ダイソンV8を分解清掃~モーターヘッドとサイクロン部を分解~

ダイソン

ダイソンV8を購入して半年くらいほとんどメンテナンスしなかったらモーターヘッドに大量のホコリが溜まってしまった。見える部分を細い棒を使って掃除したが限界がある。どうしても気になったので分解して清掃することにした。

清掃の準備

リビング

ダイソンV8の分解にはトルクスネジという星形六角形のドライバーが必要となる。必要なサイズはトルクスのT8。モーターヘッドでプラスの精密ドライバーも使用する。今回分解に使用したドライバー。価格も安く問題なく使用できた。そもそもトルクスネジを使うことがないのでできるだけ安いドライバーセットを選んだ。分解中かなり細かいホコリが舞うのでマスクを着用した方がよい。筆者はホコリを吸い込みのどが痛くなってしまった。

MEMO
トルクスネジドライバーは100円ショップのダイソーで取り扱いがある。近くにダイソーがある場合はこちらで購入した方がコスト的によさそうだ。
使用する道具
  • トルクスネジドライバーT8サイズ
  • 精密ドライバープラス
  • ウェットティッシュ
  • 竹串
  • ネジ入れ用小箱
  • マスク

サイクロン部の分解と清掃

猫

まずは溜まったゴミを捨てる。

ゴミ捨て

細かい粒子のほこりが舞うのでできれば外で作業したい。

ダイソン

ホコリが舞わないように本体を袋にいれて作業する。

ダイソン

レバーを引いてふたを開ける。

ダイソン

金属メッシュの部分に髪の毛がよく絡まる。この掃除が以外に手間がかかる。髪の毛は分解してから効率よく掃除する。

ダイソン

サイクロン部の取り外し

ハンドル側にある赤いボタンを押してサイクロン部を上に引き上げて外す。

ダイソン

サイクロン部の分解

メッシュ部分を本体から引き抜く。ツメで固定されいるのでかなり力がいる。筆者は引っ張ってできた隙間に竹串を刺して取り外した。ツメが外れれば回転させて引き抜くことができる。

ダイソン

この部分はとにかく固いので力を入れて少しづつ上に引き抜く。樹脂のクリップ外しがあると便利だが割りばしなどでも十分に代用できる。

ダイソン

ここでトルクスネジドライバーの出番。六ケ所のトルクスネジを外す。

POINT
ネジは落としてなくし易いので外したら必ず箱などにいれて保管する。

ダイソン

取り外すとこんな感じでホコリが溜まっている。

ダイソン

ウェットティッシュで拭いて清掃完了。このパーツも更に分解できるが時間がないためこの日はここまで。

ダイソン

サイクロン部の組み立て

分解した逆の手順で組み立てる。内側のパーツをトルクスネジで取り付けメッシュカバーを装着。メッシュカバーは隙間が空かないように位置を合わせ強く押し込む。

ダイソン

ゴムパッキン取り外し

ゴミ受けのパッキンを取り外す。目に見える部分なので綺麗にしたい。

ダイソン

取り外しに少し悩んだが力ずくで決着。パッキンを横にひぱって細くなったタイミングで一気に引き抜く。コツはあるが慣れてしまえば楽。これで思う存分綺麗にすることができる。

ダイソンのゴムパッキン

ゴミ受けのふたも取り外そうと思ったがやめた。構造上力技で外れるがツメが折れたときのリスクが高いため断念。ウェットティッシュと竹串でできるだけ綺麗にする。

ダイソンゴミ受け

取り外した時と同じ要領ではめる。ゴムパッキンを横に引っ張り細くして隙間にねじ込む。思ったより簡単にできるので是非チャレンジしていただきたい。

ダイソンのゴムパッキン

やや擦り傷が目立つがすっきり綺麗になった。

ダイソンごみ受け

モーターヘッドの分解と清掃

白

サイクロン部よりこちらの方が汚れがひどかった。三か月ぶりの掃除だが思ったより汚れている。

ダイソンモーターヘッド

ブラシの取り外し

まずはコイン使ってブラシを取り外す。ブラシの裏側にあるグレーのねじを回しロックを解除する。

ダイソンモーターヘッド

少しわかりにくいがヘッドの脇のカバーをブラシを軸にしてスライドさせる。

ダイソンモーターヘッド

ブラシごとずるっと引き抜く。

モーターヘッド分解

取り外したブラシは電気配線はないので水洗い可能。しかし今回はウエットティッシュで拭くだけ。

モーターヘッド分解

モーターヘッドの分解

トルクスネジドライバーで分解。まずは側面にあるネジを取り外す。

モーターヘッド分解

次に小さい方のブラシを固定しているローラーを取り外す。

モーターヘッド分解

取り外したローラー。

ネジとローラー

モーター部分の付け根にある内側のネジを取り外す。

ダイソンモーターヘッド

これで側面のカバーが外れる。

ダイソンモーターヘッド

配線の間にあるトルクスネジを外す。

ダイソンモーターヘッド

下側にある四か所のトルクスネジを外す。

ダイソンモーターヘッド

ネジは場所によって長さが違うのでどの部分のネジかわかるようにしておく。側面に取り付けるネジは短い。

ダイソントルクスネジ

取り外した吸引口。

ダイソン吸引口

モーターヘッドの清掃

吸入口に汚れがこびりついているので竹串でそぎ落とす。

ダイソン清掃

吸入口だけでこれだけホコリが溜まっていた。

ダイソン吸入口

奥まったところの汚れが取れないので更に分解する。ネジ二か所でとまっている。

ここもネジの長さが違うので場所がわかるようにネジを保管する。

分解するとかなり掃除が楽になる。気になる部分を目いっぱい清掃可能だ!!

ダイソン吸入口

見える範囲は綺麗になった。

ダイソン吸入口

これ以上の分解はできないので、できる範囲で清掃。

ダイソン清掃

モーターヘッドの組み立て

分解した逆の手順で組み立てる。場所によってネジの長さが違うので注意。それほど複雑な作りでないので見た目でなんとかなる。

モーターヘッド組み立て

組み立て完了。ホコリがたくさんとれたので満足感がある。

ダイソンモーターヘッド

うーん。スッキリ。

ダイソンモーターヘッド

まとめ

ダイソンV8

トルクスドライバーがあれば簡単に分解できた。メカ好きのお父さんはチャレンジしていただきたい。きっと奥様からの評価も上がるはずである。なにより見えない部分まで綺麗にできてとてもスッキリした。良いストレス解消にもなりそうだ。

MEMO
ダイソンはトルクスドライバーさえあれば簡単に分解清掃できる。思ったより汚れが溜まっているのでメカ好きなお父さんは是非チャレンジ!!

今回分解清掃したダイソンV8はこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です