2018年9月 アドセンスアカウント停止体験談のまとめ

アドセンス停止

アドセンス審査通過後にアドセンスについて調べているとアカウント停止の体験談が多く見つかった。ダラダラとみていてもしかたないのでまとめて傾向を調べてみる。筆者のアドセンス通過の経緯については以下の記事を参照。

ポップコーンメール2018年9月 GoogleAdSenseに合格~承認手続き完了までの流れと注意事項~

アドセンス停止の体験談

悲しみ

ネットで様々なアドセンスアカウント停止の体験談を見ることができる。どのような傾向があるだろうか?

検索上位の記事を一覧

アドセンスアカウント停止の体験談の記事を独自の切り口でまとめた。

日付 タイトル 種類 停止理由 原因 復活
1 2018/5/31 【Googleアドセンス】アカウント停止・申し立て・復活までの全記録 | 限りなく透明に近いブログ アカウントの停止 無効な操作 過失の自己クリック、知人の善意による無効クリック
2 2018/5/23 嘘だろ!?たったそれだけでアカウント停止!?体験者だから語るGoogle AdSenseでの過去の辛い経験…ネット界の神の制裁には充分気をつけろ! アカウントの停止 無効な操作 過失の自己クリック
3 2018/5/9 【悲報】Google Adsenseアドセンスアカウント停止→無効確定。。。 – Yes, Gentry Does It ! アカウントの停止 無効な操作 知人の善意による無効クリック ×
4 2018/4/16 アドセンス無効→復活までの体験談と申し立ての仕方解説 – Create My Life@くりまら アカウントの停止 無効な操作 知人の善意による無効クリック
5 2017/12/27 【悲報】アドセンスのアカウントを停止されました。 | ちぴお編集長のチピログ アカウントの停止 無効な操作 不明 ×
6 2017/10/24 アドセンス狩りに遭い「意義申し立て」を却下された……。あまりにも理不尽な内容なのでGoogleに問い合わせ中 | Gamer510 [ゲーマーゴトウ] アカウントの停止 無効な操作 第三者の悪意による無効クリック ×
7 2017/5/29 アドセンス狩りの被害にあったのでGoogleに報告!不正クリックの申告、やり方を説明するよ! | LIFE LOGS 事前通報 無効な操作 第三者の悪意による無効クリック
8 2016/6/30 Google AdSenseが止められた!?アカウントの非承認って!? | お前ら、社畜で人生楽しいか? アカウントの停止 無効な操作 知人の善意による無効クリック ×
9 2016/4/4 Google AdSenseの停止と復活の体験談:アカウントは有効の場合 | ケータイ乞食から陸マイラーへ 広告配信の停止 ポリシー違反 Google 機密情報の開示
10 2015/9/21 アドセンス狩りで停止になったgoogleアドセンスのアカウントを復活させる方法 | 【しゅふたす】特化型トレンドアフィリエイトの事例やブログのジャンル・テーマ選定方法を解説 アカウントの停止 無効な操作 知人の善意による無効クリック
11 2014/4/1 アドセンス一発停止~エイプリルフールではありません – いつか朝日が昇るまで アカウントの停止 無効な操作 急激なアクセス増加 ×
12 2013/12/12 またアドセンス警告メール(3回目)!知らないポリシーでした | 将来が不安な方へ!アフィリエイトで収入を複数作る – ネトビジュ 広告配信の停止 ポリシー違反 アダルトコンテンツ
13 2012/11/7 アドセンス広告が停止される… | アフィリエイト体験談 9割は失敗だった 広告配信の停止 ポリシー違反 アダルトコンテンツ、報酬プログラム
14 2009/11/2 恐怖のGoogleアドセンス停止メール。事前警告無しのアボセンス発動! | 京都のSEOコンサルタント松尾茂起のブログ アカウントを無効 不明 不明 ×

2018年の記事が4件あったので最近の傾向も見えきた。

警告レベル

事前通報は警告レベルでないので警告レベルは実質3パターン。古い情報であったがアカウント一発無効という恐ろしい話もあった。

事前通報 不正アクセスを事前にアドセンスに報告
広告配信の停止 広告の配信が一定期間停止される
アカウントの停止 アカウントが停止され「一回だけ」異議申し立てが許される
アカウントの無効化 アカウントが無効になり異議申し立てできない

一般的なアドセンスからの警告は2パターン。

一般的な警告
  • 広告配信の停止
  • アカウントの停止

広告配信の停止

広告配信停止の理由はポリシー違反。これはよくある話しのようである。この状態からアカウント停止までいった例はなかったのであまり心配しなくてもよさそうだ。中には修正しないで再審査が通りケースもあった。対象のページを教えてもらえるため比較的楽に対応できる。ただし、サイト全体がポリシー違反しているような悪質な場合一発無効の可能性ある。悪質なケースの対応はアドセンスヘルプのムービーでGoogleが警告していた。

参考 アドセンスからポリシー違反の連絡が来た!→ 何もせずそのまま審査リクエストして問題解決。Prime Dictionary

アカウントの停止

アカウント停止はかなり重い処分。異議申し立てが一回しか認められず、復活の可能性がかなり低い。今回の調査でも約半数の人が復活に失敗しアカウントが無効になっている。アカウントが無効になると二度とアドセンスアカウントが作れなくなるからこの処分はとても恐ろしい。アカウント停止のメールが届いたら目いっぱい青ざめていただきたい。アドセンスで高い収益を上げている方は確実に寿命が縮まるであろう。

アカウント停止の流れ

主要な流れをまとめてみた。不正クリックの発生に気づくことができればアカウント停止を回避できる。ただ、不正クリックのアラームなど無いため定期的にアドセンスのクリック率を監視しなくてはならない。不正クリックが発生した場合高い確率でアカウント停止に追い込まれる。筆者の調べでは異議申し立ての成功率は50%を切るため不正クリックには十分注意したい。

アドセンス停止の流れ

アカウント停止の理由

今回調べた体験談ではアカウント停止の理由はすべて「無効な操作」によるものであった。これは、広告を誰かが意図的に複数回クリックしたことでおこる。無効な操作で警告を受けた場合「アカウント停止」という重い処分になる。

無効な操作の原因

調べたところサイト運営者の過失が多かった。アドセンスから「広告収入を得ているサイト運営者として意識が低すぎる!!」と怒られるかもしれないが防ぎようのないケースが多い。過失による自己クリックもアカウント停止の対象とされる。過失であっても自己クリックだけはしないように注意してほしい。

無効な操作の種類
  • 自己クリック
  • 知人による善意の無効クリック
  • 急激なアクセス増加によるクリック
  • 第三者による悪意の無効クリック

自己クリック

これは運営者の責任が重い。アカウント停止もやむを得ない。過失による自己クリックはツールなどで未然に防ぐこともできる。筆者はプレビューのとき恐ろしさのあまり手を震わせてスクロールしている。自己クリックを検知できるのならアドセンスに自己クリックを無効にする機能を付けてほしいものだ。

知人による善意の無効クリック

今回もっとも多かった原因がこれ。筆者なら誰かにテスターをお願いする場合広告触らないように十分注意すると思う。この結果を見ると知人にブログ教えちゃダメ。リスクが高すぎる。筆者は誰にも伝えていないので今のところ安心できる。アドセンス初心者は知人にサイトの知られてはいけない。

急激なアクセス増加によるクリック

うれしいのか悲しいのかよくわからないが結論悲しい。間違ってヤフーニュースなどの大手メディアに取り上げられたらアカウント停止の可能性が高まる。無効な操作でのアカウント停止は発覚後数時間で処理されるそうなのでいくら監視を強化しても限界があり事前通報でアカウント停止を逃れるのは厳しい。運よく早い段階でバズに気づくことができたならその時点で監視を強化すればアカウント停止を防ぐ可能性がぐっと高まる。対策としては炎上しないように注意するぐらい。

第三者による悪意の無効クリック

被害者であるが100%過失とも言い切れない。アドセンスいわく「攻撃されるようなサイトを作った運営者が悪い」とのこと。別の記事でも取り上げたが炎上のイケダハヤト氏もアドセンス狩りの被害にあっている。収益公開、自慢話、批判、など炎上しそうな記事はやめておいた方がよさそうだ。

不正クリックへの対策
  • 自己クリックしないようにブラウザにツールを入れる
  • 知人にサイトのことを教えない
  • 急激なアクセス増加が無いか毎日サイトをチェックする
  • 攻撃されるようなサイトを作らない

アカウント停止からの復活

生還率が50%を切っている。アカウント停止メールがきたらヤバイ。そうとうにヤバイ。生還者は異議申し立てメールをそうとう努力して書いている。異議申し立てするときは生還者の文例を必ずチェックしよう。これでもかというくらい丁寧に慎重に対応する。絶対に慌てて異議申し立てをしてはいけない。

アナリティクスと連携してないとレポートとか見れないのでいきなり詰む可能性がある。アナリティクスとの連携は必須と思っていいいだろう。まだ連携を行っていない方はすぐに連携した方がよい。心配な場合は訪問者のIPアドレスを記録するツールやプラグインを導入を検討する。

復活のポイント
  • 知人クリックの場合はIPアドレスを調べて報告する
  • 連携したアナリティクスの情報を分析して報告する
  • 異議申し立ては論理的に誠意をもって最大限の努力で書く

まとめ

守る

アカウント停止のケースはすべて不正クリックが原因であった。自己クリックや知人によるクリックは防げるが、第三者による悪意のクリックは防ぐことが難しい。悪意の不正クリック(アドセンス狩り)に備えアナリティクスとの連携は必須。異議申し立ての時に必ず必要になる。スマホでもアドセンスやアナリティクスが使えるので毎日のサイト監視は義務と思ってもいい。

筆者は第三者の不正クリックをブロックするプラグインを導入している。このプラグインは不正クリックにつて調べているときに見つけた。どの程度の効果があるかわからないがしばらくは使うつもりだ。詳細は以下の記事を参照。

AICP不正クリック対策プラグイン AdSense Invalid Click Protector~アドセンス狩り、アボセンス、不正クリックからサイトを守る~
アドセンス停止への対策
  • アドセンスとアナリティクスの連携
  • 毎日のサイト監視
  • 不正クリックを防止するプラグインを導入

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です