不正クリック対策プラグイン AdSense Invalid Click Protector~アドセンス狩り、アボセンス、不正クリックからサイトを守る~

AICP

アドセンス審査通過後にアカウント停止の体験談を調べたら原因のほとんどが不正クリックによるものだった。自己クリックや知人のクリックは気を付ければなんとかなるが第三者による悪意の不正クリックはなかなか防ぐのが難しい。一般的にはサイトを監視して異常な広告のクリックを検知したら直ぐにアドセンスに報告することだがなかなかそれも難しい。ワードプレスのプラグインのサイトでたまたま不正クリック対策プラグインを見つけた。あまり導入事例がないようだったので紹介する。

アドセンス停止の体験談についてはこちらを参照していただきたい。調べてみるとアドセンス停止の原因のほとんどが不正クリックによるものだった。逆にポリシー違反ではそれほど厳しい取り締まりは見られなかった。

アドセンス停止Googleアドセンスアカウント停止体験談まとめ

アドセンスアカウントの停止

驚き

アドセンスのアカウント停止措置はかなり重いペナルティーである。なぜならば一回の異議申し立てしか認められず調べた限りでは復活できる可能性が5割を切っているためだ。アカウント停止の連絡がきたら50%の確率で今後二度とアドセンスを利用できなくなる。ほぼ抜け道はなく一度アカウント無効になると一生アドセンスアカウントを再取得することができない。

アカウント停止の理由

アカウント停止のほとんどの理由が不正クリックである。不正クリックには大きくわけて三つある。

不正クリックの種類
  • 自己クリック
  • 知人のクリック
  • アドセンス狩り(第三者の悪意のクリック)

以外にも多いのが自己クリック。アドセンス利用して日の浅い人がやってしまうようだ。自己クリックはシステム検知できるし運営者の意識が低いとGoogleに思われるのかもしれない。少し調べれば自己クリックがどれだけ危険かわかると思うので注意したい。

知人のクリックでのアカウント停止も多かった。善意でクリックしてくれるのだが取り返しのつかないことになってしまう。筆者はこれを知っていたので知人にブログのことは一切伝えていない。

第三者による悪意のクリックだけは防ぐのがどうしても難しい。Googleとしては攻撃されるようなサイトを作るあなたが悪いということらしい。被害に遭ったはずなのにそんなことお構いなしでアカウント停止となる。

アドセンス狩り対策

一般的に言われているアドセンス狩り対策がアナリティクス連携とクリック数の監視である。

不正クリック対策
  • アドセンスとアナリティクスの連携
  • アドセンス広告のクリック数監視
  • 不正クリック対策プラグインの導入

アドセンスとアナリティクスの連携

アドセンスアカウント停止に備えGoogleアナリティクスとの連携は必須である。アドセンスアカウントが停止すると管理画面からそれまでの状況を確認することができなくなってしまう。異議申し立てに必要な情報収集ができなくなるためそこで詰んでしまう。しかしアナリティクス連携していればアナリティクスの管理画面からアドセンスのクリック数などの状況を確認できる。

アドセンス広告のクリック数監視

アカウントが停止される前に不正クリックを検知できれば助かる可能性がある。アドセンス狩りでは通常の10倍や20倍のクリックが発生するのでそれを見つけたら無効なクリックとしてアドセンスに連絡する。ただしこれは毎日アドセンスを運営者が監視する必要がある。アナリティクスでカスタムレポート出来ればいいのだが方法がまだ確認できていない。

参考 無効なクリックの連絡フォームAdSense ヘルプ

不正クリック対策プラグインの導入

アドセンス広告を不正クリックしたらアドセンス広告を非表示にできるプラグインである。不正クリックした者のIPアドレスも記録することができる。万が一アカウント停止になってもいつだれが不正クリックしたか記録してあるので緊急時の情報収集にも使える。毎日アドセンスを目視で確認するよりは安心できる。

本記事ではこの不正対策防止プラグインの導入方法を紹介する。それほど難しくないので気になる方は是非試していただきたい。

アカウント停止時の対応

アカウントが停止すると異議申し立てが1回しか許されず5割以上の確率で失敗する。アドセンスへの異議申し立てはかなり慎重に行う必要がある。慌てて対応すると取り返しのつかないことになるため慎重に行動する。以下体験談に生還者がいるのでまずどうやって生還できたかを確認してほしい。情報収集、分析、土下座対応と色々あるが詳しくは以下の記事を参考にしていただきたい。

アドセンス停止Googleアドセンスアカウント停止体験談まとめ

AdSense Invalid Click Protectorの導入

AICPサイト

このプラグインAdSense Invalid Click Protector(以後AICPと呼称)は設定してブロックの連続クリックを検知し記録するものである。アドセンス広告のコードをAICPで囲うことで不正クリックを検知することができる。例えば1時間に3回以上クリックしたら1か月間そのユーザーにアドセンス広告を表示しないといったこともできる。

概要

このブラグインは無効なクリックから AdSenseアカウントを守ります。と、不正クリック対策にはどストライクなプラグインである。レビューを見る限りかなり良さそうである。筆者も数カ月運用して効果があったのでおすすめしたい。

Description
AdSense Invalid Click Protector a.k.a. AICP plugin will help you to save your Google AdSense account from unusual invalid click activities and click bombings. As per the Google AdSense terms, Google doesn’t take any responsibility towards these invalid click activities or click bombings and always point the finger towards the AdSense plublisher, giving him/her all the blames. Now it is time to end this problem, once and for all.
引用:AdSense Invalid Click Protector (AICP) | WordPress.org

注意事項

ひとつだけ気になった点がある。毎分150件以上のリクエストがある場合は使用しているAPIの都合で503エラーになる。

Important Note: This plugin uses the free API version of IP-API.com which allows 150 req/min. If you have a high traffic website, this 150 requests per minute will not be enough for you and you may see 503 Error on your site due to free API restrictions. If you have a high traffic website which may generate more than 150 requests per minute, I will recommend you to grab the PRO Version of IP-API and enter your Pro API key in the General Settings page of this plugin.
引用:AdSense Invalid Click Protector (AICP) | WordPress.org

いやいや、プラグインが原因で503エラーとか出されたら困る。せっかくアクセスしきたユーザーを追い返すのは忍びない。そもそも毎分150件のリクエストとはどんなもんなのか?単純計算すると150×60分×24時間×31日=6,696,000、月間670万pv。普通のサイトであれば問題なさそうだが、何かの拍子にバズってしまった場合一時的に超えるかもしれない。ニュースサイトに取り上げられるなどした場合は注意が必要。バズった方が攻撃される可能性が高くなるのでアクセス増加を理由にプラグインを外すのも難しい。サーバーのアクセスログで503エラーが頻発するようならプラグインを無効かする必要がでてくる。そのためアナリティクスのカスタムアラートなどで監視が必要となる。

インストールと設定

プラグインのインストールや設定について説明する。

1. サイトのバックアップ

プラグインをインストールする場合何が起こるかわからないので安全のためサイトのバックアップをとる。

ワードプレス簡単バックアップ~プラグインUpdraftPlus~

2. プラグインのインストール

キーワードにAICPを入れて検索。AdSense Invalid Click Protectorをインストールして有効化。

3. ショートコードの作成

アドセンス広告をAICPで保護するためのショートコードを作成。ショートコードはfunctions.phpに記述。functions.phpはテーマの編集などから確認することができる。

ショートコード
function ad01Func() {
    if( aicp_can_see_ads() ) {
        $adCode = '
            <div class="aicp">
                <script async src="//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js"></script>
                <ins class="adsbygoogle"
                    style="display:block"
                    data-ad-client="ca-pub-1234567890123456"
                    data-ad-slot="1234567890"
                    data-ad-format="auto"
                    data-full-width-responsive="true"></ins>
                <script>
                    (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
                </script>
            </div>';
        return $adCode;
    } else {
        return '<div class="error">広告の表示がブロックされています。</div>';
    }
}
add_shortcode('ad01', 'ad01Func');

アドセンスのコードは自身のものを入れる。ショートコード名やブロック時のメッセージは任意でかまわない。

AICPサンプル

4. 広告の設置

先ほど作成したショートコードを記事に入れる。問題なければアドセンス広告が表示される。

以下はテーマSANGOのウィジェットにアドセンスを設定した例。

5.基本設定

WordPressの管理画面から基本設定する。

aicp画面

設定する項目は全部で7か所。デフォルトで使用しても問題なさそう。

AICP設定

広告クリックの制限数(Set the Ad Click Limit)

何回クリックしたらブロックしますか?広告のクリック率は一般的に2%。二回連続クリックした時点で怪しいと思うが、一応デフォルトの3回に設定しておく。運用してブロックが多いようなら値の変更を検討する。

クッキーの有効期限(Click Counter Cooke Expiration Time)

これもデフォルトの3時間のままにする。ボットなど使って時間をおいて攻撃があった場合は防げない。

Tips

アドセンス狩りの場合短期間でクリックする可能性が高いのでクッキーの有効期限は1時間にした方がよい。筆者が確認した限りでは1時間に変更しても急激に検知数は増えたりしないので問題ないと思う。

禁止時間(Set the Visitor Ban Duration (default: 7 days))

これもデフォルトの7日間。広告に本当に興味があって3回クリックした場合、機会損失になる。しばらく運用してみてブロックされるユーザーが多いようなら設定を再検討する。

Tips

不正クリックで検知したユーザーに再度広告を表示するまでの期間は長く設定する。デフォルト7日間であるが30日以上に変更したい。短期間での異常クリックはアドセンス狩りの可能性が高いのでブロックする期間を長くする必要がある。筆者の体験では1万人に1人くらいの割合のため期間は永久でもかまわないと思っている。

有料のAPI使用(Do you want to use the IP-API Pro key?)

毎分150件のリクエストに対応したい場合は有料のAPIを使用する。サーバーの状況見て503エラーが多いようなら再検討。わざわざ有料版を買うこともないと思うが・・・。

有料APIのコード(Provide your IP-API Pro key)

有料のAPIを使用する場合はここにコードを入力する。

特定国のブロック(Do you want to block showing ads for some specific countries?)

今は翻訳機能とか充実しているので海外からのアクセスがもしかしたらあるかも。筆者も英語圏のサイトは翻訳機能を使ってよく見ている。国単位でのブロックって利用シーンが思い浮かばない。

ブロックする国名(Banned Country List – Put ISO ALPHA-2 Country Codes )

特定国ブロックをする場合はここに記述する。

6.監視と運用

ダッシュボードから不正アクセスしたユーザーの数を確認できる。

AICPダッシュボード

ブロックしたユーザーの詳細はWordPressの管理画面から確認。基本は日々ここで不正クリックは発生していないか監視する。

AICP禁止ユーザー

設定した条件(クリック数や期間)に一致したユーザーのIPアドレスが記録され一覧で表示される。アドセンスのアカウント停止後の異議申し立てで攻撃者のIPアドレスを報告することが可能となる。ただし、不正クリックした時点でブロックされるためアカウントの停止になる可能性は低くなると思う。

Tips

AICPはプッシュ通知がないためレポートはダッシュボードの見える場所に配置しておく。ドラッグで移動できるのでお好みの位置に設定。

まとめ

見守る女性

AdSense Invalid Click Protectorは不正クリックに対応する有効な手段になりそうだ。心配なのがアクセス急増時の503エラーであるが個人ブログでそこまでアクセスは発生しないであろう。念のためサーバーの503エラーはアナリティクスのカスタムレポートなどで継続的に監視したい。AICPを運用結果をまとめたので気になる方は参考にしていただきたい。

不正クリック対策プラグインのポイント
  • アドセンスの不正クリックに対する有効的な手段
  • 不正クリックしたIPアドレスを記録できる
  • 毎分150件のアクセスがある場合503エラーになる

AICPの運用レポートはこちら。半年間運用した結果6件のブロックが発生したが、AICPで不正クリックを防ぐことができた。

AICP運用レポート~アドセンス狩りからサイトを守れたか?~

アドセンス狩りと思われるアクセスがあったためGoogleに報告しました。

アドセンスの無効クリック報告~アドセンス狩りがあったのでGoogleに通報~

おすすめのプラグインはこちらをご覧ください。

女性地味に強くおすすめするWordPressプラグイン

2 COMMENTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です