石膏ボードの壁に棚を取り付け~間柱への固定と石膏ボードアンカーで取り付け強度を上げる~

25年以上前に取り付けた棚を再度取り付け直した。以前は石膏ボードにネジ止めしただけだったので強度が不十分であった。今回は間柱への固定と石膏ボードアンカーを使い十分な取り付け強度を出すことができた。石膏ボードアンカーが思ったより強力なので驚いた。小さな棚であればアンカーだけで取り付けしても問題なさそう。

注意事項

棚の取り付けは設置場所や設置方法で大きく強度が異なります。ご注意ください。

25年以上前に取り付けた棚

当時を思い出すとちょっとノスタルジーである。

棚が取れる

25年以上前に作った棚が取れてしまった。小物を置くために取り付けたのだが使用頻度が多くなり外れてしまったようだ。

石膏ボード直にネジ止め

当時はDIYの知識が皆無であったため石膏ボードに直接ネジ止めして棚をとりつた。ぽろぽろする石膏ボードにネジ止めして20年以上持ったのだからある意味すごい。今の知識があればもう少しましな取り付けができたと思う。

再施工

以前に比べ多少DIYの知識は増えたのでもう少しマシに取り付けできる気がする。

石膏ボードに棚を取り付け

小さな棚であれば石膏ボードアンカーを使って手軽に取り付けできる。

1. 計画と見積もり

そもそも、石膏ボードに棚を取り付けるのは非常に難しい。石膏ボード裏にある柱に木ネジで固定すれば別であるが石膏ボードアンカーを使ったとしてもあまり重いものは固定できない。石膏ボードの厚みがあれば多少強度はでると思うが限界がある。今回取り付けるのは奥行20cm未満の小さな棚。実際に乗せる物は1kg未満と見積もっている。

木造住宅なので間柱と呼ばれる等間隔に設置された柱に木ネジ固定できれば強度が上がる。それ以外は石膏ボードアンカーを使って強度アップ。柱に木ネジが効けばかなり強度がでると思う。小さな棚であれば十分だろう。

2. 道具の準備

取り付けに必要な道具をまとめてみた。

使用した道具と材料
  • 石膏ボードアンカー
  • ネジ
  • ドリルビット5ミリ(石膏ボードアンカーの下穴用)
  • 水平器
  • マスキングテープ
  • L字金具
  • 電動ドリル
  • 下地検査機
  • キリ

石膏ボードアンカー

今回使用したアンカー。数必要ないので8本入り。

100本入りのコスパがすごいな・・・。

created by Rinker
フィッシャージャパン
¥644
(2022/11/29 10:14:03時点 Amazon調べ-詳細)

ネジ

今回3ミリのネジを使用。長さは16ミリと30ミリ。間柱に長い30ミリを使用。

ドリルビット5ミリ

アンカーの下穴に必要。とりあえずなら何でもいい。無いと困るので最悪100円ショップのビットでもかまわない。個人的には高品質なスターエム一択である。

水平器

これも100円ショップで入手可能。適当にやると想像以上斜めになるので注意。

マスキングテープ

筆者の大好物のマスキングーテープ。間柱の位置確認や水平確認の位置決めで使用する。3Mが使いやすい。

created by Rinker
スリーエム(3M)
¥1,000
(2022/11/30 08:41:42時点 Amazon調べ-詳細)

ホームセンターで打っている木材。好みの大きさでカットして使用する。お好みで塗装や着色するのもあり。

L字金具

ホームセンターなどで好みのものを選ぶ。

以下参考まで。

電動ドリル

下穴を開けるのに必要。とりあえず何でもいいのでひとつあった方が色々便利。

下地検査機

木造住宅であればひとつ用意しておきたい。これがあればテレビの壁掛けもできる。

created by Rinker
シンワ測定(Shinwa Sokutei)
¥3,976
(2022/11/29 10:14:04時点 Amazon調べ-詳細)

キリ

あると便利。先端が鋭いので正確に穴位置をマーキングできる。

created by Rinker
コンヨ(KONYO)
¥522
(2022/11/29 09:32:05時点 Amazon調べ-詳細)

3. 下地調査

下地探しを使って間柱の位置を特定する。ネジを柱の出来るだけ中央に止めたいので柱の幅でマーキングする。

4. 取り付け箇所検討

L字金具を取り付ける位置を決める。可能ならすべて柱に固定したいが柱が無い部分はバランスをみつつ石膏ボードアンカーを使用。

5. L字金具取付

棚板ピッタリに取り付けると失敗する可能性あり。壁が歪んでいるとL字金具が壁に届かない可能性がる。極端に言うとこんな感じ。

なので棚いっぱいにL字金具を取り付けると金具と壁の間に隙間ができてしまう可能性がある。棚を壁に沿って加工するのは難しいのでL字金具の出具合で調整するといいだろう。

今回壁の歪みに気付かず位置を何度か変更した。

6. 間柱への下穴処理

下穴は棚の取り付け位置をスミ入れしてから。水平器を使ってスミ入れする。場所が決まったら間柱に固定する部分は印程度に穴をあけておく。3ミリのネジなのでしっかりした下穴は必要ない。

7. 石膏ボードアンカー取り付け

スミ入れいたL字金具の穴位置にアンカーを取り付ける。スミ入れした部分に5ミリの下穴を開ける。

ハンマーで慎重にアンカーを埋め込む。

壁にぴったりするまで埋め込む。想像以上にがっしり取り付けられた。

8. 棚の取り付け

間柱と石膏ボードアンカーを使って棚をネジ止めする。

9. 完成

前回にくらべかなりの強度で固定できた。ちょっと引っ張ってみたがビクともしない。左が柱固定で右がアンカー。このアンカーが想像以上にしっかり固定できている。ちょっとした棚であればアンカーでも十分取り付けられそうだ。

まとめ

石膏ボードアンカーを使ったらガッシリ固定できて。小物しか置かないのでここまでの強度があれば十分だろう。子供がぶら下がったらアウトなきがするが・・・。

ポイント
  • 壁が歪んでいる可能性があるのでL字金具は実寸で取り付ける
  • 間柱があれば強力に棚を固定できる
  • 石膏ボードアンカーは想像以上に強度がある

石膏ボードへのネジ止めでよく25年以上も持ったな・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。入力した「コメント」、「名前」、「サイト」は一般公開されます。匿名の場合は「名前」にニックネームを使用してください。