2018年8月 GoogleAdSenseの禁止コンテンツに該当したか記事があるか確認

アドセンス禁止コンテンツ

アドセンスの審査が非承認になったため、アドセンスの禁止コンテンツの内容に沿ってすべての記事を見直した。

アドセンス審査非承認についての記事はこちら。

アドセンス落選2018年8月 GoogleAdSenseに落選した原因を探る~アドセンスの指摘内容すべてを確認~

禁止コンテンツ

確認するポイントは以下の15項目。危険または中傷的なコンテンツについてはさらに細かく項目が設定されている。

  1. アダルト コンテンツ
  2. 家族向けコンテンツに含まれる成人向けのテーマ
  3. 危険または中傷的なコンテンツ
  4. 危険ドラッグおよび薬物に関連するコンテンツ
  5. アルコールに関連するコンテンツ
  6. タバコに関連するコンテンツ
  7. ギャンブルとゲームに関連するコンテンツ
  8. ヘルスケアに関連するコンテンツ
  9. ハッキング、クラッキングに関連するコンテンツ
  10. 報酬プログラムを提供するページ
  11. 不適切な表示に関連するコンテンツ
  12. 衝撃的なコンテンツ
  13. 武器および兵器に関連するコンテンツ
  14. 不正行為を助長するコンテンツ
  15. 違法なコンテンツ

引用:禁止コンテンツ – AdSense ヘルプ

記事の確認と修正

禁止項目に該当する記事がないか項目ごとにすべての記事を確認する。

1. アダルト コンテンツ

ポルノ、アダルト、成人向けコンテンツを含むページに Google 広告を掲載することは許可されていません。また、アダルト コンテンツのページに検索向け AdSense(AFS)の検索ボックスを設置することも許可されていません。

引用:禁止コンテンツ – AdSense ヘルプ

40記事を再度確認してみたがどう考えてもアダルトと思える部分はない。デート商法についての記事が気になって見直したがアダルトな要素はまったく無かった。

デート商法デート商法に潜入捜査したら60万円のダイヤを買わされそうになった昔話

2. 家族向けコンテンツに含まれる成人向けのテーマ

一般の視聴者向けのように見せかけながら、成人向けのテーマを含んでいるコンテンツ(セックス、暴力、下品な行動、子供や子供に人気のあるキャラクターの悪質な描写など、一般の視聴者には不適切なコンテンツ)が含まれるサイトやプロパティに Google 広告を掲載することは許可されていません。

引用:禁止コンテンツ – AdSense ヘルプ

セックス、暴力、下品、なものは書いた覚えがない。もしこれが該当しているとしたらアドセンスの審査に一生通らない。しかし、ひとつ暴力で気になる記事があった。

うなだれる男性人気ブログは自慢話が多くて気分が悪くなる~ブログ初心者は他人を気にせず記事を書き続けることが大事~

上記の記事で本気で稼ぐブロガーに自分が殴られるイラストである。これは、ブログで稼いでいる人が本気度が高く新米ブロガーを叱咤激励しているところをイメージ。冗談半分で血のりを入れている。

血のりはあるがスティックマンレベルのイラストなので問題ないと思う。しかし、疑わしきはすべて対処。血のりなしバージョンに変更する。それががこちら。

面白さに欠ける気がするが疑わしい部分はすべて修正!!

3. 危険または中傷的なコンテンツ

Google では表現の自由を強く信奉していますが、危険または中傷的なコンテンツを収益化することは許可しておりません。したがって、次のようなコンテンツが含まれるページに Google 広告を掲載することは認められません。

引用:禁止コンテンツ – AdSense ヘルプ

中傷的なコンテンツとはどこまでがそうなのか?一歩間違うと表現の自由がって話にもなりそうだ。内容を詳しく確認する。

危険または中傷的なコンテンツの一覧

3.1. 脅迫
3.2. 中傷
3.3 個人や集団への誹謗
3.4 脅迫や攻撃の呼びかけ
3.5 自傷行為の奨励
3.6 個人名での中傷
3.7 個人や集団への攻撃を容認
3.8 個人や集団の排斥を推奨
3.9 ヘイトグループを宣伝
3.10 情報隠蔽への加担
3.11 テロリストの支援

3.1. 脅迫

自分自身または他者を脅迫している、または危害を加えることを奨励している

引用:禁止コンテンツ – AdSense ヘルプ

そんな恐ろしいことを書いた覚えはない。自分自身を脅迫とは自虐ネタもはいるのだろうか?

3.2. 中傷

個人または個人で構成される集団を中傷、威嚇、攻撃している

引用:禁止コンテンツ – AdSense ヘルプ

そもそも中傷とは何か?

ちゅう‐しょう〔‐シヤウ〕【中傷】の意味

[名](スル)根拠のないことを言いふらして、他人の名誉を傷つけること。「ライバルを中傷して蹴 (け) 落とす」「中傷記事」

引用:中傷(ちゅうしょう)の意味 – goo国語辞書

根拠があることなら問題ないということになる。

中傷と批判の境目
  • 「この人のやり方は好きではない」個人の意見なので根拠はある
  • 「この人のやり方は誰もが好きではない」誰もが好きでない根拠がない

思い返すと中傷について気になる部分がいくつかある。すべての記事を見直すことにする。

中傷で気になるポイント(1)
うなだれる男性人気ブログは自慢話が多くて気分が悪くなる~ブログ初心者は他人を気にせず記事を書き続けることが大事~

この記事では人気ブログの自慢話や稼ぐ系ブログについて批判している。

修正内容
  • 情報商材を全否定するような言い回しがあったので修正
中傷で気になるポイント(2)
車一括査定体験談車一括査定体験談~絶対におすすめしない7つの理由~

この記事では「車一括査定サイト」を猛烈に批判している。断定的な表現や中傷と誤解されるような部分を修正した。

修正内容
  • 車一括査定サイトを悪質なサイトと断言している部分があったため修正
  • 車一括査定サイトを「やめるべき」から「お勧めできない」に変更
  • 車一括査定サイトのアフィリエイターに対する厳しい意見を修正
  • 全体的に断定している部分を可能性があるレベルに修正した
中傷で気になるポイント(3)
新車を安く買う新車を安く買う体験談~車一括査定へ誘導しません~

この記事にも車一括査定サイトや某ディーラーへの批判があったため見直した。

修正内容
  • 車一括査定サイトが信用できないのを個人の意見とわかるように書き直した
  • 某ディーラーに対する不適切な表現があったため修正
中傷で気になるポイント(4)
悪質商法悪質訪問販売で死ぬぞと脅され30万円の羽毛布団を購入しそうになった昔話

今回真っ先に疑ったのがこの記事である。訪問販売を辛辣に批判している。すべての訪問販売を否定するような表現があったため修正した。冗談であるが命を軽視するような自虐的表現も含まれたため合わせて修正した。

修正内容
  • 訪問販売を全否定するような内容を修正
  • 自傷行為と誤解されるような内容を修正
3.3 個人や集団への誹謗

人種、民族、宗教、障害、年齢、国籍、従軍経験、性的指向、性別、性同一性など、組織的な人種差別や疎外に結び付く特性に基づいて個人または集団の排斥を促し、差別を助長し、誹謗している

引用:禁止コンテンツ – AdSense ヘルプ

ここで出てくるキーワードを批判するような記事はない。

3.4 脅迫や攻撃の呼びかけ

実際に危害を加えることを想定した個人に対する脅迫、または他者に対する攻撃の呼び掛け

引用:禁止コンテンツ – AdSense ヘルプ

攻撃を呼び掛けるような恐ろしいことはしていない。

3.5 自傷行為の奨励

自殺、摂食拒否、およびその他の自傷行為の奨励

引用:禁止コンテンツ – AdSense ヘルプ

自殺を勧めたりしていないが、ダイエットで断食とか勧めた場合アウトなのだろうか?健康被害の可能性もあるため記事にするときは注意が必要かもしれない。

3.6 個人名での中傷

個人を名指しで罵ったり中傷したりしているコンテンツ

引用:禁止コンテンツ – AdSense ヘルプ

個人名は一切出していない。

3.7 個人や集団への攻撃を容認

人種、民族、宗教、障害、年齢、国籍、従軍経験、性的指向、性別、性同一性など、組織的な人種差別や疎外に結び付く特性に基づいて、他者に対する暴力を助長、賞賛、容認しているコンテンツ

引用:禁止コンテンツ – AdSense ヘルプ

このようなキーワードの記事はない。

3.8 個人や集団の排斥を推奨

人種、民族、宗教、障害、年齢、国籍、従軍経験、性的指向、性別、性同一性など、組織的な人種差別や疎外に結び付く特性に基づいて、個人または集団が非人間的または劣っているか、排斥に値するとみなすことを他者に推奨しているコンテンツ

引用:禁止コンテンツ – AdSense ヘルプ

このようなキーワードの記事はない。

3.9 ヘイトグループを宣伝

ヘイトグループまたはヘイトグループが使うアイテムを宣伝しているコンテンツ

引用:禁止コンテンツ – AdSense ヘルプ

こういった重い話題は取り扱っていない。

3.10 情報隠蔽への加担

不幸な出来事が実際には起きていないと示唆したり、報道の映像に登場する犠牲者やその家族は実は俳優であるとほのめかしたりするコンテンツ、または出来事の隠蔽に加担するコンテンツ

引用:禁止コンテンツ – AdSense ヘルプ

「俳優であると・・・」なぜ禁止コンテンツについてここまで具体的な内容を書いているのか疑問。今後もこのような違反記事は作成する予定はないので問題ない。

3.11 テロリストの支援

テロリスト グループが作成した、または作成を支援したコンテンツや、テロリストの活動(人員募集など)を宣伝したり、テロリストによる攻撃を称えたりするコンテンツ

引用:禁止コンテンツ – AdSense ヘルプ

そもそも、こういったデリケートな問題には触れません。

4. 危険ドラッグおよび薬物に関連するコンテンツ

Google ではオンライン、オフラインを問わず、人々の安全を保護したいと考えているため、損害、損傷、危害を引き起こすような商品やサービスの宣伝は認めていません。したがって、危険ドラッグを販売または宣伝するページや薬物に関連したコンテンツに Google 広告を掲載することは許可されません。これには、次のものが含まれます。

  • 精神状態を変える、または「興奮」状態を誘発する物質の宣伝。これには次のような例があります。
    • コカイン、覚醒剤、ヘロイン、マリファナ、コカイン代用物質、メフェドロン、「合法ドラッグ」
  • 危険ドラッグの使用を補助する商品やサービス。これには次のような例があります。
    • パイプ、吸引パイプ、大麻ショップ
  • 危険ドラッグの製造、購入、使用方法を指南するコンテンツ。これには次のような例があります。
    • 薬物の使用に関するヒントやアドバイスを交換するフォーラム

なお、危険ドラッグと薬物関連のコンテンツ ポリシーに従っていないコンテンツを参照先とするリンクの掲載も、禁止コンテンツの宣伝に該当します。

引用:禁止コンテンツ – AdSense ヘルプ

危険ドラックについては問題ない。

5. アルコールに関連するコンテンツ

アルコールに関連した特定のコンテンツを宣伝するページに Google 広告を掲載することは許可されていません。たとえば、次のようなコンテンツが該当します。

  • アルコール飲料のオンライン販売。
  • 過度の飲酒、暴飲や飲み比べ競争を好ましい行為として描写するなど、無責任な飲酒の奨励。

ご希望のサイト運営者様には、カテゴリ フィルタ機能によってアルコール関連広告の表示を許可していただけるようになりました。ページにアルコール関連の広告を表示させたくない場合は、特別な対応をしていただく必要はありません。

引用:禁止コンテンツ – AdSense ヘルプ

アルコール、お酒に関する記事は含まれていない。ただし、筆者は飲酒にまつわるパワハラの体験談について記事にしたいと思っている。

6. タバコに関連するコンテンツ

巻きタバコ、葉巻、タバコパイプ、巻紙など、タバコやその関連商品を宣伝しているページに Google 広告を掲載することは許可されません。タバコ関連のコンテンツ ポリシーに従っていないページを参照先とするリンクの掲載も、禁止コンテンツの宣伝に該当しますのでご注意ください。

引用:禁止コンテンツ – AdSense ヘルプ

煙草に関する記事はない。禁煙、歩きタバコ、ニコチン依存症については記事にしたいことがある。

7. ギャンブルとゲームに関連するコンテンツ

現金や品物と引き換えることができるマネーなど、価値のあるアイテムをゲームの成果に基づいて受け取ったり賭けたりすることができるオンラインの現金賭博や、インターネットをベースにしたゲームを宣伝するコンテンツを含むページには、Google 広告を掲載することはできません。

次に例を示します。

  • オンライン カジノまたはオンライン ブックメーカー
  • オンライン宝くじまたはオンライン スクラッチ カードの販売
  • オンライン スポーツ賭博
  • オンライン ギャンブルのページを宣伝する情報のまとめサイトまたはアフィリエイト サイト

引用:禁止コンテンツ – AdSense ヘルプ

ギャンブルに関する記事はない。ギャンブル依存症については記事にしたい。パチンコが禁止コンテンツに含まれないそうだがデリケートなところなのでコメントを控える。

8. ヘルスケアに関連するコンテンツ

ヘルスケアと医薬品に関する各地の法律や規制を遵守するため、ヘルスケアに関連した特定のコンテンツを含むページに Google 広告を掲載することは許可されません。たとえば、次のようなコンテンツが該当します。

  • 処方薬のオンライン販売。これには次のような例があります。
    • 処方薬の販売(アフィリエイト プログラムを経由する場合を含む)
    • オンライン薬局
    • オンラインのドラッグストアや薬局へユーザーを誘導することが主な目的のページ
  • 未承認の医薬品とサプリメントの販売。これには次のような例があります。
    • 禁止されている医薬品とサプリメントのリストにあるすべての商品(エフェドラを含有する商品など。なお、このリストは禁止対象商品をすべて網羅しているわけではありません)
    • 医薬品有効成分や危険な成分を含有するハーブ系サプリメントや栄養補助食品
    • 未承認の医薬品やサプリメント、または規制薬物と混同される可能性がある名前の商品

引用:禁止コンテンツ – AdSense ヘルプ

薬の販売とかそんな恐ろしいことしていない。自分が今まで使った薬の紹介とかはやるかもしれないが・・・。

9. ハッキング、クラッキングに関連するコンテンツ

いかなる種類のハッキングやクラッキングであっても、それらを宣伝するページに Google 広告を掲載することは許可されません。ハッキングやクラッキングに関連したコンテンツとは、ソフトウェア、サーバー、ウェブサイトの改ざんやそれらに不正にアクセスできるようにする手順や手段をユーザーに提供するコンテンツを指します。

引用:禁止コンテンツ – AdSense ヘルプ

技術者として興味のある内容ではあるが記事には含まれていない。

10. 報酬プログラムを提供するページ

広告のクリックやウェブ サーフィン、メールの閲覧といった作業を行ったユーザーに対して支払いや報酬を約束するページに Google 広告を掲載することは許可されていません。そうしたページでは無効なインプレッションやクリックが発生する恐れがあるため、Google 広告の掲載が禁止されています。また、そうしたサービスの宣伝や導入手順の紹介コンテンツにユーザーを誘導することを主な目的とするページに Google 広告を掲載することも許可されていません。

引用:禁止コンテンツ – AdSense ヘルプ

報酬プログラムに関連するページはない。

11. 不適切な表示に関連するコンテンツ

ユーザーはオンラインで閲覧するコンテンツによって誤った認識を持つことを望んでいません。そのため、ご自身の身分や提供するコンテンツ、ウェブ プロパティの主な目的について、不適切な表現や虚偽表示、適切な情報を隠しているページに Google 広告を掲載することは許可されません。

引用:禁止コンテンツ – AdSense ヘルプ

体験談ややってみた記事は筆者が確認した一時情報なので問題ない。

12. 衝撃的なコンテンツ

広告主様とユーザーに対する配慮のため、衝撃的なコンテンツを表示するページに Google 広告を掲載することは許可されません。これには次のものが含まれますが、これらに限定されません。

  • 陰惨な、生々しい、または不快感を与える記述や画像(例: 血液、臓腑、血のり、性的な体液、人間や動物の排泄物、犯罪場面や事故現場の写真)を含むコンテンツ
  • 暴力行為(例: 銃撃、爆発、爆弾に関する記述や画像、処刑動画、動物に対する暴力行為)を描写するコンテンツ
  • 過度に猥せつな言葉や冒とく的な言葉(悪態や罵り言葉)を含むコンテンツ

引用:禁止コンテンツ – AdSense ヘルプ

衝撃的ではない。

13. 武器および兵器に関連するコンテンツ

Google ではオンライン、オフラインを問わず、人々の安全を保護したいと考えているため、損害、損傷、危害を引き起こすような武器や兵器に関連するコンテンツの宣伝は認めていません。したがって、次のようなコンテンツが含まれるページに Google 広告を掲載することは認められません。

  • 銃器の販売を宣伝するページ。これには、拳銃、ライフル、ショットガン、猟銃、作動可能なアンティーク銃、エアソフトガン、ペイントボール ガン、BB ガン、3D 印刷で作られた銃などが含まれますが、これらに限定されません。
  • 銃器の作動に不可欠、または機能を強化する銃器関連の部品や付属品の販売を宣伝するページ。これには、8 割方完成した銃部品、弾薬、弾倉、消音装置、弾薬帯、銃床、改造キット、銃把、スコープ、サイトなどが含まれますが、これらに限定されません。
  • 銃器(部品や付属品を含む)の組み立て、強化、入手方法を指南するページ。これには、銃器の製造手順、銃や銃部品を 3D 印刷するためのガイド、ソフトウェアや装置などが含まれますが、これらに限定されません。
  • 爆発して周囲の人や物に危害を及ぼす恐れのある商品の販売を宣伝するページ。これには、爆発物、くぎ爆弾、化学爆弾、爆発する花火、爆竹、手榴弾などが含まれますが、これらに限定されません。
  • 爆発物の組み立て、強化、入手方法を指南するコンテンツを含むページ。
  • スポーツ、護身、戦闘の際に(現代の使い方で)相手を傷付けることを目的としたその他の武器や兵器の販売を宣伝するページ。これには、手裏剣、ブラスナックル、催涙スプレーなどの販売が含まれますが、これらに限定されません。
  • 相手に脅威を与えることを目的としたデザインのナイフの販売を宣伝するページ。これには、飛び出しナイフ、戦闘用ナイフ、仕込み杖、バタフライ ナイフ、軍用ナイフ、プッシュナイフ、投斧などの偽装ナイフや折りたたみナイフが含まれます。
  • 他人に危害を加えることを目的とした武器や兵器の使用を宣伝するページ。

引用:禁止コンテンツ – AdSense ヘルプ

武器や兵器に関する記事はない。筆者が小学校低学年のころに花火を分解した昔話があるが記事にするのはやめておこう。

14. 不正行為を助長するコンテンツ

Google では誠実さと公正さを重視しているため、ユーザーの不正行為を助長するコンテンツを含むページに Google 広告を掲載することは許可していません。これには次のような例があります。

  • パスポート、学位記、認定証などの文書の偽造を助長するコンテンツ
  • 身分証明書の偽造を助長するコンテンツ
  • 学期末レポートの販売または配布、偽造文書の作成や身代わり受験
  • 薬物検査を通過するための情報や商品
  • 不正な行為を助長するコンテンツ

これらは一例にすぎず、他にも該当するケースがある可能性があります。

引用:禁止コンテンツ – AdSense ヘルプ

少し気になる記事があったので見直す。

不正行為で気になるポイント(1)
職業相談求職活動実績の作り方~ハローワークの職業相談実例集~

ハローワークでの職業相談についての記事である。失業保険を受け取るためには就職する意思があることが前提条件となっている。就職活動の実績の作り方を紹介した記事であるが見方によっては「働く意思がない場合」のコンテンツになるかもしれない。誤解のある文書がないか内容を確認し修正した。この記事は4,000文字あって修正量が多く見直しにとても苦労した。失業保険の不正受給を助長するかのような誤解を受けそうな部分を徹底的に修正した。以前から気になっていた記事なのでこの件でスッキリした。

15. 違法なコンテンツ

違法なコンテンツ、違法行為を助長するコンテンツ、他人の法的権利を侵害するコンテンツが含まれるページに Google 広告を掲載することは許可されません。

偽造品

AdSense サイト運営者様は、偽造品の販売や宣伝を行っているウェブページに Google 広告を表示することはできません。偽造品とは、他の商標と同一、またはほとんど区別がつかない商標やロゴを使用している商品を指します。このような商品は、真正品と偽って販売するために対象商品のブランドの特徴を模倣したものです。

未成年者の性行為、強制的な性行為、違法な性行為

AdSense では、児童性的虐待の描写物や小児性愛に関連するコンテンツの収益化が一切禁止されています。Google は児童虐待に関するオンライン コンテンツの撲滅に継続的に取り組んでおり、家族が安心して使えるインターネット環境の構築を積極的に支援しています。

アメリカ合衆国の連邦法では、児童性的虐待の描写物は未成年者(18 歳未満)の性交やオーラル セックス、マスターベーションのほか、陰部のいかがわしい描写(直接的または非直接的を問わない)などの視覚情報として定義されています。こうした視覚情報には、写真、動画、漫画、描画、絵画、彫刻も含まれます。また、実際の子どもの画像のほか、パソコンによる生成、モーフィング、合成、子どもに見えるような修正画像(Photoshop を使用したものなど)も含まれます。未成年者への性行為の要求(誘惑)も対象となります。

小児性愛とは、成人の未成年者(18 歳未満)に対する性愛を描写、奨励、促進するあらゆるコンテンツや行動(画像、テキスト、動画など)を指します。

引用:禁止コンテンツ – AdSense ヘルプ

思い当たる節がまったくない。

確認した項目の一覧

今回確認した項目は全部で15項目。危険または中傷的なコンテンツはさらに11項目に分かれるため厳密には20項目以上。対応したのは中傷と不正行為の2項目。禁止項目のほとんどが悪質なケースであるが中傷など過失をおかす可能性が高い項目もいくつかあった。

1. アダルト コンテンツ 問題なし
2. 家族向けコンテンツに含まれる成人向けのテーマ 問題なし
3. 危険または中傷的なコンテンツ 批判か中傷か疑わしい部分があったので全記事を見直し怪しいと思われる部分すべてを修正した。
4. 危険ドラッグおよび薬物に関連するコンテンツ 問題なし
5. アルコールに関連するコンテンツ 問題なし
6. タバコに関連するコンテンツ 問題なし
7. ギャンブルとゲームに関連するコンテンツ 問題なし
8. ヘルスケアに関連するコンテンツ 問題なし
9. ハッキング、クラッキングに関連するコンテンツ 問題なし
10. 報酬プログラムを提供するページ 問題なし
11. 不適切な表示に関連するコンテンツ 問題なし
12. 衝撃的なコンテンツ 問題なし
13. 武器および兵器に関連するコンテンツ 問題なし
14. 不正行為を助長するコンテンツ 失業給付金について不適切(誤解されるような表現)があったため修正した。
15. 違法なコンテンツ 問題なし

まとめ

仕事する男性

禁止コンテンツで気になったのは「中傷」と「不正行為」であった。中傷はかなりグレーな部分が多いが気になる部分はすべて確認し修正した。不正行為は悪意はないのだが誤解される表現があったため大幅に見直し修正した。すべての記事を納得がいくまで修正できた。

中傷について

前述でも取り上げたがグレーな部分が多い。記事内ではできるだけ批判を少なくした方が安全と言える。批判する場合を根拠を明確にして事実をドライに表現したい。感情が強く入ると根拠が薄くなり中傷になりやすくなるので注意したい。

不正行為について

ルール違反が世の中で当たり前になっている場合であっても注意が必要。ネットで不特定多数の人に情報発信する場合は法律やマナー違反を肯定するような記事は絶対に書いてはいけない。今後は不正行為、法律違反、権利侵害を肯定したかのように誤解されるような記事を作成しないように注意したい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です