WordPressのメディアファイルについて~EXIFからの個人情報漏洩を防ぐ~

スマホで撮影した写真をアップロードすると自宅が特定されてしまう可能性がある。これは画像に含まれるEXIFと呼ばれるメタ情報にGPS情報があるためだ。これらの問題に対応するためスマホカメラのGPS記録はOFFにすることをおすすめする。またWordPressに画像をアップロードする際は無駄をなくすために必ずリサイズしよう。

個人情報漏洩のリスク

画像のGPS情報によって個人情報が漏洩する可能性があるので必ず対応すること。

スマホのGPS記録に注意

スマホなどで撮影した写真にはGPS情報が含まれる場合がある。このGPS情報から撮影場所が判明し自宅が特定されてしまう可能性がある。ツイッターなどのSNSではGPS情報を含むEXIFが自動で削除されるため問題はない。しかし個人運営のブログではEXIFが削除されないため自宅のGPS情報が一般に公開されてしまう可能性がある。

対策としてプラグインを使って抑止したりもできるがブロガーであればスマホのGPS記録をOFFにしておくことをおすすめする。プラグインなどでの対策は保険程度に考えておこう。

注意

ブロガーは個人情報漏洩に対応するためスマホカメラのGPS記録をOFFにしてください。

最近ではコンデジにもGPS機能が付いているのでもし対応しているようならOFFにしておく。

アップロード前にEXIFの削除

ブログでは画像をアップロードする前にリサイズするのが一般的である。リサイズ時にEXIF情報を削除することでGPSによる個人情報漏洩を防ぐことができる。以下のツールで縮小時にEXIFを削除できる。どのツールでもかまわないのでアップロード前に必ずEXIFを削除しよう。

参考 「縮小専用。」定番の複数画像一括縮小ツール窓の杜

プラグインによる対策

プラグインを使って自動でEXIFを削除することも可能だが個人的にあまりおすすめしない。理由は無駄なプラグインを増やしたくないのとサイトの負荷が気になるからである。手動でEXIFを削除するのであればプラグインによる対策は不要。ただし、保険でいれておくのはアリ。

ワードプレス画像圧縮プラグイン比較とおすすめ~GPS情報を含むEXIFを削除して個人情報を守る~

無駄な画像を減らす

WordPressではメディアファイルアップロード時に縮小画像を作成する。大きな画像をアップロードしても使われることがないので適切なサイズを使用する。詳しくは以下を参照。

ワードプレスの画像自動生成仕様を確認~WordPressは画像追加時に縮小版を作成する~

画像の縮小

最近のカメラは画素数が高いのでブログにアップする時は基本的に縮小が必要となる。テーマによって使われる画像サイズがことなるためテーマで使われる一番大きな画像サイズを基準にすればよい。例えばテーマSANGOの場合は記事内のアイキャッチ画像が一番大きいのでこれを基準にする。ただし、細かい表や説明図など小さくすると見にくいものはPC画面で見れるくらいの大きさがよい。

巨大な画像をアップロードしてもテーマで使われないのでディスクの無駄になってしまう。WordPressにアプロードする前にかならずリサイズするようにしよう。

まとめ

アップロードした画像で自宅が特定されてしまう可能性があるためアップロードする前にEXIFを必ず削除する。無駄なファイルでディスクを使わないためにもWordPressに画像をアップロードする前にリサイズする癖をつけておこう。

ポイント
  • スマホカメラのGPS記録は必ずOFFにする
  • メデイアファイルはアップロードする前に必ずリサイズする
  • 縮小すると見にくい画像は適度な大きさでアップロードする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です