USB3.0 Type A Hub(ハブ)セルフパワータイプAmazonのおすすめ

液タブを購入してノートPCのUSBポートが足りなくなったのでUSBハブを購入することにした。いままで使うたびに抜き差ししてきたがハブでひとつにまとめられるならかなり便利である。レビューをみるとちょっと心配だがAmazonでおすすめのセルフパワーUSBハブを紹介する。

注意

仕様などは2019年1月に確認したものです。最新の情報と異なる可能性がありますのでご了承ください。

USBハブ選び

結論から言うと7ポートと電源4ポートあるセルフパワーのハブがおすすめ。大は小を兼ねるで7ポートあればひとまず安心できる。筆者は4ポート以上はすでに使う予定があるので確実に7ポートタイプが必要であった。

なんでUSBハブが必要?

ノートPCの場合ハブありきの設計なのかUSBの口が少ない。筆者の場合も液タブを導入したらポートが足りなくなってしまった。使うたびに抜き差しすればいいがそれも面倒。4口は確実に埋まるのでできれば4ポート以上欲しい。

接続したいUSBデバイス
  • セルフパワーのHDD x 1
  • バスパワーのモバイルHDD x 1
  • 液タブ x 2 (2ポート使う)

レビューを見ていると抜き差しの手間がなくなるとのコメントが多かった。毎回差し替える手間がなくなるのはかなり便利そうだ。

バスパワーとセルフパワー

USBハブを選んでいると何やら高い製品が。よくよく調べてみるとUSBハブに独自に電源を供給するACアダプタ付きのタイプだった。

バスパワー USBポートから電源を取るタイプ。USB3.0だと5V / 900mA 4.5Wなので接続するUSB機器がこれを上回ると動作しない。
セルフパワー USBポートとは別にACアダプターから電源を取るタイプ。電力消費の大きいバスパワーのHDDやブルーレイディスクなどもつなぐことができる。

レビューを見ているとセルフパワーの方が安定感がある。今回バスパワーのHDDも対象なので安定のセルフパワーを選択。

USB3.0 Type A と USB 3.1 Type C

最近ではType Cなる両面からさせるUSBが出てきたがこれが曲者。Type Cのハブはディスプレイ出力にも対応したタイプがあるため自身のPCについているUSBがどのタイプなのか知っておく必要がある。Thunderbolt 3と呼ばれる全部入りの規格であればThunderbolt 3対応のハブがおすすめ。筆者のPCはType Cなのにディスプレイ出力に対応しておらずドはまりしてしまった。ドはまりしたときの状況はこちら。

USB HDMI変換アダプターでディスプレイ出力できない

よく見かける青い色の大きいUSBポートがUSB 3.0(またの名をUSB 3.1 Gen1) Type Aである。PCのカタログにUSB 3.0もしくはUSB 3.1 Gen1と書いてあれば今回紹介するハブで問題なく動作する。

ポートがUSB 3.1 Gen2やThunderbolt 3の場合はせっかくなので性能の良いタイプを選んだ方がいい。USB 3.1 Gen1は5GbpsだがUSB 3.1 Gen2やThunderbolt 3は10Gbpsで動作する。

電源供給ポート

セルフパワータイプだとUSB電源ポートがついてくるものがある。最近USBで充電する電子機器が多いので充電用のUSBポートが足りなくなっていた。しかも2A以上のUSB充電ポートはそこそこのお値段になってしまう。ならハブに充電ポートがついているタイプを選んだ方がお得である。

USB 3.0 Hub セルフパワータイプ 製品比較

USB x 7 充電 x 4 タイプ

USB3.0が接続できるポートが7つ2.4Aで充電のみできるポートが4つ付いたタイプ。デジカメなどもUSBから充電するものが多いので充電用ポートがあると便利。

製品比較

電源の容量はどのメーカも12V/4A 48Wと変わらず。そもそもOEMで物は全部一緒じゃないかと思ったがアダプターなどが一部違うものもあるので全部が同じというわけではなさそう。

メーカー
タイトル
電源容量
保障
Tendak APANAGE atolla Gomass
Tendak USB3.0 ハブ 7ポート+ 3スマホ 充電ポート 5Gbps転送 セルフパワー バスパワー 高速充電ポート対応 独立スイッチ付き ACアダプタ付き 48w電源付属 … USB 3.0ハブ 5Gbps転送 セルフパワー バスパワー 48W電源アダプタ高速充電ポート 11ポート 独立スイッチ付 (ブラック) USB3.0ハブ 電源付き, atolla 7ポート5Gbps高速 USBハブ3.0 の 拡張+ 4充電ポート USB Hub 独立スイッチ付 12V/4A 48W電源付き Gomass USBハブ 3.0 2.0 対応 7ポート+ スマホ 充電 4ポート HUB バス/セルフパワー 個別スイッチ 12V/4A 48W 電源付き 1M【最新版】
12V/4A 48W 12V/4A 48W 12V/4A 48W 12V/4A 48W
12ヶ月 12ヶ月 18ヶ月 18ヶ月

レビュー概要

基本中身は一緒なので初期不良は必ずあると思った方がいい。購入直後の全ポート動作確認は必須。当たりを引けば問題なさそう。気になるのがWifiやペンタブなどの無線機器への影響。高評価で無線機器への影響はでていないようなので使い方か個体差があるのかもしれない。

おすすめ製品

中身が同じなので基本的にはどれでもいい。製品ごとにレビュー内容が違うが個体差や利用状況に関係していると思われるのでそこまで気にする必要はない。おすすめはサポートが良さそうなTendakである。

USB x 7 充電 x 1 タイプ

USB3.0で通信できるポートが7つ充電ポートが1つのタイプ。充電ポート4つのタイプにくらべ電源容量が小さい。充電ポートをあまりつかわない場合はこちらを選択したい。

製品比較

前述の電源ポート4つのタイプと違い価格はそこまで差がないがメーカーごとに電源の容量が異なっている。

メーカー
タイトル
電源容量
保障
KYG Tendak atolla Gomass ELEGIANT SOWTECH
KYG USB3.0ハブ 7ポート充電ポート電源付き セルフパワー バスパワー HUB 60cmケーブル 5Gbps高速データ転送ポート LEDオン/オフスイッチ Tendak USB3.0 ハブ 7ポート+ 1スマホ 充電ポート 5Gbps転送 セルフパワー バスパワー 高速充電ポート対応 独立スイッチ付き ACアダプタ付き 電源付属 USB ハブ atolla USB 3.0 Hub 7ポート増設 + 1充電ポート, USB拡張 セルフパワー/バスパワー Gomass USB ハブ 3.0 2.0対応 7ポート+ 1スマホ 充電ポート 5V 4A 電源付属 バス/セルフパワー 個別スイッチ付き 1M メーカー直営 USB3.0ハブ ELEGIANT セルフパワー 7ポート 電源付き 個別 スイッチ LEDライト usbコンセント 急速 バスパワー acアダプター USB3.0ハブ電源付き 7ポート増設 急速 USB拡張 セルフパワー スイッチ 24Wアダプタ付き 専用防塵カバー付 コンパクト 100cm USBケーブル
5V/3A 15W 5V/4A 20W 5V/4A 20W 5V/4A 20W 5V/2A 10W 12V/2A 24W
12ヶ月 12ヶ月 18ヶ月 18ヶ月 12ヶ月

レビュー概要

各製品レビュー評価がかなり違った。サポートの良いところは低評価レビューコメントに返信して対応している。問題があれば必ず対応するといった意気込みが感じられて良い。故障については電源容量が違うのでその辺りも関係していそうだ。購入する前に必ず低評価のレビューコメント確認しておきたい。

おすすめ製品

こちらのタイプは製品ごとに電源の容量が違う。ELEGIANTは電源が10Wとやや控えめ。電源容量を考えるとTendakかatollaのどちらかになる。サポート評判の良いTendakか18カ月保障のatollaか。どちらも中身が同じ製品の可能性が高いので結論としては18カ月保障のatollaがおすすめ。

USB x 4 充電 x 1 タイプ

USBをそこまで使わないなら4ポートタイプ。

製品比較

どれも見た目も同じだがTendakだけが電源容量が大きい。

メーカー
タイトル
電源容量
保障
KYG Tendak atolla Gomass atolla
KYG USB3.0 ハブ 4ポート+1充電ポート セルフパワー電源付き バスパワー HUB 高速データ転送 個別スイッチ付 ケーブル60cm Tendak USB3.0 ハブ 4ポート+ 1スマホ 充電ポート セルフパワー バスパワー 高速充電ポート対応 独立スイッチ付き ACアダプタ付き 電源付属 USB3.0ハブ 電源付き, atolla 4ポート高速USB3.0 の 拡張+ 1充電ポート USB Hub 独立スイッチ付 5V/3A ACアダプタ付き Gomass USB3.0 ハブ 4ポート +1充電ポート USBハブ 5V 3A 電源付き バスパワー/セルフ パワー 個別スイッチ付 USB3.0ハブ atolla アルミニウム USBハブ 4ポート高速USB3.0 の 拡張+ 1充電ポートUSB Hub (5ポート・電源付き)
5V/3A 15W 5V/4A 20W 5V/3A 15W 5V/3A 15W 5V/3A 15W
12ヶ月 12ヶ月 18ヶ月 18ヶ月 18ヶ月

レビュー概要

ボタンが故障する可能性もあるので購入後にボタンの確認もしておきたい。

おすすめ製品

安定稼働を考えるならやはり20WあるTendakをおすすめする。

購入後の注意

レビューのコメントを見ているとどの製品であっても初期不良や故障の可能性がある。エレコムなどの日本メーカーも例外ではない。購入後は入念に動作確認をしてハズレを引いていないことを確認したい。

購入後に確認したいポイント

購入したらまず動作確認する。すべてのポートにデバイスを接続して無線機器の干渉なども確認。フル動作中の製品やアダプターの発熱にも注意したい。

注意点
  • 初期不良の可能性がある
  • 故障する可能性がある
  • 電源故障による発熱の可能性がある
  • HDDの切断の可能性がある
  • Wifiなどの無線機器に影響する可能性がある

初期不良の可能性がある

どの製品も例外なく届いたらまず動作確認。必ずすべてのUSB3.0ポートで通信できるか確認したい。電源容量の多いブルーレイなどでも一度確認しておきたい。

故障する可能性がある

レビューを見ると日に日にポートが死んでいくといったハズレもあるようだ。保障期間内であれば返品や交換ができるので保障期間終わり間際に再度全ポート動作確認したい。

電源故障による発熱の可能性がある

不良品の場合ACアダプターや本体が発熱する場合がある。ひどいものだと焼けこげる場合もあるようなので購入後に製品やACアダプターの温度に注意したい。しばらく使って異常に発熱するようなら故障している可能性が高い。

HDDの切断の可能性がある

大量データのコピー中にこれが起きるとかなりやっかい。購入後はHDDをしばらくつないで作業してHDDのリンク切れが発生しないか見守りたい。ただしテラオーバーのデータ移行時はハブを通さない方が安全だろう。

Wifiなどの無線機器に影響する可能性がある

製品故障なのか相性問題もしくは機器の配置に問題があるかわからないが購入後は使用する無線機器がすべて正しく動作するか確認。少しでも問題があれば販売店に問い合わせする。充電ポート使用中に発生する可能性もあるのでUSB機器や充電ポートを使用した状態で無線機器の接続テストをする。

問題の問い合わせ

Amazonであれば比較的問題なく問い合わせや返品ができる。詳しくは以下の記事の「出品者に問い合わせ」を参照。問い合わせをすると返品か返金になる可能性が高い。製品不良を見越しているのかすぐに返品対応になるケースが多かった。

Amazon返品マニュアル~初期不良のPCパーツや家電などを送料無料で返品する~

まとめ

レビューを見る限り初期不良は覚悟している。ただ一番心配なのが無線機器への影響。Wifiがつながらなくなとといったコメントもあったので製品が正常な状態でそれが発生するのか気になるところ。問題があれば返品もできるのでとりあえず購入して様子をみようと思う。筆者が選んだのがこれ。

これだけ調べたので間違いないと思う。

USBハブ選びのポイント
  • ポートが多いに越したことはない断然7ポート
  • 選ぶなら安定稼働するセルフパワータイプ
  • 初期不良なら返品できるのであまり評価を気にしすぎない

USBハブのレビューを書いたので参考にしていただきたい。結論を言うと筆者が使っているHDDケースがUSBハブに対応していなかったため返品することとなった。それ以外は調べた通り良い製品であった。詳しくはレビュー記事でお伝えする。

USBハブレビュー~Tendak USB 3.0 Hub 7ポート セルフパワータイプ~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です