【製品レビュー】オルファ シルバー~ヘアライン加工ステンレス製カッターナイフ~

久しぶりにカッターナイフを買い替えようと思い見た目でオルファのシルバーを選んだ。本体は、ヘアライン加工によって金属の質感がでて良い仕上がりとなっている。コンパクトで携帯性にも優れる。期待していた本製品だったが、本体が薄く小さいためカッターナイフとして扱いづらいくカットしていてストレスが溜まる。オートロックも薄い本体があだとなり使いづらい。見た目は最高だが使い勝手はお世辞にも良いと言えない。

注意

価格や仕様などは2019年10月のもので最新の情報と異なる可能性があります。ご了承ください。

注意

オルファーシルバーがカッターナイフとして使いにくいというのは筆者の個人的な意見です。人によってはこの薄くコンパクトなボディーがしっくりくるかもしれません。仕事でヘビーユーズする方は実物で使い心地の確認をおすすめします。

製品概要

ステンレスボディのコンパクトなカッターナイフ。

製品説明

金属の質感が良く見た目がカッコイイ。

シルバー
スリムなデザインで、水に濡れてもサビにくいステンレス製の小型カッターナイフ。ステンレス刃を装着。

引用:シルバー|オルファ株式会社 【公式サイト】

パッケージ

ヘアライン加工の金属感が魅力的な本体だがパッケージは至って普通。本体の質感が良いので、もう少しプレミアム感のありそうなデザインにした方が良い気がする。

刃も本体もステンレス製で長く使える。しかし、刃は切れ味を維持するため定期的に交換するので耐久性のあるステンレスの必要があるかやや疑問。

刃折り機付きのクリップが付いている。金属性なので耐久性は期待できる。

使用できる替刃は「オルファカッター替刃(小)」、「ステンレス替刃(小)」、「特専黒刃(小)」の3種類。

本体の他にステンレス製の替刃2枚が付属している。ケースがないのがちょっとアレだが替刃があるのはありがたい。

外観

金属感が何とも言えずカッコイイ本体。オートロックのデザインも上手くまとまっている。

ヘアライン加工により金属感が強調されている。シンプルだが飽きの来ないデザイン。

替刃

標準でステンレス刃が付属している。濡れた物をカットしないのであれば替刃は切れ味の良い黒刃を選びたい。

付属の刃

ステンレス刃が標準で装着されている。紙に包装されたステンレスの替刃が2枚付属。

ステンレス替刃(小)

created by Rinker
オルファ(OLFA)
¥372 (2019/11/17 17:15:25時点 Amazon調べ-詳細)

取付可能替刃

小型刃で使える以下の3種類が装着可能。このボディに黒刃を装着したら見た目的にカッコイイ気がする。

オルファカッター替刃(小)

created by Rinker
オルファ(OLFA)
¥309 (2019/11/17 17:15:26時点 Amazon調べ-詳細)

ステンレス替刃(小)

created by Rinker
オルファ(OLFA)
¥372 (2019/11/17 17:15:25時点 Amazon調べ-詳細)

特専黒刃(小)

created by Rinker
オルファ(OLFA)
¥215 (2019/11/17 17:15:26時点 Amazon調べ-詳細)

製品検証

コンパクトなボディがあだとなりカッターナイフとして使いにくい。

ホールド感

うーん、ちょっと持ちにくいわ。

握り持ち

本体が小さすぎて握って持つのは無理がある。

親指をオートロックに乗せると握りやすい。刃先も見えやすく使いやすい。

ペン持ち

悪くはないが正直持ちにくい。本体が薄いため鉛筆のように持つと違和感がある。樹脂製の一般的なカッターナイフと比べると握りやすさは劣る。

使いやすさ

本体が薄く握りづらいため刃の出し入れがしにくい。

刃の出し入れ

しっかりと固定されているため固い。あとボティが薄いため刃の出し入れがやり難い。コツとつかまないと片手でできないほとである。

親指でオートロックの部分を押すと滑って上手く押せない。オートロックの形状が平で指がかからないのが原因。刃の出し入れがスムーズにできないのはマイナスポイント。コンセプトの違いがあるため何とも言えないが、NTカッターのA-300(一般的なカッターナイフ本体)の方が断然刃の出し入れが楽だった。

刃のロック具合

ロックが硬いので刃を押して戻るようなことはない。

刃の交換

刃を交換するには、まず後ろのクリップ部分を外す。

オートロック部分を後ろにスライドして刃を抜く。オートロックと替刃が外れにくいのがやや不満。刃物なのでここはスムーズに外れてほしかった。

至ってシンプルな作りである。オートロックから素直に刃が外れないのはマイナスポイント。

見た目と品質

デザイン質感ともに個人的にはカナリ好み。見ていて飽きないので工具箱のランナップに加えたい。

素材感と品質

シンプルな作りだが道具として非常に美しい。

刃折りクリップ部分もシンプルだがカッコイイ。四角感が武骨で魅力的である。

使っていると多少傷が目立ってくるがそれも味として楽しめそうだ。

オートロックはオルファのイメージカラー。見た目は良いのだが非常に使いにくい。刃の出し入れがスムーズにできずイライラする。

ボディは使い込んで傷がついた方が味がでていいのではないだろうか。

刃先部分もヘアライン加工のため質感が良い。

まだ使い込んでいないのでほとんど傷がない。傷が増えるごとに愛着が湧いてきそうだ。

先端の形状は普通のカッターナイフと変わりない。このシルバーは普通のカッターナイフの樹脂部分を取り除いて金属部分だけにした感じ。

デザイン

コンパクトなカッターナイフとしてかなり上手くまとまっている。金属の質感を上手く使ったこの製品のデザインは好き。ただ、使い勝手も含めオートロック部分のデザインが気になる。指が滑り刃の出し入れがしづらい。

カット時の使いやすさ

持ちにくいので長時間や大量のカットにはおすすめできない。4つの実験用素材でカットを試した。刃は付属のステンレス刃を使用。余談だがはじめに装着されていたステンレス刃の切れ味がかなり悪かった。予備の刃に変えたら切れ味が良かったのでハズレの刃が付いていたのかも。今回の検証では新品の刃を使用している。

カットの確認で使用した素材
  • 段ボール(Amazonやや薄目)
  • EVAシート(ダイソーの4ミリ厚)
  • 厚紙(お菓子の包装、萩の月)
  • 薄紙(ダイソーで買ったノート)

段ボール

Amazonの薄い段ボールなので比較的カットしやすかった。ただし、本体が握りにくいため力の調整が難しい。厚い段ボールの場合もっと使いにくいだろう。

EVAシート

薄いEVAシートのような柔らかい素材は刃の切れ味が重要。本体の持ちにくさはあるが刃が切れれば何とかなる。

厚紙

厚紙のカットには力がいるのでこの本体だと使いづらい。まぁ慣れれば問題ないのかもしれないが薄い本体はかなり癖がある。

薄紙

薄紙は力入れず切れるので問題ないが曲線などのカットは難しい。直線ならいいが細かい曲線のカットならペンタイプナイフの方がいい。

カットの評価

シルバーはカット時に力を入れにくいので段ボールや厚紙のカットは不向き。薄紙のカットは問題ないが細かい作業はペンタイプナイフに劣る。ちょい使いならいいが長時間は使いたくない。

素材 評価
段ボール ★★☆☆☆
EVAシート ★★★☆☆
厚紙 ★★☆☆☆
薄紙 ★★★★☆

類似製品比較

NTカッターに類似製品があったがこちらもコンパクトなので使い勝手には期待できない。

関連製品一覧

NTカッターのプロA型はシルバーとほぼ同じコンセプト。リミテッドSAはシルバーに樹脂のボティーを取り付けたような感じ。幅は14ミリなので通常タイプに比べコンパクトになっている。

注意

実売価格は2019年10月10日にネットで検索して確認したものです。送料は含まれません。価格は変動するため参考程度にご利用ください。見積もりなどに価格を使用する場合は必ず最新の情報をご確認ください。

メーカー 品名 本体幅(ミリ) 実売価格
NT カッター プロA型 11 555
オルファ シルバー 11.2 452
オルファ リミテッドSA 14 440

まとめ

見た目がカッコイイので購入したがはっきりいって使いづらい。色々持ち方を試してみたが何をやってもしっくりこない。通常タイプのカッターナイフがなぜあの形に落ち着いたのかよく分かった。この薄いボディーだとカット時の力加減が非常にやりづらく使っていて疲れる。仕事などで長時間使う場合には向いていない。たくさんカットする必要がある場合は、樹脂製ボディーの普通のカッターナイフをおすすめする。ある程度厚みのある樹脂製の方が持ちやすく使いやすい。

コンパクトボディーがあだになって刃の出し入れがやりづらい。サッと取り出して刃がすんなり出てこない。ホールド感の悪さは刃の出し入れにも影響しているようだ。

ポイント
  • オルファシルバーのようなコンパクトボディーは持ちにくく実用的ではない
  • 本体が握りづらいためスムーズに刃の出し入れができない
  • 使用頻度が低く質感重視ならシルバーもアリ

デザインや質感は個人的にかなり好みなので工具箱のメインはこれにした。ただし、工作などでカット数が多い場合はNTカッターのA-300を使う予定。使いづらさはあるが金属製ボディーで耐久性があるので死ぬまで使おうと思っている。以下は、筆者のカッターナイフの運用例である。

収納場所 コメント
NTカッター A-300 お道具箱(文房具) カッターナイフとしてメインで使用する。カット数が多く時間のかかる作業は基本これを使用する。
オルファ アートナイフ お道具箱(文房具) 薄紙など細かいカットが必要な時はこれ。曲線や細い部分のカットは圧倒的に有利。
オルファ シルバー 工具箱(細かい工具) たまに観賞用として金属の質感を楽しむ。手元に工具箱しかない場合はカッターナイフとして利用。

普段使いのカッターナイフを選ぶなら以下がおすすめ。実務で使うなら見た目より使いやすさで選んだ方がいいだろう。

created by Rinker
エヌティー
¥363 (2019/11/17 17:15:27時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
オルファ(OLFA)
¥400 (2019/11/17 17:15:28時点 Amazon調べ-詳細)

他はオルファのXシリーズのがおすすめ。ラバーグリップの大型刃を使ったところかなりホールド感が良かった。詳しくは以下の記事を参照していただきたい。Xシリーズの握りやすさは期待できる。

【製品レビュー】オルファ ハイパーL型~ラバーグリップ採用の次世代カッターナイフ~

大型刃のラバーグリップが良かったので小型刃のXシリーズも気になる。

created by Rinker
オルファ(OLFA)
¥336 (2019/11/17 17:15:29時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です