では「感染予防効果はない可能性もあり、現実を早い段階で国民に周知する必要がある。」としている。

注意事項

執筆者は医療の専門家ではなく本稿の内容は個人的な意見でありその内容を保証するものではありません。詳しくは引用元の記事でご確認ください。

感染予防効果はない

厚生労働省のサイトで明言している。

解説動画

この情報を知るきっかけになった動画。ほんとによく探してくるなと思う。厚生労働省も重要な情報をわかりにくい場所に置いておくなど相変わらず卑劣である。

問題の内容

厚生労働省のサイトで「感染予防の効果を期待するものではない」と記載されている。ワクチンの情報を良く耳にするが感染予防を期待しないなど聞いたことがない。


引用:医療従事者等の範囲について

※ なお、ワクチンの基本的な性能として発症予防・重症化予防が想定され、感染予防の効果を期待するものではないことから、患者への感染予防を目的として医療従事者等に接種するものではないことに留意

引用:医療従事者等の範囲について

こちらの資料にも同じ内容が書かれている。

内閣官房

内閣官房ホームページにあった情報だが、決定的な内容が記載されている。これは公式な機関が発表した内容にもかかわらずマスコミで報道されていない。

一般的に、呼吸器ウイルス感染症に対するワクチンで、感染予防効果を十分に有するものが実用化された例はなかった。従って、ベネフィットとして、重症化予防効果は期待されるが、発症予防効果や感染予防効果については今後の評価を待つ必要がある。
~中略~
また、安全性及び有効性の両面で理想的なワクチンが開発される保証はない。即ち、図に示すように、ワクチンによっては、重症化予防効果のみならず発症予防効果も有することもありえるが、感染予防効果はない可能性もあり、現実を早い段階で国民に周知する必要がある

引用:新型コロナウイルス感染症のワクチンの接種に関する分科会の現時点での考え方

まとめ

この内容を見ても「テレビ脳」もしくは「コロナ脳」の人は気づかないのだろうか。論理的に考えると感染予防効果がないなら重症化リスクの少ない世代はデメリットしかない。誰かのためにワクチンとか言うが感染予防効果がないワクチンでそんなことが言えるのだろうか。何よりこういった重要な情報をNHKや大手メディアが報道しない事が恐怖である。

テレビは洗脳メディア~公共の電波でトイレ不倫報道を長時間放送するのは普通に考えて異常だと思う~
ポイント
  • ワクチンは感染予防効果を期待するものではない
  • 厚生労働省のサイトで公表している内容である
  • この内容は大手メディアで報道されていない

ほとんどの人がワクチンで感染予防できると思っているんじゃないでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。入力した「コメント」、「名前」、「サイト」は一般公開されます。匿名の場合は「名前」にニックネームを使用してください。