タブレットアームレビュー~ベッドで寝ながら使えるおすすめのコスパアイテム~

タブレットの動画視聴用にタブレットアームを購入したので使用感などを紹介する。デスクでの利用価値はなさそうだがベッドではかなり有効に使える。安全性に問題がありそうだが車内でも利用できそうだ。

注意

車での利用は安全に問題がある可能性があるため自己責任でお願いいたします。

タブレットアームレビュー

思ったより安かったのでタイムセールでポチってしまった。

開封と検品

価格の割にはちゃんとした箱に梱包されている。

固定部分はエアパッキンで梱包されている。

スタンド固定部分に不具合や傷などが無いか確認。

タブレット固定部分も確認。

梱包の状態がよく初期不良などもなさそう。表面に目立つバリなどもなく良い仕上がりになっている。

ポイント
  • 価格の割に梱包がちゃんとしている
  • 目立つ傷などはない
  • バリなどがなく品質は良い

スタンド固定部分

良い質感であるがすべて樹脂製なのでやや強度が心配である。

くねくね曲がるアーム以外は樹脂で出来ている。シルバーのハンドル部分も樹脂製。

目いっぱい広げると7cmくらいまで行くが開きすぎると強度が落ちそう。

幅は設置する部分が約5cm。

接地する部分の奥行は約4cm。

ゴムの部分は両面テープでくっついていて簡単にはがれる。滑り止めパッドがあるので固定したときにズレにくい。

固定する場所の厚さが5cmくらいだと安定しそうだ。金属製ではないが思ったより強く固定される。

耐久性にやや心配はありが予想以上にしっかりと固定される。

ポイント
  • スタンド固定部分は樹脂製で強度に心配がある
  • 金属ではないがしっかりと固定することができる
  • 滑り止めパッドがありズレにくい

アーム部分

アームはアルミ合金にPUレザーを巻き付けたもの。画像などではくるりと曲げてあるが「ものすごく硬い」腕力に多少自身のある筆者でも思い通りの位置に曲げるのにかなり苦労した。頻繁に形状を変えるのはほぼ不可能だと思ってもらっていい。

直径は約13mm。

樹脂と金属の結合部分の強度が気になる。形状を変えるときは結合部分に負荷がかからないように注意したい。

このアームは硬い灰色部分と柔らかい白色部分に分かれている。おおよそは灰色部分で固定し白色部分で微調整する。強度の切り替わるつなぎ目部分も破損がきになるので負荷がかからないよう慎重に取り扱う。

つなぎ目は補強されているがかなり負荷がかかりそうだ。

乱暴に扱うと結合部分にかなり負荷がかかりそうである。形状を変化させるときは壊さないように注意した方がいいだろう。灰色部分は相当硬いので女性だと扱いがキビシイかもしれない。

ポイント
  • アームは二種類の硬さで分かれている
  • 結合部分の強度が気になる
  • 灰色のアームは想像以上に硬く頻繁に曲げるのは困難である

タブレット固定部分

価格の割にはしっかりした作りになっている。左右の耳のグレー部分は柔らかいゴム製で背面部分は硬い樹脂製。バリもほとんどなく見た目もいい。

タブレット固定部分はくるくると回転する。回転部分の固定がちょっと弱い気がする。もう少し硬くしてくれても良かった。

耳の灰色部分が滑りにくいゴムになっているので安定感はある。

思ったより奥行があるので後ろに壁などがある場合は取り付け位置が制限される。

取り外し用に紐が付いている。なぜ紐なのか意味がわからない。指を引っ掛けられる形状にすればいいだけじゃないのだろうか。

約6インチのスマホを装着。しっかりと固定されており外れる気配はない。

プラグ口部分が開いているのでホルダーを装着したまま充電も可能。

約8インチのタブレット横向きだと幅が足りなかったため縦に取り付けた。バネの力で挟み込んでいるが耐久性にやや不安が残る。スマホ同様にしっかり固定され脱落の心配はない。

8インチを縦だと耳が目いっぱい広がる。

給電口が開いているので充電しながら使える。

若干取り付けが面倒であるがしっかり固定されている。バネの耐久性さえあれば合格点である。

ポイント
  • しっかり固定され脱落の心配はなさそう
  • バネ部分の耐久性が気になる
  • ケーブルで充電しながら使用できる

デスクで使用

タブレットが近くで見れるようにセッティング。

タブレットを見ながらPC作業ができるがそんな利用シーンが思い浮かばない。

机の大きさにもよるが大体思い通りも場所にセッティングすることができる。

スマホだとこんな感じ。PCでメールもLINEも確認できるため必要ない気がする。やはり利用シーンが思い浮かばない。

フレキシブルアームを活かしてこんなレイアウトも可能。用途はわからないが・・・。

今更ながら机の場合はタブレットスタンドでもいい気がする。

デスクでタブレットを使う場合は特殊な事情が無い限りタブレットスタンドの方が使い勝手はよさそう。場所もとらないし収納も簡単である。

タブレットが宙に浮いてる必要性を感じない。デスクならタブレットスタンドで良い気がする。

ポイント
  • 自由な位置にタブレットやスマホを配置できる
  • デスクならタブレットスタンドを使った方がよさそう
  • そもそもデスクでタブレットを使用する利用シーンが思い浮かばない

ベッドで利用

タブレットアームの本命はここだろうか。


モデル:ニシキアナゴ

ベッドの板が約33mm。曲面があり接地面積は少ないが何とか固定することができた。

使ってみたが「思ったよりも良い」。寝スマホ最高!!

値ながらyoutubeやAmazonプライムビデオを見ることができる。

タブレットとスマホで試したがスマホは画面が小さすぎて見にくかった。使い方としてはタブレットでの動画視聴がベストである。さすがにタッチするとグラグラ揺れるので頻繁に操作するような利用シーンには向かない。

ちょうど寝ながら視聴できる距離に調整できた。

車で利用

長距離ドライブの動画視聴で使えないか考えていてこのアームにたどり着いた。タブレットでの動画視聴についてはこちら。

長距離ドライブ対策~グズる子供をAmazonプライムビデオで何とかする~
注意

車での利用は安全に問題がある可能性があるため自己責任でお願いいたします。

対象車種はトヨタ30系アルファード前期Xグレードである。詳しくはこちら。

アルファード30系前期Xグレード~装備、オプション、カスタムパーツの紹介~

シートの下に挟み込める部分がありちょうどアームが固定できた。子供の目線だとこのくらいの高さで十分だろう。

シートを目いっぱい後ろにすると取り付けられないが運転時のポジションなら問題なく取り付け可能だった。

若干距離はあるが調整すればもう少し近づけられる。

実はもう一か所取り付け可能な場所を発見した。スライドドア部分の手すりである。

ドアを閉めても干渉しないので問題なく取り付けることができる。手すりならグレード関係なく同じ位置なので汎用的に使えそうだ。

場所によってはサイドエアバックに干渉する可能性もあるので取り付け場所は注意したい。

ポイント
  • タブレットアームは車にも取り付け可能
  • 30系アルファードはシート下と手すりに取り付け可能
  • 車内で利用する場合は自己責任で
Tips

アーム部分がかなり硬いので形状を変えるのが非常に大変である。コツとしては別の場所に形状を変えて取り付ける場合一度まっすぐに伸ばした方がよい。接地する場所で画面の位置などを確認し曲げる部分を見積もってからセットする。直線にしてからの方が曲げやすいし距離の調整もしやすい。

まとめ

価格の割に品質は良かった。しばらく使ってみて耐久性に問題が無ければおすすめしたい。アーム部分が想像以上に硬く結合部分の耐久性が非常に気になる。変形させる場合は慎重にやった方がいいだろう。デスクの使用を考えるならタブレットスタンドを合わせて検討した方がいい。わざわざタブレットを宙に浮かせる必要はないだろう。寝スマホ(タブレット)にはこれが最適なのでおすすめできる。

注意

車での利用は安全に問題がある可能性があるため自己責任でお願いいたします。

ポイント
  • 価格の割に品質は良かった
  • 寝タブレットには最適である
  • 車内でも利用できる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です